立冬
0

    11月7日は立冬です。

     

    林檎(りんご)写真

    立冬

    立冬(りっとう)は、二十四節気の第19。
    十月節(旧暦9月後半から10月前半)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が225度のときで11月7日ごろ。
    恒気法では冬至から7/8年(約319.59日)後で11月6日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小雪前日までである。


    特徴

    初めて冬の気配が現われてくる日。
    『暦便覧』では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明している。
    実際はまだ秋らしい気配で紅葉の見時はまだ。

    秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬となる。

     

    七十二候

    立冬の期間の七十二候は以下のとおり。
     初候
      山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める(日本)

    山茶始開(つばきはじめてひらく)イメージ画像


      水始氷(みず はじめて こおる) : 水が凍り始める(中国)
     次候
      地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める(日本・中国)

    地始凍(ちはじめてこおる)イメージ画像


     末候
      金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く(日本)

    金盞香(きんせんかさく)イメージ画像


      野鶏入水為蜃(やけい みずにいり おおはまぐりと なる) : 雉が海に入って大蛤になる(中国)

                        (Wikipediaより)

     

     

    立冬
    11月8日頃(平成30年は11月7日)。
    および小雪までの期間。
    太陽黄径225度。
    霜降から数えて15日目頃。

    立冬とは、冬の始まりのこと。
    「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。
    ※これらを四立(しりゅう)といいます。

     

    朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、冬が近いことを感じさせる頃。
    木枯らし1号や初雪の便りも届き始めます。
    立冬を過ぎると、初霜が降りて冬の佇まいへと変わります。

    この日から立春の前日までが冬。


    木枯らし・凩
    晩秋から初冬にかけて吹く、冷たくやや強い風。
    気象的には、10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置の時、最大風速8m/秒以上の西北西から北向きの風のことをいいます。
    「凩」という文字には、風が吹くたび葉が落ちるため、木を枯らしてしまう風という意味があります。

     

    季節の言葉
    時雨(しぐれ)
    晩秋から初冬にかけて降る通り雨のこと。
                          (日本の行事・暦より)

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:14 | comments(0) | - |