教王護国寺(東寺)
0

    お遍路に行く前に氏神様(武蔵一宮氷川神社)、檀家寺(普門院)をお詣りし、

    京都の東寺に行って挨拶をします。

    そして、お四国八十八箇所霊場を廻ります。

    結願しましたら善光寺、高野山にお礼参りをします。

     

    平成22年3月20日

     

    京都駅から歩いて行きますと、東寺の五重塔が見えて来ました。

     

     

    東寺の東門です。

     

     

    史蹟 教王護国寺境内

     

     

    東寺  春の特別拝観

     

     

    境内に入り、池から五重塔の方を望みます。

     

     

    食堂(じきどう)

     

     

    納経所 →

     

     

    食堂に訪れる人が増えてきました。

     

     

     

    画像回転ツール 編集画像

     

     

     

    拝観券

     

     

    五重塔に近付きました。

     

     

    紅葉が芽吹いています。

     

     

    枝垂れ桜

     

     

          不二桜

         「八重紅枝垂れ桜」

       樹齢120年 目通り1.5m 樹高13m 枝張り7m

                       平成18年2月現在

     

    この桜は「八重紅枝垂れ桜」とよばれ、エドヒガン系の園芸品種で色の濃い

    八重咲きの華麗な花を咲かせます。移植できるサクラでは国内最大級の大

    きさで開花は4月中旬です。岩手県盛岡市の旧家で育てられたのですが、

    平成6年秋田県を経て、三重県鈴鹿市の農園が譲り受けて大切に育てて

    いました。平成18年が弘法大師入唐求法の旅より帰朝せられて、1200年の

    記念の年であることから、東寺信徒総代で森紙業株式会社最高顧問の

    森定輝好氏より寄贈され、この直径15mの円形花壇に移植されたものです。

    名前は弘法大師の「不二のおしえ」から「不二桜」と命名されました。日本一

    高い五重塔を背景に、百年二百年後も美しい花を咲かせ続けることを祈っ

    ています。

                            真言宗総本山 東寺

     

     

    五重塔はどこからでも見えますね。

     

     

    牡丹の蕾が膨らんできています。

    5月の連休には見事に咲くことでしょう。

     

     

    posted by: 1513neoya | 歩きお遍路 | 03:10 | comments(0) | - |