2月
0

    今日から2月です。

     

    昨日の雨は1月で初めて降りました。

    さいたま市の雨量は10.5mmでした。

     

    2月

    2月(にがつ)はグレゴリオ暦で年の第2の月に当たり、通常は28日、閏年では29日となる。

    他の月の日数が30または31日なのに対して、2月だけ28または29日なのは、アウグストゥスが紀元前8年、8月の日数を30日から31日に変更し、そこで不足した日数を2月から差し引いたためである。
    それ以前のローマ暦では、年初は3月であったため、単に年末の2月から日数を差し引いた。

    欧米での呼び名であるFebruaryはローマ神話のフェブルウス (Februus) をまつる祭りから取ったと言われている。


    日本における2月

    日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。
    「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは関係がない。
    「きさらぎ」という名前の由来には諸説ある。

    旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
    草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
    前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
    陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」

    他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もある。
    旧暦二月は新暦では3月ごろに当たり、梅の花が咲く時期である。


    異名

    いんしゅん(殷春)、うめみづき(梅見月)、きさらぎ(如月・衣更月)、けんうづき(建卯月)、ちゅうしゅん(仲春)、なかのはる(仲の春・中の春)、はつはなつき(初花月)、ゆききえつき(雪消月)、ゆきげしづき(雪消月)、れいげつ(麗月・令月)、をぐさおひつき(小草生月)


    2月の季語

    2月は季語が少ないが俳句の上では春の季語が多い。

    立春、寒明、初春、早春、春浅し、睦月、旧正月、二月礼者、ニの替、絵踏、初午、針供養、奈良の山焼、 雪解、雪しろ、雪崩、残雪、雪間、凍解、氷解、薄氷、沍返る(いてかえる)、冴返る、春寒、余寒、 春の風邪、春時雨、猫の恋、白魚、公魚(わかさぎ)、鰔(さより)、野焼く、焼野、山焼く、末黒の芒(すすき) 麦踏、木の実植う、猫柳、片栗の花、雛菊、春菊、菠薐草(ほうれんそう)、蕗の薹(ふきのとう)、水菜、 海苔、獺の祭、鳴雪忌(2月20日、内藤鳴雪翁の忌日)、梅、梅見、盆梅、紅梅、黄梅、鶯(うぐいす)、下萌、いぬふぐり、菜種御供、磯竈、若布(わかめ)、バレンタイン、義仲忌、実朝忌、比良八講
                        (Wikipediaより)

     

    二月(如月・きさらぎ)

    如月

    寒さのために更に着物を重ねて着るので「衣更着」という説があります。

    季節:初春(しょしゅん) ※立春から啓蟄の前日まで。

     

     
    2月の他の別名
     

    小草生月(おくさおいつき)
    華朝(かちょう)
    仲春(ちゅうしゅん)
    初花月(はつはなづき)
    梅津早月(うめつさつき)
    建卯月(けんぼうげつ
    麗月・令月(れいげつ)


    2月の自然

    霰(あられ) ダイヤモンドダスト
    氷霧 霜夜 雪解け 余寒
    寒明の雨 春一番 三寒四温
    東風 雪間 薄氷


    2月の行事・暦・祭り(平成31年・2019年)

    1日 (金)  冬土用の間日
    2日 (土)  初午
    3日 (日)  節分 冬土用明け
    4日 (月)  立春
    8日 (金)  針供養(主に関東)
    11日 (月・祝)  建国記念の日
    14日 (木)  二の午
    19日 (火)  雨水
    25日 (月)  北野天満宮梅花祭

    26日 (火)  三の午
                         (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:07 | comments(0) | - |