節分・豆まき
0

    今日2月3日は節分・豆まきです。

    節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
    節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。
    江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。
    この場合、節切月日の大晦日にあたる。
    本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。
    大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。

    一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは一つ多く)豆を食べる厄除けを行う。
    また、邪気除けの柊鰯などを飾る。
    これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。

    『吉田神社追儺』 - 都年中行事画(1928年)


    概要

    季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。

    節分の行事は宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていた。

    「土牛童子」ともいわれ、大寒の日の前夜の夜半に立てられ、立春の日の前夜の夜半に撤去された。
    『延喜式』によれば、土偶(土人形の意)も土牛も、各門での大きさは同じで、土偶は高さ2尺で、方1尺5寸・厚さ2寸の板に立てる。
    土牛は高さ2尺・長さ3尺で、長さ3尺5寸・広さ1尺5寸・厚さ2寸の板に立てる。
    陽明門および待賢門には、青色のものを、美福門および朱雀門には、赤色のものを、郁芳門、皇嘉門、殷富門および達智門には、黄色のものを、藻壁門および談天門には、白色のものを、安嘉門および偉鑒門には、黒色のものを立てる。
    『公事根源』十二月には、「青色は春の色ひんかしにたつ赤色は夏のいろ南にたつ白色は秋のいろ西にたつ黒色は冬の色北にたつ四方の門にまた黄色の土牛をたてくはふるは中央土のいろなり木火金水は土ははなれぬ理有」とある。

    これは、平安時代頃から行われている「追儺」から生まれた。

    『続日本紀』慶雲三年十二月の条によると706年にこの追儀が始まり(「是年天下諸国疫疾百姓多死始作土牛大儺」とある)、室町時代に使用されていた「桃の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となって行った。

    『臥雲日件録(瑞渓周鳳)』によると、1447年に「鬼外福内」を唱えたと記されている。

    近代、上記の宮中行事が庶民に採り入れられたころから、節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、寺社で豆撒きをしたりするようになった。

    豆まき

    家庭の豆撒きで使用する豆とお面


    邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。
    宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われる。
    豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。

    豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。
    また、自分の年の数の一つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。
    初期においては豆は後方に撒くこともあったと言う。


    豆撒きの仕方

    豆を撒く際には掛け声をかける。
    1447年の「臥雲日件録」には「散熬豆因唱鬼外福内」とあるように、掛け声は通常「鬼は外、福は内」である。
    しかし、地域や神社によってバリエーションがある。
    鬼を祭神または神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としている。
    新宗教の大本は鬼神を「艮の金神(国常立尊)」と解釈しているので、同じく「鬼は内」とする。
    家庭内での豆まきに於いても、「鬼」の付く姓(比較的少数だが「鬼塚」、「鬼頭」など)の家庭もしくは鬼が付く地名の地域では「鬼は内」の掛け声が多いという。
    大名九鬼家の領地でも、藩主に敬意を表して「鬼は内」としている。
    また、丹羽氏が藩主であった旧二本松藩領内の一部では「鬼は外」と言うと「おにわそと」転じて「お丹羽、外」となるため、それを避けるために「鬼、外」と言う所がある。

    使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆(炒り豆)である。
    豆を神棚に供えてから撒く地方もある。
    炒り豆を使用するのは、節分は旧年の厄災を負って払い捨てられるものであるため、撒いた豆から芽が出ては不都合であったためであるという。
    北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒き、寺社や地域によっては餅や菓子、みかん等を投げる場合もあるが、これは「落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れない」という合理性から独自の豆撒きとなった。

    かつては、豆のほかに、米、麦、かちぐり、炭なども使用されたという。
    豆撒きとなったのは、五穀の中でも収穫量も多く、鬼を追い払うときにぶつかって立てる音や粒の大きさが適当だったからとする説もあるが定かではない。


    近代の傾向

    節分の時期になると、多くのスーパーマーケットでは節分にちなんだコーナーが設けられ、その中で福豆(ふくまめ)として売られている。
    厚紙に印刷された鬼の面が豆のおまけについている事があり、父親などがそれをかぶって鬼の役を演じて豆撒きを盛り上げる。
    しかし、元来は家長たる父親あるいは年男が豆を撒き鬼を追い払うものであった。
    豆のおまけとしてお多福の面がついてくることもある。

    小学校では5年生が年男・年女にあたる。
    そのため、5年生が中心となって豆まきの行事を行っているところも多い。
    神社仏閣と幼稚園・保育園が連携している所では園児が巫女や稚児として出る所もある。
    相撲力士を招いて(醜・しこ・四股を踏む事により、凶悪な鬼を踏みつけ鎮める悪魔祓いをする)豆撒きをする社寺もある。


