立春
0

    今日2月4日は立春です。

     

    めじろイメージ画像

    立春(りっしゅん)は、二十四節気の第1。
    正月節(旧暦12月後半から1月前半)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が315度のときで2月4日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
    恒気法では冬至から1/8年(約45.66日)後で2月5日ごろ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の雨水前日までである。


    季節

    春の初め。
    『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。
    冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる。
    九州など暖かい地方では梅が咲き始める。
    この日が寒さの頂点となり、翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。
    そもそも春とは「寒さが増さなくなった時期」として定められたため、春の初頭は当然に寒さが底を打った時期になる。
    よって立春の頃に「暦の上では春なのにまだ寒い」と言い交わすことは、新暦5月頃に見事な""五月晴れ""と言い交わす事と同様本義をわきまえない言い方と言える。

     

    立春は八十八夜、二百十日、二百二十日など、雑節の起算日(第1日目)となっている。
    立春から春分の間にその年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風を春一番と呼ぶ。
    桜の開花時期は、立春からの最高気温の合計が540℃という概算法がある(ほかに、元日からの平均気温の合計が600℃、2月1日からの最高気温の合計が600℃という方法もある)。

    一般的な節分とは、立春の前日のことである。
    立春の早朝、禅寺では門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣がある。
    また、中国では立春の日に春餅(チュンビン)を食べる習慣がある。
    また、地域によるが節分の日までが日本で一番寒い時期であり、初めて気温が上昇傾向になる日が立春である。

     

    旧暦と立春

    立春は旧暦1月1日だという勘違いがあるが、ほとんどの場合は正しくない。
    旧暦1日は必ず朔(新月)だが、立春は朔に関係なく定められるため、多くの年は1日にならない。
    ただし約30年に1度、立春が朔と重なり、旧暦1月1日になる年がある(朔旦立春)。
    近年は1954年・1992年がそうで、次は2038年と予測される。

    旧暦(中国・日本の太陰太陽暦)では元日が立春前後に置かれる。
    それは立春のころを年初にし、春の始まりと年の始まりを一致させるためである。
    これを夏正(かせい)という。
    古代中国夏王朝の正月という意である。
    平気法ではそのために、立春の次の雨水を含む月を正月(1月)とする。
    定気法での月名の定義はやや複雑だが、結果はやはり、雨水を含む月が正月となる。

    節切りにあっては立春が年初となる。
    四柱推命や風水などの占いでは、節分までは前年に属し、立春をもって年が改まるとしているものが多い。
    節分の豆撒きは立春を年初として、新しい年の幸運を願っての昔からの習慣である。

    二十四節気の「立春」は、『暦便覧』では「春の気立つを以って也」とされるが、
    時候的な解説では、「大寒から立春までは一年のうちで最も寒い季節であり、立春を過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が忍び入ってくる」とされるのが一般的である。
    ただ注意が必要なのは、このような気象的事象のゆえに「立春」が定められたのではなく、冬至から春分への中間点として、暦法上の要請から定められたものだということである。

    春の区分は、西欧では習慣的に暑くも寒くもない季節、つまり、春分から夏至までを spring とするのに対し、古代中国では昼夜の長短のピークとなる二至(夏至、冬至)と、昼夜の長さがほぼ同じとなる二分(春分、秋分)を各季節の中心とし、これらの中間に各季節の区切りとして四立(立春、立夏、立秋、立冬)を設けた。
    したがって、両者の季節の区切りは約1.5か月ずれていることになる。
    なお、日本の気象庁では、3月 - 5月が春、6月 - 8月が夏、9月 - 11月が秋、12月 - 2月が冬としている。


    新年立春と年内立春

    立春の旧暦での日付は大まかに言って、半分の年では新年1月の前半、半分の年では旧年12月(あるいは希に閏12月)の後半である。
    旧年12月(または閏12月)の立春を年内立春、新年1月の立春を新年立春と呼ぶ。
    また特に旧暦1月1日にあたる場合を朔旦立春(さくたんりっしゅん)と呼び、非常に縁起のよい日とされている。

    より正確に言えば、立春の次の節気である雨水を含む暦月が1月なので、立春翌日から雨水当日までの約半月間に朔(新月)があれば、立春は前年12月(または閏12月)なので年内立春であり、その期間に朔がなければ立春は1月であり新年立春となる。

    このように旧暦では年の初めか終わりに立春があり、年によっては2回立春がある反面、立春がない年も発生する。
    この立春のない年を盲年と呼び、結婚には不向きであるとの伝承がある。

    近年の立春の旧暦での日付は次のとおり(未来は予測)。
    19年周期(メトン周期)でほぼ同じ日付が繰り返され、近年では19年中10年が年内立春、9年が新年立春である。

     

    七十二候

    立春の期間の七十二候は以下のとおり。
     初候
      東風解凍(はるかぜ こおりを とく):東風が厚い氷を解かし始める(日本・中国)
     次候
      黄鶯睍察覆Δ阿い なく):鶯が山里で鳴き始める(日本)

    黄鶯睍擦イメージ画像
      蟄虫始振(ちっちゅう はじめて ふるう):冬蘢りの虫が動き始める(中国)
     末候
      魚上氷(うお こおりを のぼる):割れた氷の間から魚が飛び出る(日本・中国)

    魚氷に上るイメージ画像

                        (Wikipediaより)

     

     


    立春(りっしゅん)
     
    2月4日頃(2016年は2月4日)。
    および雨水までの期間。旧暦の正月の節。
    太陽黄径315度
    大寒から数えて15日目頃。

    立春が一年の始めとされ、決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。
    八十八夜、二百十日、二百二十日も立春から数えます。

    冬至と春分の真ん中で、まだまだ寒いですが、暦の上では旧冬と新春の境い目にあたり、この日から春になります。
    梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の始まりとなります。

    立春の早朝、禅寺では、入口に「立春大吉」と書いた紙札を貼る習慣があります。
    厄除けとして、家の鬼門にこの紙札を貼るご家庭もあります。

    「寒中見舞い」は立春の前日まで。
    以降は「余寒見舞い」(2月下旬頃まで)になります。

     

    立春大吉
     「立春大吉」の文字が左右対称で縁起が良く、一年間災難に遭わないといわれています。 

      
    年内立春
    年によっては、旧暦の正月の前に立春を迎えることがあり、これを年内立春といいます。
    立春が旧暦の正月(旧正月)以降に来る場合は新年立春といいます。
    旧暦の元日=立春の日ではありません。 

     


                                               (日本の行事・暦より)

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 02:13 | comments(0) | - |