初午
0

    今日2月2日は初午です。

     

    初午
    初午(はつうま)は、2月の最初の午の日。
    稲荷社の祭であり、初午祭に初午詣(福詣)する参詣者が訪れ、これを雑節の一つとすることがある。
    旧暦で行う事もあり、その場合は3月となる事もある。

    稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神が伊奈利山へ降りた日が和銅4年2月11日(711年3月4日。
    2月9日(3月2日)説もある)であったとされ、この日が初午であったことから、全国で稲荷社を祀る。

    この日を蚕や牛・馬の祭日とする風習もある。
    江戸時代には、この日に子供が寺子屋へ入門した。

    本来は旧暦2月の最初の午の日であるが、現在では新暦2月の最初の午の日とされている。
    そのため、元々は春先の行事だったのが、冬の一番寒い時期の行事となってしまった。
    また今では2月最初の午の日とされるが、古来は、立春以降の最初の午の日に行われていた。

    2月の2回目の午の日を二の午(にのうま)、3回目を三の午(さんのうま)と言い、これらの日にも祭礼を行う地方や、二の午もしくは三の午にのみ祭礼を行う地方もある。

    初午は、その年の豊作祈願が原型で、それに稲荷信仰が結びついたものである。
    4月初めの巳の日の菜の花祭りの夜と初午のいずれかに雨が降らないと火に祟られるとか、初午の早い年は火事が多いとかいう俗信もある。
    また、初午の日に、消防団員が各家庭を回って火の用心を呼びかけ、火の用心のお札を配る習慣がある地方もある。

    富山県南砺市利賀村(旧・東礪波郡利賀村)の上村(うえむら)地区では、子供たちが藁でできた馬(午)の頭をもって家々を回り、家の中に上がり込み囃し歌に合わせ舞う「利賀のはつうま」が行われる。
    各家庭からはお礼にお菓子やみかんなどのご祝儀をもらう。
    昭和57年(1982年)12月21日には「利賀のはつうま行事」として国の選択無形民俗文化財に選択され、平成16年(2004年)7月16日には、富山県の無形民俗文化財に指定されている。

    また、奈良県では、この初午の日に、旗飴(はたあめ)という習慣がある。
    これは、子供たちが近所の家(地域によっては商売を行っている家)を訪ね廻り、旗飴をもらうというハロウィンに似たものである。

    栃木県ではしもつかれを食べる風習がある。

    「初午いなり」といい、稲荷寿司を供える風習もある。

                        (Wikipediaより)

     

     

    初午(はつうま)
     
    2月最初の午(うま)の日(平成31年は2月2日)。
    本来は、農作業が始まる旧暦の2月に行われていました。

    和銅4年(711)のこの日に、稲荷社の本社である京都の伏見稲荷大社に稲荷大神が鎮座されたといわれています。

    この日をしのび、伏見稲荷大社をはじめ、愛知の豊川稲荷や佐賀の祐徳稲荷神社など、全国の稲荷神社で盛大にお祭り(初午大祭)が行われます。

    また、立春を迎える2月の最初の午の日は、一年のうちで最も運気の高まる日とされています。
    ※「午(うま)」は方位の南を示し、時間は正午を表わします。この時間は太陽が最も高く上がり、一日のうちで陽光の力が最も強まる時といわれています。

    餅まきが行われる地域もあります。
     

    稲荷(いなり)


    「稲生(いねなり)」が縮まったもの。
    「稲」の神様「御饌神(みけつがみ)」(食物の神様)を 祀ったものであることから、商売繁盛、五穀豊穣などを祈願します。 
                        (日本の行事・暦より)

     

     

     

     

     


    稲荷寿司・稲荷鮨(いなりずし)は、甘辛く煮た油揚げの中に、酢飯を詰めた寿司の一種。
    お稲荷さん、お稲荷、いなりなどとも呼ばれる。
    各地に特徴的な稲荷寿司がある。


    概要

    袋状に開いた油揚げを甘くあるいは甘辛く煮付け、寿司飯をそのまま、あるいはニンジンやシイタケなどの具材を煮込んで混ぜた寿司飯を詰める一種の印籠寿司である。
    稲荷神社の稲荷神(五穀を司る宇迦之御魂神・倉稲魂命を参照)は商売繁盛と共に豊作の神様であり、米を使用した俵型の稲荷寿司につながる。
    一般的には米俵を模した俵型(円筒に近い直方体)に仕上げる。