    日本の節分祭・節分会

    神社では節分祭(せつぶんさい)、寺院では節分会(せちぶんえ)の呼称が一般的である。

    神社
    五條天神社(東京都台東区)- うけらの神事。大儺の儀式が催行される
    浜松八幡宮(浜松市) - 2日の夕刻に追儺式を行い、3日には豆まきを行う
    稲荷鬼王神社(東京都新宿区) - 「福は内、鬼は内」
    鬼鎮神社(埼玉県嵐山町) - 「福は内、鬼は内、悪魔は外」
    三峯神社(埼玉県秩父市) - ごもっとも神事
    箱根神社(神奈川県箱根町) - 厚化粧の少女の巫女たちが水上スキーの鬼に豆を撒く
    吉田神社(京都市左京区) - 室町時代より続く伝統行事であり、古式に則った追儺式が行われる。
    八坂神社(京都市東山区) - 舞妓の豆撒き
    大原神社(京都府福知山市三和町) - 「鬼は内、福は外」
    日吉大社(滋賀県大津市) - 破魔矢を射る「放射の儀」
    長田神社(神戸市長田区) - 七匹の鬼が、松明で種々の災を焼き尽くし太刀で不吉を切り捨て、踊る
    吉備津神社(岡山県岡山市) - 豆まきのあと焚き火を囲んでほら吹き大会-ほら吹き神事
    防府天満宮(山口県防府市) - 神くじにより御神幸祭の神牛役を定めるという牛替神事
    須佐神社(島根県出雲市) - 蘇民将来の説話にちなんで茅の輪くぐりや神楽の奉納がある

    寺院
    浅草寺(東京都台東区) - 浅草観音の前には鬼はいないとされるため「福は内」のみ、浅草に縁のある落語家・演歌歌手などが参加する。
    池上本門寺(東京都大田区) - 境内に鬼子母神を祀るので「福は内」のみ、力道山の墓所があるため格闘技関係者(プロレスラー・プロボクサー)などが出仕する。
    高幡不動尊(東京都日野市) - 不動明王の前には鬼はいないとされるため「福は内」のみ。
    高尾山薬王院(東京都八王子市) - 高尾山内や薬師如来の前には鬼はいないとされるため「福は内」のみ。
    中尊寺(岩手県平泉町) - 相撲力士を迎え、厄男厄女による厄払い招福を祈る
    龍光寺(群馬県富岡市) - 園児が厚化粧、裃を着て登場(稚児行列)
    總願寺(埼玉県加須市) - 大たいまつの赤鬼、力士、稚児行列
    成田山新勝寺(千葉県成田市) - 不動明王の前には鬼はいないとされるため「福は内」のみ、相撲力士と、その年のNHK大河ドラマの主演を含む出演者がそれぞれ5名前後参加するのが恒例となっている。
    報恩寺(千葉県長南町) - 「福は内、鬼も内、鬼の目玉ぶっ飛ばせ!!」
    川崎大師(神奈川県川崎市川崎区) - 不動明王や薬師如来の前には鬼はいないとされるため「福は内」のみ。
    最乗寺(神奈川県南足柄市) - 舞妓の豆撒き
    成田山福井別院(福井県坂井市) - 舞妓の豆撒き
    大須観音(名古屋市中区) - 鬼の面を寺宝としているため「福は内」のみ
    廬山寺(京都市上京区) - 三色の鬼が舞い踊る
    金峯山寺(奈良県吉野町) - 「福は内、鬼も内」

    その他
    鬼恋節分祭(群馬県藤岡市) - 「福は内、鬼は内」! 鬼呼び豆まき。合併で消滅した鬼石町の名にちなむ。
    鬼岩福鬼まつり(岐阜県御嵩町) - 「鬼は内」

                        (Wikipediaより)

     

     

    まめまき(豆まき)

    鬼は外 福は内♪ 節分の豆まきを歌った昭和初期の日本の唱歌

    「鬼は外 福は内(おにはそと ふくわうち)」が歌い出しの童謡『まめまき(豆まき)』は、昭和初期に「えほん唱歌」上で発表された唱歌。

     歌詞では「ぱらっ ぱらっ」と節分の豆がまかれる様子が擬音で表現され、1番では鬼がこっそり逃げていく様子が、2番では福の神を招き入れる様子が描写されている。

    えほん唱歌とは?

    童謡『まめまき』が掲載された「えほん唱歌」(絵本唱歌)とは、昭和6年から8年にかけて音楽教育書出版協会から出版された児童・幼児向け唱歌集。

    出版当時のタイトルは「ヱホンシャウカ」。
    春、夏、秋、冬の4冊が出版され、選曲には季節感が重視されている。
    『まめまき』は「冬」号に掲載された。
    『まめまき』以外の曲は現在ではあまり歌われていないようだ。

