小雪
0

    今日11月22日は小雪です。

     

    蜜柑(みかん)写真

     

    小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。
    十月中(通常旧暦10月内)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで11月22日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
    恒気法では冬至から11/12年(約334.81日)後で11月21日ごろ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。

     

    季節

    わずかながら雪が降り始めるころ。
    『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明している。

     

    七十二候

    小雪の期間の七十二候は以下のとおり。
     初候
      虹蔵不見(にじ かくれて みえず) : 虹を見かけなくなる(日本・中国)

    虹蔵不見(にじかくれてみえず)イメージ
     

     次候
      朔風払葉(きたかぜ このはを はらう) : 北風が木の葉を払い除ける(日本)

    朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)イメージ


      天気上勝地気下降(てんき じょうとうし ちき かこうす) : 天地の寒暖が逆になる(中国)
     末候
      橘始黄(たちばな はじめて きばむ) : 橘の葉が黄葉し始める(日本)

    橘始黄(たちばなはじめてきばむ)


      閉塞而成冬(へいそくして ふゆをなす) : 天地の気が塞がって冬となる(中国)
                                                           (Wikipediaより)

     


    小雪

    11月23日頃(平成30年は11月22日)。
    および大雪までの期間。
    太陽黄径240度。
    立冬から数えて15日目頃。

    北国から雪の便りが届く頃ですが、まだ本格的な冬の訪れではありません。
    雪といってもさほど多くないことから、小雪といわれたものだそうです。

    陽射しが弱くなり、紅葉が散り始める頃。
    いちょうや柑橘類は黄色く色づいてきます。
    次第に冷え込みが厳しくなってきますので、冬の備えは整えておきましょう。
    お歳暮の準備をする目安にも。

    ※「こゆき」ではなく「しょうせつ」と読みます。お間違いなく。
     

      
    気象の「小雪」
    気象庁の予報用語における「小雪(こゆき)」は、数時間降り続いても、1時間あたりの降水量が1mmに満たない雪のこと。
    ※北日本や日本海側の地方で「小雪」の表現が適切でないときは「雪」の表現を用いるそうです。 
      


    季節の言葉
    霜夜(しもよ)

    空が晴れて霜の降りる寒い夜のこと。

                        (日本の行事・暦より)

     

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:45 | comments(0) | - |