    油揚げをひっくり返してから中身を詰めるもの、三角油揚げを用いて三角形に仕上げるものなど、地域によって異なる(後述)。

    いわゆる高級な寿司屋ではあまり見られないが、庶民的な店やテイクアウト専門の寿司屋では人気の安価な食べ物であり、家庭で作るなど行楽の弁当などにも良く登場する。


    歴史

    稲荷寿司に関する最古の史料として江戸時代末期に書かれた『守貞謾稿』があり、

    天保末年(旧暦1844年、新暦1844年2月〜1845年1月)、江戸にて油揚げ豆腐の一方をさきて袋形にし、木茸干瓢を刻み交へたる飯を納て鮨として売巡る。
    (中略)なづけて稲荷鮨、或は篠田鮨といい、ともに狐に因ある名にて、野干(狐の異称)は油揚げを好む者故に名とす。
    最も賤価鮨なり。
    尾の名古屋等、従来これあり。
    江戸も天保前より店売りにはこれあるか。

    と記載されている。

    『天言筆記』(明治成立)には飯や豆腐ガラ(オカラ)などを詰めてワサビ醤油で食べるとあり、「はなはだ下直(げじき-値段が安いこと)」ともある。
    『近世商売尽狂歌合』嘉永5年(1852)の挿絵には、今日ではみられない細長い稲荷ずしを、切り売りする屋台の様子が描かれている。

    本来、稲荷神は狐ではないが、江戸時代には俗信により同化とみなす向きがあった。
    これにより、稲荷神の神使である狐の好物が油揚げであるという言い伝えからその名がついたともされている。

     

    地方の稲荷寿司

    地方によっては、「こんこん寿司」・「きつね寿司」などとも呼ばれる。稲荷寿司を、煮あげた干瓢などで縛ることもある。

    青森県津軽地方
    酢飯に紅ショウガとクルミを入れる。
    酢飯は紅ショウガにより全体がピンクに色付けされている。

    妻沼地区
    埼玉県熊谷市妻沼地区の稲荷寿司(聖天寿司など)は、通常の倍ほどの長さである。

     

    東京
    伝統的には揚げを色濃く煮染めて使用するが、色の薄い揚げの場合もある。

    西日本
    西日本では酢飯のみで作ることは稀で、通常は椎茸や人参、ごまなどの具材が入る(五目稲荷ともいう)。
    東日本の俵型に対し、油揚げを対角線に切った三角形に作るのも特徴である。


    地域によっては「揚寿司(あげずし)」、また年配者には「しのだ寿司」(「信太鮨」、「志乃田寿司」、「信田寿司」)と呼ばれることもある。

     

     

    沖縄
    沖縄県には、味付けしない油揚げに酢飯を詰めただけのシンプルな稲荷寿司が存在する。
    うるま市の丸一食品が発祥とされるが、現在では模倣店が多数存在するほか「沖縄風いなり」という名称で惣菜店やスーパーマーケット、コンビニエンスストア等でも販売されている。

    日本国外
    ハワイなど、かつて多くの日本人が移民した土地でもポピュラーな食品となっている。
    また台湾や韓国、ミクロネシアの島々にも日本統治時代に広まり、台湾では豆皮壽司、韓国ではユブチョバプ(油揚げ寿司)と呼ばれる。

     

    関連

    助六寿司(太巻きと稲荷寿司)
    稲荷寿司と巻き寿司を組み合わせた折り詰めは助六寿司と呼ばれる。
    歌舞伎十八番「助六由縁江戸桜」の主人公、助六の愛人の名が揚巻であることから、 油揚げと巻き寿司の洒落から名付けられている。

     

    セットメニュー

    蕎麦やうどんとセットにしたメニューが、立ち食いそば・うどん店などにある。

    蕎麦稲荷

    中身を寿司飯の代わりに蕎麦としたものを「蕎麦稲荷」という(「寿司」ではない)。

                        (Wikipediaより)

     

     

               稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社

    稲荷神

    神道

    稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)は、日本における神の一つ。
    稲荷大明神(いなりだいみょうじん)、お稲荷様・お稲荷さんともいい、貴狐天皇(ダキニ天)、ミケツ(三狐・御食津)、野狐、狐、飯綱とも呼ばれる。
    稲荷系の神社では、玉藻の前(九尾の狐・殺生石)が祭られていることもある。

    稲荷神社の総本社は伏見稲荷大社とされている。
    元々は京都一帯の豪族・秦氏の氏神で、現存する旧社家は大西家である。

     

    概要

    稲荷神を祀る神社を稲荷神社(いなりじんじゃ)と呼ぶ。
    京都市伏見区にある伏見稲荷大社が日本各所にある神道上の稲荷神社の総本社となっているが、歴史上(下記参照)仏教系寺院も数多く含まれる。
    神道系神社では朱い鳥居と、神使の白い狐がシンボルとして広く知られ、廃仏毀釈が起こる前の仏教系寺院でも鳥居が建てられ、現存する寺院もある。
    「イナリ」は「稲荷」と表記するのが基本だが、「稲生」や「稲成」、「伊奈利」とする神社も存在する。

     

    祭神

    稲荷神(稲荷大神、稲荷大明神)は、山城国稲荷山(伊奈利山)、すなわち現在の伏見稲荷大社に鎮座する神で、伏見稲荷大社から勧請されて全国の稲荷神社などで祀られる食物神・農業神・殖産興業神・商業神・屋敷神である。
    また神仏習合思想においては仏教における荼枳尼天と同一視され、豊川稲荷を代表とする仏教寺院でも祀られる。

    神道の稲荷神社では『古事記』、『日本書紀』などの日本神話に記載される宇迦之御魂神(うかのみたま、倉稲魂命とも書く)、豊宇気毘売命(とようけびめ)、保食神(うけもち)、大宣都比売神(おおげつひめ)、若宇迦売神(わかうかめ)、御饌津神(みけつ)などの穀物・食物の神を主な祭神とする。

    総本宮である伏見稲荷大社では、主祭神である宇迦之御魂大神を中央の下社、佐田彦大神を中社、大宮能売大神を上社に据え、明応8年(1499年)に本殿に合祀された左右の摂社、田中大神・四大神とともに五柱の神を一宇相殿(一つの社殿に合祀する形)に祀り、これら五柱の祭神は稲荷大神の広大な神徳の神名化としている。

    稲荷社によっては祭祀する祭神が異なり、例えば、
    生玉稲荷神社(名古屋市守山区) - 倉稲魂神、大巳貴命、保食神、大宮能姫神、太田神
    笠間稲荷神社(茨城県笠間市)- 宇迦之御魂神
    豊受稲荷神社(千葉県柏市) - 主祭神に稲蒼魂命、配神に大己貴命、大田命、大宮姫命、保食命
    祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市) - 倉稲魂大神、大宮売大神、猿田彦大神
    竹駒神社(宮城県)- 倉稲魂神、保食神、稚産霊神

    また豊受稲荷神社では、大己貴命を佐田彦大神、大宮姫命を田中大神、保食命を四大神に、祐徳稲荷神社では大宮売大神をアメノウズメノミコトに当てている。


    本尊

    仏教系寺院では荼枳尼天を奉じている。
    豊川稲荷(愛知県豊川市)- 豊川吒枳尼眞天
    最上稲荷妙教寺(岡山市北区)- 最上位経王大菩薩、八大龍王尊、三面大黒尊天

     

    稲荷社の広がり

    日本の神社の内で稲荷神社は、2970社(主祭神として)]、32000社(境内社・合祀など全ての分祀社)を数え、屋敷神として個人や企業などに祀られているものや、山野や路地の小祠まで入れると稲荷神を祀る社はさらに膨大な数にのぼる。
    江戸の町の至る所で見かけられるものとして「伊勢屋、稲荷に、犬の糞」とまで言われるようになった。
    本来は穀物・農業の神だが、現在は産業全般の神として信仰されている。

    稲荷神社は日本全国に点在するが、その中でも東日本に多く信仰されている。
    例えば、武蔵府中においては、明治時代初期に市内に6ヶ所で稲荷神社が祀られており、市内の家々の屋敷神は566件にも上るなど、多摩地域においては顕著である。

     

     

    稲荷神と狐

    豊川稲荷の狐(愛知県)


