土用・えびす講
0

    今日10月20日は土用入り・えびす講の日です。

     

    土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節である。

    1年のうち不連続な四つの期間で四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつである。

    俗には夏の土用(立秋直前)を指すことが多く、夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣がある。

    各土用の最初の日を土用の入り(どようのいり)と呼ぶ。

    最後の日は節分である。

     

    歴史

    五行では、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割り当てている。

    残った土気は季節の変わり目に割り当てられ、これを「土旺用事」、「土用」と呼んだ。

    土用の間は、土の気が盛んになるとして、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれた。

    ただし、土用に入る前に着工して土用中も作業を続けることは差し支えないとされた。

    また「土用の間日(まび)」には土用の障りがないとされた。

    五行の性質において、木気は植物のような発育伸長する勢いある傾向、火気は勢いが頂点に達し燃え盛る性質、金気は熱や勢いが衰え凝縮・固化しつつある状態、水気は凝縮しきってエネルギーを秘めつつ静的に留まった状態であり、これらは四季、太陽、植物などの周期変化の観察から象徴化された。

    土気は土壌におくと種が発芽することの観察から、大きな変化を促し保護する働きと場所の象徴である。

    四季にはそれぞれ象徴である木火金水が順当に割り当てられたが、そのままでは季節が変わる際に性質の異なる気が接しギャップが生じる事になる。

    現実のスムーズな移行にはバッファ的に働き現在から次の季節の気へと変容させる期間があり、ここで土気が活発に働いているとみたのが土用(土の働き)である。

    この期間は、1年を五行の5等分し、さらに土を四季に配分するため4等分した長さとなる。

     

    秋土用:10月20日〜11月6日 (太陽黄径207度)

                        (Wikipediaより)

     

     

     

     

    土用にしてはいけないこと

    ・土を犯してはいけない(土を掘り起こしてはいけない)。

    土用の期間は、土を司る土公神(どくしん・どくじん)という神様が支配するといわれ、土を動かしてはいけないとされてきました。

    今でも、家などを建築する際、土を掘り起こしたりする基礎工事などは土用の期間をはずす方が多いようです。
    土用は季節の変わり目ですから農作業で体調を崩さないようにとの戒めもあると思われます。

     

    土用の間日(まび)

    土用の期間中土を掘り起こしてはいけないとなると、いろいろと支障が出てきそうですね。

    でもご安心あれ。土公神が天上に行き、地上にいなくなる「間日(まび)」が設けられているので、この日は作業をしてもいいとされています。

    冬土用の間日:寅・卯・巳の日
    ※平成30年は1月22日・23日・25日、2月3日
    春土用の間日:巳・午・酉の日
    ※平成30年は4月19日・20日・23日、5月1日・2日
    夏土用の間日:卯・辰・申の日
    ※平成30年は7月22日・23日・27日、8月3日・4日
    秋土用の間日:未・酉・亥の日
    ※平成30年は10月20日・22日・30日、11月1日・3日

                        (日本の行事・暦より)

     

     

     

    えびす講

     

    えびす講(えびすこう)は、おもに10月20日ないし11月20日に催される祭礼または民間行事。

    秋の季語。

    大鳥大社など日本各地の鷲神社で行われる酉の市は由来が異なり全く関係がない。

     

    概要

    神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須)ないしかまど神を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、あるいは商売繁盛を祈願する。

    地方や社寺によっては、旧暦の10月20日であったり、秋と春(1月20日)の2回開催したり、十日えびすとして1月10日や1月15日とその前後などに行うこともある。

    えびす祭えべっさんとも言われる。

    えびすを主祭神とするえびす神社のみならず、摂末社として祀っている社寺でも行われる。

    講の一つであり、漁師や商人が集団で祭祀をおこなう信仰結社的な意味合いもあるが、えびす講は各家庭内での祭祀の意味ももつ。

    東日本では家庭内祭祀の意味合いが強く、また東日本では商業漁業の神としてのみならず、農業神として崇める傾向が西日本よりも顕著である。

    地域によっては1月のえびす講を商人えびす、10月のを百姓えびすと呼ぶこともある。

    商業従事者や商業者団体がえびす講に合わせて安売りを行うこともあり、近年にはこの安売りイベント・商業祭というイベントとしてえびす講を行う地域もある。

    えびす講の日には市が立ち、魚や根菜など青物が売られる。

    また、たくさんの縁起物を飾った福笹あるいは熊手が販売される。

    この縁起物は神社から授与されるもので「吉兆」とも呼ばれる。

                        (Wikipediaより)

     

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 01:03 | comments(0) | - |