冬至
0

    今日12月22日は冬至です。

     

    冬至の日の出1

           内宮宇治橋の鳥居から昇る美しい日の出(伊勢志摩観光ナビより)

     

    冬至(とうじ、英: winter solstice)は、二十四節気の第22。
    北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。
    十一月中(旧暦11月内)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。
    恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。
    定気と恒気で一致する唯一の節気である。
    暦ではそれが起こる日を冬至とするが、天文学においては、太陽黄経が270度となる瞬間を「冬至」と定義している。
    この場合、冬至の瞬間を含む日を冬至日(とうじび)と呼ぶ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。


    特徴

    北半球では太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。

    『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明している。

     

    天文

    秋分から春分までの間、北半球では太陽は真東からやや南寄りの方角から上り、真西からやや南寄りの方角に沈む。
    冬至の日にはこの日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も南寄りになる。
    また南回帰線上の観測者から見ると、冬至の日の太陽は正午に天頂を通過する。
    冬至の日には北緯66.6度以北の北極圏全域で極夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域で白夜となる。

    なお、1年で日の出の時刻が最も遅い日・日の入りの時刻が最も早い日と、冬至の日とは一致しない。
    日本では、日の出が最も遅い日は冬至の約半月後(年明け)であり、日の入りが最も早い日は冬至の約半月前である。

    また、天文学的な冬至とは別に、日本では慣習的に「一年中で最も昼が短く夜が長い日」のことを冬至と呼ぶことがある。
    南半球では昼と夜の長さの関係が北半球と逆転するため、南半球が日本の慣習的な意味での冬至を迎える日は、本来の夏至である。


    習俗

    冬至にはカボチャの煮物を食べる風習がある。
    日本には次のような風習がある。

    星祭
    天台宗や真言宗の寺院で行われる「星供養」は、妙見系の神社等で行われる星祭(ほしまつり)とともに俗に「星祭」ともいわれる。
    各自の生まれ年の十二支に該当する当年星(北斗七星の七つの星が十二支のそれぞれに配当されている)を祀って、無病息災を祈る。

    冬至風呂
    この日は冬至風呂と称して柚子湯に入る。
    天保9年(1838)の『東都歳時記』によれば流行し始めたのは江戸の銭湯からであるという。

    「柚子(ゆず)」写真
    またこの日には以下のものを飲食する風習がある。

     

    冬至粥
    冬至の日の朝に小豆粥を食す。
    これを冬至粥という。
    小豆粥には疫病にかからないという伝承があり、あるいは体を暖めるためともいう。

    コンニャク
    コンニャクを「体の砂払い」と称し、体内の悪いものを掃除するという。

    「と」の付く食べ物
    冬至の「と」に因んで、とうなす(カボチャ)・豆腐・唐辛子・ドジョウ。
    特にカボチャを食べる風習は全国に残っており、今でも冬至の前にはスーパーや魚屋でカボチャやドジョウの売り出しの風景が見られる。
    冬至にカボチャを食べると中風にならず、あるいは長生きするとも、栄養とるためともいう。
    豆腐は季節柄、湯豆腐にされることが多い。

    中国北方では餃子を、南方では湯圓(餡の入った団子をゆでたもの)を食べる習慣がある。
    また、この日は家族団欒で過ごすという風習もある。

     

    冬至(あるいは、冬至から翌日にかけて、冬至の直後、など)には、太陽の力が最も弱まった日を無事過ぎ去ったことを祝って、世界各地で冬至祭が祝われる。
    クリスマスも、イラン発祥のミトラ教の冬至祭儀やドイツ北欧のユール(キリスト教以前のゲルマン人の冬至祭)がキリスト教と混淆してできたものである。


