旧正月・春節
0

    今日2月5日は、旧正月・春節です。

     

    旧正月

          北京東城区の地壇公園での旧正月

     

    旧正月(きゅうしょうがつ)は、旧暦の正月(年初)。
    旧暦元日(旧暦1月1日)、またはそれから始まる数日間のことである。

     

    概説

    ここで言う旧暦とは、狭義には、中国・日本・朝鮮半島・ベトナム等でかつて使われていた、中国暦およびその変種のこと(基本的に中華圏では時憲暦、日本では天保暦を指す)であるが、下述するように、広義には、モンゴルのチベット仏教暦、東南アジア諸国の上座部仏教暦のように、他の地域・文化圏の旧暦を含む場合もある。

    旧暦1月1日は、通常雨水(2月19日ごろ)の直前の朔日であり、1月21日ごろから2月20日ごろまでを毎年移動する。
    旧暦で平年だった年は翌年の旧正月は約11日後退し、閏月があれば約18日進む。

    中国大陸・香港・台灣・韓国・ベトナム・モンゴル・ブルネイ等では、最も重要な祝祭日の一つであり、グレゴリオ暦(新暦)の正月よりずっと盛大に祝われる。
    ほかに、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ミャンマーなど中華圏の影響の強い華人(中国系住民)の多い東南アジア諸国、世界各地の中華街などではChinese New Yearとして祝われる。
    ただし日本では、沖縄・奄美の一部地域や中華街等を除けば、現在はグレゴリオ暦の正月が祝われることが多い。

    なお、旧正月は全ての国や地域で同じ日とは限らない。
    これらについては後で詳細に述べる。
    ・日本・ベトナム等の旧正月は、時差により、中国標準時を使っている他国と異なることがある。
    ・モンゴルの旧正月は、中国暦とは別系統のモンゴル暦(en)の年初なので、他国と異なることが多い。

     

    中国文化圏
    日本語 - 旧正月(きゅうしょうがつ)
    中国語 - 春節(簡体字では春节、繁体字では春節)、新年(新年、新年)、新春(新春、新春)、大年(大年、大年)、農暦年(农历年、農曆年)、農暦新年(农历新年、農曆新年)、旧暦年(旧历年、舊曆年)、元旦(元旦、元旦)
    朝鮮語 - ソルラル(설날)、ソル(설)、陰暦ソル(음력설(陰歷설))、クジョン(旧正、구정)(韓国語版)、北朝鮮ではソルミョンジョル(설명절(설名節))と呼ばれることが多い。
    ベトナム語 - テト(Tết、漢字では節)、テトグェンダン(Tết Nguyên Đán、節元旦)(en)
    英語 - Chinese New Year (CNY)、Lunar New Year、Chinese Lunar New Year、Spring Festival、Tet(ベトナムの)、○○(国名の形容詞) New Year

    中国では、1911年の辛亥革命後、翌1912年の中華民国の成立時に太陽暦が正式に採用され、元旦は新暦の1月1日へ移動し、旧暦1月1日は「春節」とされ現在に至る。
    そのため2013年は、1913年に始まった「春節」の百年記念とされた。
    関連語として、旧暦大晦日の晩の人気テレビ番組は春晩、春節に伴う民族の大移動は春運などと表現される。

    英語では、Chinese New Yearは中国に限らず中国暦(およびその変種)での旧正月の総称として使える。
    ただし、モンゴルの旧正月は中国暦ではないので含まない。

    Lunar New Yearは、中国暦・モンゴル暦のみならずイスラム暦などを含む、太陰暦・太陰太陽暦一般の年初の総称である。
    各国の旧正月を特にいう場合は、Korean New Yearなどともいえる。
    テト攻勢により、ベトナムの旧正月はTetで通じる。

    Japanese New Yearは日本でのグレゴリオ暦の正月を意味するので、旧正月を意味するには Traditional Japanese New Year という必要がある。

     

             ロンドンのチャイナタウンでの旧正月

     

    チベット仏教圏
    モンゴル語 - ツァガーンサル (Tsagaan Sar、白い月の意味)

    モンゴル語のツァガーンサルは、「モンゴル暦(en)の年初」の名称であって、他国語での旧正月の名称とイコールで結ばれるものではない。

     