     歌詞:童謡 『まめまき』

    おにはそと
     ふくはうち
     ぱらっ ぱらっ
     ぱらっ ぱらっ
     まめのおと
     おには こっそり
     にげていく

    おにはそと
     ふくはうち
     ぱらっ ぱらっ
     ぱらっ ぱらっ
     まめのおと
     はやく おはいり
     ふくのかみ
                                         (世界の民謡・童謡より)

    https://youtu.be/tN3wkS4i6lM


    節分の豆まきの由来と作法

    節分といえば、豆まき!
    子供の頃から慣れ親しんでいるせいか、当たり前のようにやっている方が多いと思います。
    しかし、よく考えてみるとどうして?と思うことが少なくありません。
    そこで、主な疑問を解決し、正統派豆まきをマスターしてみましょう。

    【 INDEX 】
     1・どうして鬼のふんどしは虎柄なの?……豆まきに関するどうして?シリーズ
     2.豆はいくつ食べるの?……典型的な豆まきのしかた

    どうして豆まきをするの?
    本来、節分とは季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいますが、春を迎えるということは新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったため、室町時代あたりから節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。


    立春は二十四節気の最初の節気。

    季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、宮中行事として追儺(ついな)という行事が行われるようになり(俗に鬼やらいや厄払いとも呼ばれます)、その行事のひとつ豆打ちの名残りが豆まきというわけです。

    どうして鬼をやっつけるの?どうして鬼はあんな格好なの?
    「鬼」という字を「おに」と読みますが、「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来します。
    「陰」とは目に見えない気、主として邪気のことをさし、それが「おに」なのです。
    また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていたのです。

    つまり、新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

    また、十二支の丑というのも陰陽でいうと陰になり、鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角なので、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙を持ち、虎の皮のふんどしをしているのです。(※ヒョウ柄ではありませんからお間違えのないように)


    どうして大豆なの?
    大豆は五穀の一つで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。
    米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。
    また、昔々、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあります。

    ただし、豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはいけません。
    これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからで、「炒る」が「射る」にも通じます。
    つまり、「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるわけです。
    大概、節分用に市販されている大豆は炒ってありますが、一応ご注意ください。


    どうして鰯や柊も関係するの?

    柊に鰯の頭を刺した「焼嗅」。
    こんな情景も珍しくなりました。
    昔から臭いのきついものや尖ったものを厄払いに用います。
    そこで、鬼の嫌いなものは「臭い鰯(いわし)の頭」と「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」とされ、鰯の頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ焼嗅(やいかがし)という風習がうまれました。
    また、鰯を戸口で焼いて臭いをかがせることを焼嗅と呼んだり、鰯の頭を柊の枝に刺したものを柊鰯、鰯柊と呼ぶこともあります。

    最近は焼嗅を玄関先に取りつけるお宅も少なくなりましたが、家の中に飾る方は多いです。
    また、節分に鰯料理を食べる方も多く、住環境の変化とともに取り入れ方も変わりつつあるようです。

    【ちょっぴり雑学】 「鰯の頭も信心から」
    鰯の頭のようなつまらないものでも、信仰すれば非常に尊いものに思えることから、信仰心の不思議さを例えたことわざ。
    皮肉の意味で使われることが多いようです。

    ところで、豆まきってどうやりますか?
    各家庭で微妙に違う豆まきルール。
    典型的なやり方と比較してみてください。

    典型的な豆まきのしかた

     
    住宅事情もあって豆まきが出来る家庭も減少ぎみ。
    豆まきが出来ることも幸せなのかもしれません…福は内〜!
    豆まきのしかたも千差万別。
    各家庭でいつのまにかできた我が家のルールがあるものですが、典型的な(家庭版)豆まきのしかたも参考にしてみてください。

    ●1: 福豆を準備します
    ……福豆とは炒った大豆のこと。
    豆を炒り、豆まきをする夜まで枡、」または三方(神様にお供えものをする器)に入れて神棚に供えておきます。

    ●2:豆まきは夜に行います
    ……鬼は真夜中にやってくるので、豆まきは夜が適しています。必ず家族全員揃ってから行いましょう。

    ●3:豆を撒くのは一家の主人
    ……本来は家長の役目ですが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もあります。とはいえ、家族のイベントという意味合いも強いので家族全員でどうぞ。

    ●4:「鬼は外!福は内!」と豆を撒く
    ……家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒き、鬼が戻らないようすぐに戸や窓を閉めてから、「福は内!」と部屋の中に撒きます。奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにして最後は玄関まで撒きましょう(口上、回数、順番などは地方によって異なりますし、珍しい事例がたくさんあります)。胸の辺りで枡を持ち、そこから撒くような感じで撒きましょう。

    ●5:最後に豆を食べましょう
    ……豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い、自分の年齢よりも1つ多く豆を食べます(新しい年の厄払いなので1つ多く食べる、いわゆる 数え年として1つ多く食べる、もともとが数え年と考え新年の分を加えて2つ多く食べる、満年齢のまま食べるなど、地方によって異なる場合もあります)。数が多くて豆が食べきれない場合には、福茶を飲む方法でも構いません。(→節分の豆の食べ方…福茶でhappy!)

                        (ALL ABOUT 暮らしより)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:32 | comments(0) | - |