教王護国寺(東寺) 観智院 靜觀堂
0

    お遍路に行く前に氏神様(武蔵一宮氷川神社)、檀家寺(普門院)をお詣りし、

    京都の東寺に行って挨拶をします。

    そして、お四国八十八箇所霊場を廻ります。

    結願しましたら善光寺、高野山にお礼参りをします。

     

    平成22年3月20日

     

    虚空蔵菩薩

     

     

    観智院

     

     

    文化財指定

    重要文化財

    国宝

    観智院

    客殿

    桃山時代慶長10年(1605)建立

    火気厳禁

     

     

       観 智 院

     

     教王護国寺(東寺)の塔頭で、別格本山である。

     延慶元年(1308)、後宇多法皇が東寺西院

    に三年間参籠され、二十一院を建立されたうちの

    一つで、杲宝(ごうほう)を開基とする。代々学僧が居住し、

    東寺の塔頭の中で最も格式が高く、当院の住持

    が東寺の別当職を兼ねた。古来多くの経文、書籍

    を寄贈し、徳川家康が古書を調査して、一宗の勧

    学院として後学の用に供するよう命じたこと

    がある。

     現在の建物は、慶長十年(1605)に完成し

    た客殿(国宝)をはじめ、本堂、書院、土蔵、門

    など、いずれも江戸時代の建築である。客殿は、

    入母屋造、銅板葺の代表的な書院造の住宅建築

    で、床の間の「鷲の図」、襖絵の「竹林の図」は

    宮本武蔵の筆と伝えられる。

     本堂には山科安祥寺の恵運が唐から請来した

    五大虚空蔵菩薩像(重要文化財)を安置している。

                     

                    京 都 市

     

     

    観智院

     

     

    鬼瓦

     

     

    多くの方が並んでいます。

     

     

    順番が来るまで待ちましょう。

     

     

    順番が来たようです。

     

     

    諸芸上達 身体健全 家内安全

     

     

    靜觀堂

     

     

    弘法大師様

     

     

    posted by: 1513neoya | 歩きお遍路 | 00:57 | comments(0) | - |