12月
0

    今日から12月です。

     

     

    12月(じゅうにがつ)は、グレゴリオ暦で年の第12の月(最後の月)に当たり、31日ある。

    日本では、旧暦12月を「師走」、「師馳」(しわす・しはす)又は「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)と呼んできた。

    今では「師走」及び「極月」は、新暦12月の別名としても用いられる。

    英語での月名、December(ディセンバー)は、「10番目の月」の意味で、ラテン語で「第10の」という意味の「decem」の語に由来している。
    実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で(そのため年末の2月は日数が少ない)、3月から数えて10番目という意味である。

    グレゴリオ暦の12月1日はその年の9月1日と同じ曜日になる(→365日)。

    明治時代に日本が太陰暦から太陽暦に変更した際に、政府が年末の給料を削減するために12月の日数を2日とした(明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日とした)。


    しはすの語源

    「しはす」の語源は、古いことなので分からない。
    「大言海」は、「歳極(トシハツ)ノ略轉カト云フ、或ハ、萬事爲果(シハ)つ月ノ意、又、農事終ハル意カ」と言い、また「十二箇月ノ名ハ、スベテ稻禾生熟ノ次第ヲ逐ヒテ、名ヅケシナリ」(「睦月」の項)と言っている。
    なお、僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさから、という平安時代からの説(色葉字類抄)があるが、これは語源俗解(言語学的な根拠がない、あてずっぽうの語源のこと)であり、平安時代にはすでに、「しはす」の語源は分からなくなっていたのである(民間語源#日本語の中の民間語源)。

     

    様々な説

    日本国語大辞典は、語源については記述していない。
    末尾に次の9説を列挙するのみである。
    1.経をあげるために師僧が東西を馳せ走る月であるところから、シハセ(師馳)の義〔奥義抄・名語記・あい(あいは土へんに蓋)嚢鈔〕。
    2.四季の果てる月であるところから、シハツ(四極)月の意〔志不可起・和爾雅・日本釈名〕。
    3.トシハツル(歳極・年果・歳終)の義〔東雅・語意考・類聚名物考・和語私臆鈔・黄昏随筆・古今要覧稿・和訓栞〕。
    4.ナシハツルツキ(成終月)の略転〔紫門和語類集〕。
    5.農事が終わり、調貢の新穀をシネハツル(歛果)月であるところから〔兎園小説外集〕。
    6.稲のない田のさまをいうシヒアスの約。シは発声の助語。ヒアスは干令残の義〔嚶々筆語〕。
    7.シヲヘオサメヅキ(為竟収月)の義〔日本語原学=林甕臣〕。
    8.セハシの義〔万葉代匠記〕。
    9.シバシ(暫)の月の義〔遠碧軒記〕。

     

    異名

    おうとう(黄冬)、おとづき(弟月)、おやこづき(親子月)、かぎりのつき(限月)、くれこづき(暮来月)、けんちゅうげつ(建丑月)、ごくげつ(極月)、しわす(師走)、はるまちつき(春待月)、ばんとう(晩冬)、ひょうげつ(氷月)、ぼさい(暮歳)、ろうげつ(臘月)