    上座部仏教圏
    タイ語 - ソンクラーン
    ビルマ語 - シンジャン(ティンジャン)
    スリランカ - スリランカの新年
    カンボジア - カンボジアの新年
    ラオス - ラオスの新年

     

    休日

    旧正月が国の休日となっているのは、中国・韓国・北朝鮮・ベトナム・シンガポール・マレーシア・インドネシア・ブルネイとモンゴルである。
    以下の国や地域では、休日は複数日にわたる。
    中国本土 - 法律上は春節から3日だが、一般的に旧暦大晦日から7連休
    香港・マカオ - 旧暦1月3日まで(その3日間に日曜日があるときは旧暦大晦日も)
    中華民国(台湾) - 旧暦1月5日まで
    大韓民国 - 旧暦大晦日から旧暦1月2日まで
    ベトナム - 旧暦大晦日から旧暦1月3日までだが、官公庁や民間企業では、前後1週間程度を休日にする。

     

    風俗

    中華圏

    詳細は「春節」を参照

     


    旧正月の日付

    中国の春節を基本にし、日本やベトナムで異なる年は注記する。
    モンゴルでは大きく異なるので、後述する。

    2000年2月5日
    2001年1月24日
    2002年2月12日
    2003年2月1日
    2004年1月22日
    2005年2月9日
    2006年1月29日
    2007年2月18日(ベトナムでは2月17日)
    2008年2月7日
    2009年1月26日
    2010年2月14日
    2011年2月3日
    2012年1月23日
    2013年2月10日
    2014年1月31日
    2015年2月19日
    2016年2月8日
    2017年1月28日
    2018年2月16日
    2019年2月5日
    2020年1月25日
    2021年2月12日
    2022年2月1日
    2023年1月22日
    2024年2月10日
    2025年1月29日
    2026年2月17日
    2027年2月6日(日本では2月7日)
    2028年1月26日(日本では1月27日)
    2029年2月13日
    2030年2月3日(ベトナムでは2月2日)
    2031年1月23日
    2032年2月11日
    2033年1月31日
    2034年2月19日(旧暦2033年問題の影響を受けるが、日本でも2月19日が有力。)
    2035年2月8日
    2036年1月28日
    2037年2月15日
    2038年2月4日
    2039年1月24日
    2040年2月12日
    2041年2月1日
    2042年1月22日
    2043年2月10日
    2044年1月30日
    2045年2月17日
    2046年2月6日
    2047年1月26日
    2048年2月14日
    2049年2月2日
    2050年1月23日
    2051年2月11日
    2052年2月1日
    2053年2月19日
    2054年2月8日
    2055年1月28日
    2056年2月15日

    各国の違い

    日本と中国、ベトナムでの日付の違い

    中国暦は天体の運行を元にしており、朔や中気がどの日に起こるかで、月の始まりや月名を決める。
    これらの天文現象が観測されるのは世界同時だが、時差により、世界中で同じ日ではない。
    それにより、旧正月が国によって違うことがある。
    たとえば、2007年の雨水の直前の朔が起こったとき、日本(日本標準時、UTC+9)や中国(中国標準時、UTC+8)ではもう2月18日だったが、ベトナム(ベトナム標準時、UTC+7)ではまだ2月17日だった。
    そのため、日本の旧正月や中国の春節は2月18日、ベトナムのテトは2月17日となった。
    このようなずれは、時差1時間あたり、平均して24年に1度ある。21世紀前半では、中国とベトナムの間では2007年と2030年、中国と日本の間では2027年と2028年に起こり、東側の国の旧正月が西側の国より1日遅れる。
    ごく希なことではあるが、旧正月が約1朔望月(29日 - 30日)ずれることもある。
    これは、朔の前24時間以内に中気が起こるときにありうる。
    月名の決定を朔の瞬間と中気の瞬間の比較で考えるとこのようなことはありえないが、正確には朔の瞬間ではなく「朔日の0時」と中気の比較である。観測場所によって「朔日の0時」に時差があるため、中気が朔と同じ日なのかあるいは前の日(すなわち前の月の晦日)なのか異なる場合があり、月名がずれることになる。