    稲荷と狐はしばしば同一視されており、例えば『百家説林』に「稲荷といふも狐なり狐といふも稲荷なり」という女童の歌が記されている。

    狐は古来より日本人にとって神聖視されてきており、早くも和銅4年(711年)には最初の稲荷神が文献に登場する。
    宇迦之御魂神の別名に御饌津神(みけつのかみ)があるが、狐の古名は「けつ」で、そこから「みけつのかみ」に「三狐神」と当て字したのが発端と考えられ、やがて狐は稲荷神の使い、あるいは眷属に収まった。
    なお、「三狐神」は「サグジ」とも読む。
    時代が下ると、稲荷狐には朝廷に出入りすることができる「命婦」の格が授けられたことから、これが命婦神(みょうぶがみ)と呼ばれて上下社に祀られるようにもなった。

    上記されているように稲荷神は元々は農業神であるが、狐は穀物を食い荒らすネズミを捕食すること、狐の色や尻尾の形が実った稲穂に似ていることから、狐が稲荷神の使いに位置付けられた。

    江戸時代に入って稲荷が商売の神と公認され、大衆の人気を集めるようになると、稲荷狐は稲荷神という誤解が一般に広がった。
    またこの頃から稲荷神社の数が急激に増え、流行神(はやりがみ)と呼ばれる時もあった。
    また仏教の荼枳尼天は、日本では狐に乗ると考えられ、稲荷神と習合されるようになった。
    今日稲荷神社に祀られている狐の多くは白狐(びゃっこ)である。

    稲荷神社の前には、狛犬の代わりに、宝玉をくわえた狐の像が置かれることが多い。
    他の祭神とは違い、稲荷神には神酒・赤飯の他に稲荷寿司およびそれに使用される油揚げが供えられ、ここから油揚げを使った料理を「稲荷」とも呼ぶようになった。
    ただし狐は肉食であり、実際には油揚げが好物なわけではない。

     

    由来

    伏見稲荷大社を創建したと伝えられる秦氏族について、『日本書紀』では次のように書かれている。
    欽明天皇が即位(539年または531年)する前のまだ幼少のある日「秦(はた)の大津父(おおつち)という者を登用すれば、大人になった時にかならずや、天下をうまく治めることができる」と言う夢を見て、早速方々へ使者を遣わして探し求めたところ、山背国紀伊郡深草里に秦の大津父がいた。
    平安時代に編纂された『新撰姓氏録』記載の諸蕃(渡来および帰化系氏族)のうち約3分の1の多数を占める「秦氏」の項によれば、中国・秦の始皇帝13世孫、孝武王の子孫にあたる功徳王が仲哀天皇の御代に、また融通王が応神天皇の御代に、127県の秦氏を引率して朝鮮半島の百済から帰化したという記録があるが、加羅(伽耶)または新羅から来たのではないかとも考えられている(新羅は古く辰韓=秦韓と呼ばれ秦の遺民が住み着いたとの伝承がある)。

    雄略天皇の頃には、当時の国の内外の事情から、多数の渡来人があったことは事実で、とりわけ秦氏族は絹織物の技に秀でており、後の律令国家建設のために大いに役立った。
    朝廷によって厚遇されていたことがうかがわれるのも、以上の技能を高く買われてのことだと考えられている。
    彼らは畿内の豪族として専門職の地位を与えられていた。
    こうして深草の秦氏族は、和銅4年(711年)稲荷山三ケ峰の平らな処に稲荷神を奉鎮し、山城盆地を中心にして神威赫々たる大神社を建てた。
    深草の秦氏族は系譜の上で見る限り、太秦の秦氏族、すなわち松尾大社を祀った秦都理《はたのとり》の弟が、稲荷社を創建した秦伊呂巨(具)となっており、いわば分家と考えられていたようである。

     

    歴史

    『山城国風土記』逸文には、伊奈利社(稲荷社)の縁起として次のような話を載せる。
    秦氏の祖先である伊呂具秦公(いろぐの はたの きみ)は、富裕に驕って餅を的にした。
    するとその餅が白い鳥に化して山頂へ飛び去った。
    そこに稲が生ったので(伊弥奈利生ひき)、それが神名となった。
    伊呂具はその稲の元へ行き、過去の過ちを悔いて、そこの木を根ごと抜いて屋敷に植え、それを祀ったという。
    また、稲生り(いねなり)が転じて「イナリ」となり「稲荷」の字が宛てられた。