    朔旦冬至

    古代には、冬至を1年の始まりとしていた。
    近世語で「唐の正月」というと冬至を意味するが、中国で冬至を元旦としたからである。
    その名残で、現在でも冬至は暦の基準となっている。
    中国や日本で採用されていた太陰太陽暦では、冬至を含む月を11月と定義しているが、19年に一度、冬至の日が11月1日となることがあり、これを朔旦冬至(さくたんとうじ)という。
    太陰太陽暦では、19年間に七回の閏月を入れる(19年7閏)周期を「章」と称し、古い章から新しい章への切り替えとなる年を新しい章の最初の年という意味で「章首」と呼んだ。
    章首の年にはまず前の章の締めくくりに当たる7番目の閏月を迎え、その後に到来するその年の冬至をもって新しい章の開始とされた。
    そして、その章首における冬至の日は必ず朔旦冬至となるように暦法が作られるのが原則とされていた。

    朔旦冬至が正確に19年周期で訪れることは、19年7閏原則に基づく暦が正確に運用されているということである。
    暦の正確さは、政治が正しく行われていることの証(あかし)であるとして、朔旦冬至は盛大に祝われた。
    中国では古くから行われ、659年に偶々遣唐使が唐の都・洛陽に滞在中で儀式への参加が許されている。
    日本では唐風儀式の取り入れに積極的であった桓武天皇の784年に初めて儀式が行われた。
    なお、11月1日は元々翌年の暦を天皇に奏進する御暦奏も行われていたことから、非常に盛大な行事となった。

    ただし、破章法を採用している暦では19年7閏が守られない場合があり、その場合新しい章の最初に朔旦冬至が到来するとは限らず、逆に章の途中で偶々朔旦冬至が到来してしまう事態(臨時朔旦冬至)も生じた。
    日本ではこのような状況を放置することは不祥として、暦を人為的に操作して朔旦冬至を到来させたり、回避させたりすること(「改暦」)が行われた。
    なお、後には章の最初以外の朔旦冬至も祝われるようになった。
    なお、1768年の光格天皇の時に朔旦冬至の儀式が行われたのが最後であり、次の1870年の朔旦冬至の際に明治政府は古い因習として、以後こうした儀式は行わないこととした。

    前回の朔旦冬至は1995年、直近の朔旦冬至は19年後の2014年、その次は38年後の2052年である。

    (旧暦2033年問題も参照。ただし2014年の19年後である2033年が朔旦冬至にならないのは旧暦2033年問題(暦月が決められない)のせいではなく、冬至を含む日と朔を含む日が一致しない(5時間差ながら日を跨いでしまう)ことが原因である)


    七十二候

    冬至の期間の七十二候は以下のとおり。
     初候
      乃東生(なつかれくさ しょうず) : 夏枯草が芽を出す(日本)

    乃東生(なつかれくさしょうず)イメージ
      蚯蚓結(きゅういん むすぶ) : 蚯蚓が地中で塊となる(中国)
     次候
      麋角解(びかく げす) : 大鹿が角を落とす(日本)

    麋角解(さわしかのつのおつる)イメージ
      麋角解(さわしかの つの おる) : 大鹿が角を落とす(中国)
     末候
      雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる) : 雪の下で麦が芽を出す(日本)

    雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)イメージ
      水泉動(すいせん うごく) : 地中で凍った泉が動き始める(中国)
                        (Wikipediaより)

     

     


    冬至といえばかぼちゃと柚子湯ですが、その由来は?
    みんなの運が上昇してくる日だからこそ、知らないと損する冬至の豆知識。
    いとこ煮、柚子湯のやり方もご紹介します。

    冬至といえば、かぼちゃと柚子(ゆず)湯! 一般的には、風邪をひかないためや語呂合せと言われていますが、本当にそれだけなの?……いえいえ、ちゃんと理由があるのです。
    しかも、冬至はとてもハッピーなイベントなのでした。

    ●冬至とは

    冬至(12月22日ごろ)とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。
    太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日ごろ)と日照時間を比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差があるのです。


    ●一陽来復って?

    「一陽来復」 あなたの運も上昇させましょう!
     1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。
    そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。
    太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点です。

    中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。
    つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです!