    さらに、日本と他国の間では、中国の旧暦である時憲暦(正確には1811年の修正以前の置閏法の時憲暦)と日本の旧暦である天保暦(1811年に修正された後の時憲暦の置閏法を導入して作られた。)との間の置閏法の違いが月のずれを引き起こすことがありうる。
    なお、天保暦(及び1811年に修正された後の時憲暦)の置閏法に欠陥があり、さらに日本では旧暦の公的管理がなされていないため、2034年、2148年、2224年等の日本の旧正月は日付を決定するのが困難である。(旧暦2033年問題参照)(中国においては祝日である春節を決定するために旧暦の公的管理がなされている。) 日本とベトナムとモンゴル以外は、現地の標準時にかかわらず旧暦の計算に中国標準時を使っていて、暦法も同じなので、旧正月は常に一致する。

     

    日本の旧正月

    日本で旧正月は祝日休日になっていない。

    沖縄県(名護市、糸満市などにおける漁師町が特に顕著)、南西諸島を除く日本の旧正月は、一部の神社の祭典や寺での行事が残っているのを除いて特に話題に上ることは少ない。
    しかし、マスメディアで時々報道されるため、日本でも旧正月という言葉自体は残っている。

    杉浦明平の『海の見える村の一年』(岩波新書、1960年)は、著者が住んでいた愛知県渥美郡福江町(現田原市)の記録であるが、その中に、今年から正月の行事を新暦で行うようになったという記述があるので、1950年代には、地方によっては旧正月で行事を行っていた地域もあったと考えられる。

    2010年代から中国人を中心とした旅行客が同時期に日本に集中するようになり、インバウンド消費に貢献した。
    航空券価格の高騰、秋葉原・銀座などにおける電機店・百貨店での爆買いや温泉街・スキーにおける混雑が見られた。
    2015年2月の旧正月時期には、訪日観光客数が単月過去最高の1,387,000人となり、中でも中国からの観光客が前年同月比約2.6倍の359,100人で、中国からの観光客数が初めて30万人を越えた。

     

    モンゴルの旧正月

    モンゴルでは、モンゴル暦の年初であるツァガーンサルが国の祝日となっている。
    モンゴル暦は、インドの暦に起源を持つチベットの太陰太陽暦である時輪暦の一種で、ラマ教(チベット仏教)の宗教行事などに使われている。
    ツァガーンサルの日付は宗教的に決定され、前年に発表される。
    中国などの春節と一致する年も多いが、しばしば1日または1朔望月ずれる。
    常に朔日というわけではなく、少しずれることがある。

    ツァガーンサルの日付は以下のとおり。春節と異なる年は、春節をカッコ内に付記した。
    2003年2月2日(2月1日)
    2004年2月21日(1月22日)
    2005年2月9日
    2006年1月30日(1月29日)
    2007年2月18日
    2008年2月7日

     

    正教会の旧正月

    正教会のうち、ロシア正教会、エルサレム総主教庁、グルジア正教会、セルビア正教会、アトス山などは1月14日を正月として祝う。
    これらの教会が採用しているユリウス暦は現行のグレゴリオ暦と現在13日の乖離があり、ユリウス暦の元日に相当する日付は西暦2100年まではグレゴリオ暦の1月14日である。
    この正月も日本では旧正月と呼ばれる。

                         (Wikipediaより)

     

     

    春節

       春節の風景(神戸南京町)

     

    春節(しゅんせつ、簡体字: 春节 繁体字: 春節 拼音: Chūnjié チュンチエ 注音:ㄔㄨㄣㄐㄧㄝˊ)とは、中国・中華圏における旧暦(時憲暦)の正月(旧正月)である。
    中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国のみならずシンガポールや大韓民国など9か国では数日間の祝日が設定されている。

     

    表現

    春節は中国では過年とも表現され混同されているが、民間での習慣では過年は旧暦12月23日の祭竈(一部地方では12月8日の臘祭)から旧暦正月15日の元宵節までの期間を示すものである。

    春節は正月初一を示す言葉であり、古代においては元旦と称されていた。
    元とは始まるの意味であり、旦とは日の出を示す象形であることから、元旦は最初に日が昇る一日、すなわち正月を示す言葉となった。

    また春節は年、月、日の始まりであることから「三元」とも、それぞれの最初の朝であることから「三朝」とも称されることがある。

                      春節の風景(シンガポール)

     