    都が平安京に遷されると、この地を基盤としていた秦氏が政治的な力を持ち、それにより稲荷神が広く信仰されるようになった。
    さらに、東寺建造の際に秦氏が稲荷山から木材を提供したことで、稲荷神は東寺の守護神とみなされるようになった。
    『二十二社本縁』では空海が稲荷神と直接交渉して守護神になってもらったと書かれている。

    東寺では、真言密教における荼枳尼天(だきにてん、インドの女神ダーキニー)に稲荷神を習合させ、真言宗が全国に布教されるとともに、荼枳尼天の概念も含んだ状態の稲荷信仰が全国に広まることとなった。
    荼枳尼天は人の心臓を食らう夜叉、または、羅刹の一種で、中世には霊狐と同一の存在とみなされた。
    このことにより祟り神としての側面も強くなったといわれる。

    稲の神であることから食物神の宇迦之御魂神と同一視され、後に他の食物神も習合した。
    中世以降、工業・商業が盛んになってくると、稲荷神は農業神から工業神・商業神・屋敷神など福徳開運の万能の神とみなされるようになり、勧請の方法が容易な申請方式となったため、農村だけでなく町家や武家にも盛んに勧請されるようになった。
    江戸時代には芝居の神としても敬われるようになり、芝居小屋の楽屋裏には必ず稲荷明神の祭壇が設けられるようになった。

    明治政府による神仏分離の際、多くの稲荷社は宇迦之御魂神などの神話に登場する神を祀る神社になったが、一部は荼枳尼天を本尊とする寺になった。

    稲荷寿司は「お稲荷さん」とも呼ばれており、稲荷神社の稲荷神(稲生り、つまりお米の出来を司る神様)から、俵を模した俵型の寿司が稲荷寿司となった。
    三角形の稲荷寿司が狐の耳を模しているという説もあるが、狐は肉食であって油揚げを好むわけではなく、稲荷神社の狐と関連させた後付けともされる。

     

    信仰

    稲荷神社では、2月(新暦・旧暦)最初の午の日を初午とし「初午祭」が行われる。
    これは伏見稲荷神社の祭神が降りたのが和銅4年(711年)2月の初午だったからと言われる。
    行灯に地口とそれに合わせた絵を描いた「地口行灯」を街頭に飾ることもある。

    稲荷信仰は様々である。
    神道的稲荷で祭祀者が神職で宇迦之御魂神・保食神などを祀る神社によるもの、仏教的稲荷で祭祀者が僧侶・修験者で、寺の鎮守堂で荼枳尼天を祭祀しているもの、民俗的稲荷で祭祀者が土地所有者や氏子・講員などで、狐神・山の神・水神・福神・御霊神などとして信仰されているものがある。


    その他
    ・稲荷木(とうかぎ)(稲架掛け(はさかけ)の木)と呼ぶ町が千葉県市川市にある。また「稲荷」と付く地名も日本には多くある。
    ・広島市中区円隆寺境内の稲荷大明神(とうかだいみょうじん、とうかさん)や福岡県大牟田市の稲荷神社(とうか神社)の様にいなりと読まない場合もある。
    ・構造様式分類として稲荷鳥居(inari torii いなりとりい)があり、複数の鳥居を連ね、祈りと感謝の念を表した。
    ・稲荷木落(いなりぎおとし):1850年頃(嘉永年間)に出来た中川水系の排水路。埼玉県加須市から、久喜市新井と同市八甫二丁目の境界で、中川の左岸へ合流する。
    ・出雲国風土記の飯成(いいなし)郷(現:島根県安来市)の説話では大国魂命の降臨譚が述べられており、倉稲魂命と共に意多伎神社に祀られている。
    ・和歌山県有田市(旧・糸我町)の「糸我稲荷神社」を日本最初・最古の稲荷神社とする説がある。文化7年(1810)当時の神官、林周防が寺社奉行に報告した「糸鹿社由緒」によると、創建は「37代孝徳天皇白雉3年壬子の春、社地を正南森に移し、糸鹿社と申す」とあり、伏見稲荷神社の創建より約60年も前に遡る。

                        (Wikipediaより)

     

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 00:10 | comments(0) | - |