    12月の季語

    短日、冬の日、冬の朝、冬の雲、冬霞、顔見世、冬の空、冬の鳥、冬の雁、梟、木兎、冬田、 水鳥、浮寝鳥、鴨、鴛鴦、鳰、初雪、初氷、寒さ、 冷たし、息白し、冬木、冬木立、枯木、枯木立、枯柳、 枯山吹、枯桑、枯萩、枯芙蓉、枯茨、冬枯、霜枯、冬ざれ、枯草、枯蔓、枯蔦、枯葎、枯尾花、枯蘆、枯蓮、 枯芝、枯菊、枯芭蕉、苗代茱萸の花、枇杷の花、臘八会、大根焚、漱石忌、風呂吹、雑炊、葱、根深汁、 冬菜、白菜、干菜、干菜汁、干菜湯、胡蘿蔔、蕪、蕪汁、納豆汁、粕汁、闇汁、のっぺい汁、寄鍋、鍋焼、 おでん、焼藷、湯豆腐、夜鷹蕎麦、蕎麦掻、蕎麦湯、葛湯、熱燗、玉子酒、生姜酒、事始、神楽、里神楽、冬の山、山眠る、冬野、枯野、熊、熊穴に入る、熊突、熊祭、狩、猟人、狩の宿、薬喰、山鯨、狼、狐、 狐罠、狸、狸罠、狸汁、兎、兎狩、鼬罠、笹鳴、鶲、鷦鷯、都鳥、千鳥、冬の海、鯨、捕鯨、鯨汁、河豚、 鮟鱇、鮟鱇鍋、鮪、鱈、鰤、鰤網、 杜父魚、潤目鰯、塩鮭、乾鮭、海鼠、海鼠腸、牡蠣、牡蠣むく、牡蠣船、 牡蠣飯、 味噌搗、根木打、冬の蝶、冬の蜂、冬籠、冬座敷、屏風、障子、炭、消炭、炭団、 炭火、埋火、 炭斗、炭竈、炭焼、炭俵、炭売、焚火、榾、炉、囲炉裏、暖房、温突、ストーヴ、スチーム、炬燵、置炬燵、助炭、火鉢、火桶、手焙、行火、懐炉、温石、温婆、足温め、湯気立、湯ざめ、風邪、咳、嚔、水洟、吸入器、竈猫、綿、蒲団、背蒲団、肩蒲団、腰蒲団、負真綿、衾、毛布、夜著、綿入、紙衣、ちゃんちゃんこ、ねんねこ、厚司、胴著、毛衣、毛皮、皮羽織、重ね著、著ぶくれ、冬服、冬帽、頭巾、綿帽子、頬被、耳袋、マスク、襟巻、ショール、手袋、マッフ、股引、足袋、外套、コート、被布、懐手、日向ぼこり、毛糸編む、飯櫃入、藁仕事、楮蒸す、紙漉、藺植う、薪能、一茶忌、北風、空風、隙間風、鎌鼬、冬凪、霜、霜夜、 霜柱、霜除、敷松葉、雪囲、雪吊、薮巻、雁木、フレーム、冬の雨、霙、霧氷、雨氷、冬の水、水、水涸る、 冬の川、池普請、狐火、火事、火の番、冬の夜、冬の月、冬至、柚湯、近松忌、大師講、蕪村忌、 クリスマス、社会鍋、師走、極月、暦売、古暦、日記買ふ、日記果つ、 ボーナス、年用意、春支度、 春著縫ふ、年木樵、歯朶刈、注連作、年の市、羽子板市、 飾売、門松立つ、注連飾る、煤払、煤籠、煤湯、 畳替、冬休、歳暮、年貢納、札納、 御用納、年忘れ、餅搗、餅、餅筵、餅配、年の暮、節季、 年の内、行年、 大年、大晦日、掛乞、掃納、晦日蕎麦、年の夜、年越、年取、年守る、年籠、除夜、 除夜の鐘

                        (Wikipediaより)

    十二月(師走・しわす)

    師走

     僧がお経をあげるために東西を馳せることから、
    「師が馳せる月」→「しはせつき」→「しわす」となったといわれています。
    「師」は「僧」を指すのが一般的。
    「馳せる」は「走る。急いで行く」という意味です。

    季節:仲冬(ちゅうとう) ※大雪から小寒の前日まで。

     

    12月の行事・暦・祭り(平成30年・2018年)
    1日(土)映画の日

    2日(日)秩父夜祭(3日)

    3日(月)カレンダーの日

    4日(火)人権週間(10日)

    5日(水)納めの水天宮

    6日(木)シンフォニー記念日
    7日(金)大雪

    8日(土)針供養(主に関西)

    13日(木)正月事始め 煤払い(すすはらい)

    14日(金)赤穂義士祭

    15日(土)春日若宮おん祭(18日)

    17日(月)羽子板市(19日)

    18日(火)納めの観音

    21日(金)納めの大師
    22日(土)冬至

    23日(日・祝)天皇誕生日

    24日(月)振替休日

    25日(火)クリスマス 終い天神

    28日(金)納めの不動

    31日(月)大晦日 大祓い

     

    12月の他の別名 


     茶月(さげつ) 弟月(おとづき)
     健丑月(けんちゅうげつ)
     極月(ごくげつ) 厳月(げんげつ)
     限月(かぎりのつき)
     窮月(きゅうげつ) 臘月(ろうげつ)
     茶月(さげつ) 親子月(おやこづき)
     春待月(はるまちづき)
     暮古月(くれこづき)


    12月の暮らし
     

    お歳暮の手配 年賀状の準備
    カレンダー・手帳の用意 大掃除
    正月の準備

    柚子湯 かぼちゃ 鍋料理 ボーナス
    餅つき 年越しそば 除夜の鐘

     


    12月の自然

    小春日和 山眠る


    12月の花
     

    シクラメン 水仙(スイセン)
    千両(センリョウ) 椿(ツバキ)
    ゼラニューム ポインセチア
    プリムラ カトレア
    山茶花(サザンカ)


    旬の食材

    野菜
    かぶ 白菜 カリフラワー ごぼう
    ねぎ ほうれん草 小松菜
    れんこん 大根

    魚介
    キンキ 牡蠣 ふぐ 鱈(たら)

    果物
    柚子


    12月の行事食 
    冬至 22日 かぼちゃ 小豆粥
    大晦日 31日 年越しそば


    時候の挨拶 
    初冬の候 師走の候 寒冷の候 霜寒の候 歳晩の候 短日の候
    季冬の候 激寒の候 年末のみぎり 歳末多忙のおりから
    寒気いよいよつのり 荒涼たる冬となり 年の瀬もおしせまり
    心せわし年の暮れを迎え 年もせまり何かと繁忙のこと 年内余日なく
    今年もおしせまって参りましたが

                       (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:45 | comments(0) | - |