大根の間引き、追肥、土寄せ
0

    10月25日

     

    今日は朝から秋晴れです。

     

     

    今日は大根の間引きをします。

     

     

    間引いた後です。

     

     

    追肥をします。

    化成肥料8−8−8

    油粕

    鶏糞

     

     

    土寄せをします。

     

     

    赤とんぼがやってきました。

    近付いても逃げません。

    見えないのかな、否そんなことはないですよね。

    トンボは複眼なんですから良く見えるはずです。

     

    トンボの複眼は上下左右前後すべて見えているってほんと?

     

    ほとんど本当です。

     

    トンボの複眼を虫眼鏡で見ると、ハチの巣のような六角形の目が集まってできていることがわかります。

    この小さな目を個眼といいます。

    その数は1万個から3万個程にもなります。

    レンズの部分では一つひとつ違う映像でマルチスクリーンのようになっていますが、それが脳では一つの映像として認識されているようです。

    上下左右前後、ほぼすべて見えているはずですが、後部の一部がほんの少しだけ死角になっているはずです。

    上部の個眼は焦点が遠くで合い、下部の個眼は焦点が比較的近くで合います。

    トンボは太陽を目印に飛行しているようで、上部の個眼は常に太陽を捉えています。

    下部の個眼はエサを捜しています。

    遠くで動いた虫も見逃さない千里眼で、40m先の昆虫も見分けます。

    田んぼで生まれて、田んぼで飛ぶから「飛ぶ田んぼ」、それが変化してトンボになったように、トンボは田んぼとなじみ深い生き物です。

    アキアカネは田んぼに水が入ると卵が孵化して幼虫のヤゴとなります。

    ヤゴは水中で成長し、稲が大きく育った夏の初めの早朝、稲の茎につかまって羽化してトンボになります。

    トンボになると、夏の暑い間は暑さを避けて山の上で過ごします。

    30度を超える暑さには耐えられないようで、避暑に出かけるわけです。

    そして、秋に稲穂がたれる頃、田んぼに戻ってきて産卵します。

    戻って来た頃はオレンジ色で、秋が深まるとともに赤くなり、赤トンボになります。

    田んぼの一年に合わせてうまく生活しています。

     

    速度ゼロのホバリング (空中停止) 状態から猛スピードまで、自由自在に飛び回り、ハエやカなどを飛行中に捕獲して食べます。

    ときには網で待ち伏せているクモまで食べます。

    もちろん、害虫ウンカも食べる強い味方です。

    強い顎でよく噛んで食べます。 (これは見習おう!)

    トンボは世界に約5000種が生息し、日本にはおよそ200種類が生息しています。

    日本はトンボの宝庫です。

    日本の美称として「秋津島瑞穂の国 (あきつしまみずほのくに)」という言葉がありますが、この秋津とは赤トンボのことで「トンボの豊富な島で、みずみずしい稲穂の国」という意味です。

    赤トンボは日本で稲作がひろがるにつれて、田んぼとともに増えたのかもしれません。

                        (くぼたのたんぼより)

     

     

    作業を始める前6時49分の気温は13.5℃です。

    ちなみにこの日のさいたま市の最高気温は22.3℃、最低気温は12.6℃でした。

     

    posted by: 1513neoya | 野菜作り | 04:00 | comments(0) | - |