    由来

    古代中国では年末年初に臘祭を行い先祖や衆神への祭祀が行われ、合わせて豊作を祈念することが一般的に行われていた。

    『書経』には舜が正月に臣下を率いて天を祭祀したことを記す。
    伝説では正月がいつであるかは王朝によって異なり、夏代は夏暦の元月を正月としていたが、殷代になると夏暦の十二月を正月とされ、周代になると十一月を正月としたという。
    秦代になり十月を瑞月(始皇帝の名の政と同音の「正」を避諱して「瑞」に改めた)とした。
    前漢の武帝の代に行われた太初改暦の際に夏暦の元月を正月に定められ、それは清滅亡まで続いた。

    清滅亡後に成立した中華民国では暦法に西洋諸国と同じグレゴリオ暦が採用され、1912年1月1日を民国元年1月1日とする暦法が採用された。
    その後の国共内戦を経て中華人民共和国が成立する直前の1949年9月27日、中国人民政治協商会議第一次全体会議において、新中国成立の際にはグレゴリオ暦を採用することが決定され、新暦の1月1日を元旦、旧暦の正月初一を春節とすることが決定され現在に至っている。

     

    伝承

    春節の来歴に関しては、万年という人物の伝承が民間に伝わっている。

    勤労かつ善良な少年であった万年は、生活の中で樹木の陰影が時期により移動することや水滴の滴る様を見て時間に対する規律性を発見した。
    当時の民衆は時間に対する規律性を知らなかったために、農業などで大きな不便を感じていた。
    万年はこれらの事象から四季を区別し、草暦を編み出した。
    草暦を知った天子はこれを賞賛し春を一年の最初とし、春節と名付けることを命じた。

    その後万年は不完全であった草暦を完全なものとするため研究を続け、老人になり更に正確な暦を作成、その功労として天子によりそれは万年暦と命名され、万年は寿星に封じられた。
    人々は春節を迎えることを過年と表現し、家々では寿星図を準備し万年の功績をしのんだとされる。

     

    習慣

    伝統的には、春節に先立つ行事として旧暦12月24日(23日とも)に大掃除をして竈の神を祭る。

    春節の前日を除夕と呼び、特別な食事を食べる。
    一般に鶏(吉と同音)や魚(余と同音で、「年年有余」を意味するとされる)を食べるとされるが、広大な中国の中では地方により正月料理も大きく異なる。
    北方では餃子が知られており、南方では一年が甘くなるようにとの願いを込めて糖蓮子(zh)や元宵(中国語版)、糖年糕(中国語版)を食べる習慣がある。

    家の入り口には春聯や年画などを貼り、また窓などに剪紙(切り絵)を貼る。
    爆竹を盛大に鳴らすのは中華圏の春節の特徴である。
    芸能としては獅子舞が踊られる。

    春節での習慣としては、起床後に年配者に対して長寿を祝う言葉を述べ、その後近隣住民や知人と春節を祝う言葉を述べ合うものがある(拝年)。
    子供には赤い袋(紅包)にはいった圧歳銭(お年玉)を渡す。

    家庭では春節用の衣装を用意し、新年の華やかさを演出するだけでなく、新年に幸運をもたらす意味を持たせている。

    春節では家族の団欒が重んじられるため、春節前後は帰省者によって交通量が極端に増える。
    これを春運と呼ぶ。
    それとともに、春節の休暇期間を利用して観光旅行をする人々も多い。
    日本でも2010年代頃から中国人を中心に同時期の訪日観光客が増え、爆買いからインバウンド消費に貢献した。
    2月単月で1百万人を超え、航空券やホテル代などの高騰が見られた。

     

    法律

    正月前後が国民の休日となる国は、現在9か国ある。
    中華人民共和国(香港、マカオも含め)

    中国では春節は国定祝日とされ、2008年1月に施行された新しい『労働契約法(労動合同法)』では春節から3日間を祝日と定めた。
    2015年からは除夕から始まる7日間を祝日としている。

    一般に企業は春節の前後7日を長期休暇としており、その前後は都市部から地方に帰省する人々で、中国の公共機関は大混雑となる(春運)。
    中華民国
    大韓民国
    朝鮮民主主義人民共和国
    ベトナム
    シンガポール
    マレーシア
    インドネシア
    ブルネイ
    モンゴル
                        (Wikipediaより)

     

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 02:36 | comments(0) | - |