     【ちょっぴり雑学】 冬至はクリスマスのルーツ!?
    クリスマスは、太陽の復活を祝う古代ヨーロッパの祝祭とキリストの生誕が結びついたもので、その年の冬至が12月25日だったため、諸説あったキリストの降臨日が12月25日になったといわれています。


    それでは、なぜ冬至にかぼちゃを食べるのでしょう?
    また、かぼちゃ以外にも冬至の行事食があるので、紹介します。

    ●運盛りって?

    「南瓜(なんきん)」だから「ん」のつく運盛り!
    冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。
    にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかんなど「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。
    運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。

    また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。


    ●なぜ、かぼちゃを食べるの?

    かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

    また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです。


    ●冬至粥って?

    かぼちゃなどの運盛りのほかにも、冬至の行事食には小豆(あずき)を使った冬至粥があります。
    昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われていますから、冬至粥で邪気を祓い、翌日からの運気を呼び込もうというわけです。

     

     

     

    ●いとこ煮って?
     

    【いとこ煮】かぼちゃ400g、小豆100g、砂糖大さじ4、醤油小さじ2(4人分) ※甘いゆで小豆を使えばおやつになります。

    1:小豆を水煮しておく。
    2:小豆とかぼちゃに水を加えて20分煮る。
    3:砂糖と醤油を加えて味を整え5分煮る。
    4:火を止め、しばらく置いて味を含ませれば出来上がり!
     
    冬至には小豆とかぼちゃを煮た いとこ煮 を食べるという地方もあります。
    本来、いとこ煮とは硬いものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊き込んでいくことから いとこ煮 と名付けられた料理なので、小豆とかぼちゃ以外の場合もあります。

    ●冬至に こんにゃく?
    冬至にこんにゃくを食べる地方もありますが、これを「砂おろし」といい、こんにゃくを食べて体内にたまった砂を出すのです。
    昔の人は、こんにゃくを「胃のほうき」「腸の砂おろし」と呼び、大晦日や節分、大掃除のあとなどに食べていたことの名残りでしょう。

     

    また、冬至といえば柚子湯が欠かせません。
    どうせ単なる語呂合わせでしょ、なんて思っていたら大間違い。
    柚子湯の由来とやり方について紹介します。


    ●なぜ柚子湯に入るの?
     
    「柚子(ゆず)」写真
    【ユズ】ミカン科の常緑植物。
    耐寒性に優れているので東北地方でも栽培。
    表面がでこぼこしていて大きなオオユズ、小ぶりのハナユズがある。


    柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。
    こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。
    昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理で、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。
    冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。
    端午の節句の菖蒲湯も同様です。

    また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

    もちろん、柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。
    さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。


    柚子湯のやり方

     
    銭湯などでは、かなりたくさんの柚子を丸ごと入れています。
    柚子湯の方法も各家庭によって違いますので、幾つかご紹介します。柚子湯に入りながら「一陽来復」と唱えると、さらにハッピーになれるそうです。

    ●丸ごとお風呂へ……1個や2個では香りを感じるほどにはなりませんので、たくさん入れたほうが良いでしょう。

    ●輪切りや半分にカットしてお風呂へ……香りもよく、成分も出やすい方法です。ただし、だんだんグシャグシャになってきて果肉や種がお湯に浮いてくるため、お掃除がちょっと大変かもしれません。

    ●輪切りや半分にカットし、袋に入れてからお風呂へ……ガーゼなどで袋を作り、中身が出ないようにします。柚子が見えないのが残念ですが、香りや成分も出やすくお掃除も楽。洗濯ネットでもOKです。

    ●このほかにも様々な方法があり、複合技にする場合もあります。
    ・皮を何ヶ所か削いで、丸ごと入れる。
    ・浅く切り込みを入れてから、丸ごと入れる。
    ・皮だけしか入れない。
    ・液をしぼって入れる。
    ・半分に切って熱湯でよく蒸らしてから、お風呂へ入れる。

    ※いずれも肌に刺激がありますのでご注意ください。特に肌がデリケートな方やお子様は気をつけてください。

                                                     (暮らしの歳時記/冬の行事・楽しみ方より)

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:51 | comments(0) | - |