霜降
0

    今日10月23日は霜降です。

     

    霜降2018はいつ?意味や由来を教えて!

     

    霜降(そうこう)は、二十四節気の第18。
    九月中(通常旧暦9月内)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が210度のときで10月23日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
    恒気法では冬至から10/12年(約304.37日)後で10月22日ごろ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立冬前日までである。

     

    季節

    露が冷気によって霜となって降り始めるころ。
    『暦便覧』では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と説明している。

    楓や蔦が紅葉し始めるころ。
    この日から立冬(11月7日)までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶ。


    七十二候

    霜降の期間の七十二候は以下のとおり。
     

    初候
     霜始降(しも はじめて ふる) :霜が降り始める(日本)

    霜始降(しもはじめてふる)イメージ


     豺乃祭獣(さい すなわち けものをまつる) :山犬が捕らえた獣を並べて食べる(中国)

                                      豺は{豸才}
     

     

    次候
     霎時施(こさめ ときどき ふる) :小雨がしとしと降る(日本)

    霎時施(こさめときどきふる)イメージ
     

     草木黄落(そうもく こうらくす) :草木の葉が黄ばんで落ち始める(中国)
     

     

    末候
     楓蔦黄(もみじ つた きばむ) :もみじや蔦が黄葉する(日本)

    楓蔦黄(もみじつたきばむ)
     

     蟄虫咸俯(ちっちゅう ことごとく ふす) :虫がみな穴に潜って動かなくなる(中国)

                        (Wikipediaより)

     

     

     

    紫式部(むらさきしきぶ)写真

     

    霜降(そうこう)

     

    10月23日頃(平成27年は10月24日)。
    および立冬までの期間。
    太陽黄径210度。
    寒露から数えて15日目頃。
     
    秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃。
    朝晩の冷え込みが厳しくなり、日が短くなったことを実感できます。
    初霜の知らせが聞かれるのも大体この頃で、山は紅葉で彩られます。

    コートや暖房器具の準備など、この頃から冬支度を始めます。


    霜が降りる気温
    霜が降りるには、その周辺の温度が0℃以下であることが条件ですが、気象庁で発表される気温は地上から1.5mの高さで観測しますので、気温が3℃と発表されていても、地面の温度は0℃以下になっていることもあります。
    農業はもちろん、花や植物の栽培にも霜は要注意。
    天気予報で予想気温が3〜4℃であっても霜対策をしておいた方がいいようです。 
                        (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 02:38 | comments(0) | - |