桃の節句、ひな祭り
0

    今日3月3日は桃の節句です。

     

     

     

     

    上巳(じょうし/じょうみ)とは、五節句の一つ。
    3月3日。
    旧暦の3月3日は桃の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれる。

     

     

    「桃の節句」の起源は平安時代より前であり、京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりとされている。

    やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり発展して行った。
    その後、紙製の小さな人の形(形代)を作ってそれに穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼になった。
    この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。

    元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句(菖蒲の節句)は「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。
     
    節句
    人日(1月7日)
    上巳(3月3日)
    端午(5月5日)
    七夕(7月7日)
    重陽(9月9日)

                        (Wikipediaより)

     


    桃の節句 ●

    3月3日。

    女の子の節句。
    ※男の子は端午の節句。

    元々は「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」といわれていました。
     
    起源は古来中国の上巳節。上巳とは、3月上旬の巳の日という意味です。
    中国では、上巳(じょうし・じょうみ)の日に、川で身を清め、不浄を祓った後に宴を催す習慣がありました。
    これが平安時代日本に伝わり、宮中の「人形遊び」と結びつき「流し雛」へと発展したといわれています。
     
    ひなまつり
    中国の上巳の祓いが伝わる以前から、日本の貴族社会では「雛遊び(ひいなあそび)」というものがあり、平安の中期に盛んに行われていたようです。
    当時は大人の遊びでしたが、次第に子供たちの世界に広まりました。
    現在のように、段を組んだり豪華な飾りを施すようになったのは江戸時代に入ってから。
    江戸時代の初期に、京都の御所で盛大な「ひなまつり」が催されて以降、江戸の武家社会にも広まり、庶民の間にも定着していったとされています。
    ひな人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀ります。

    ひな祭りの料理はやはり、ちらし寿司と蛤のお吸い物ですね。
    蛤は女の子の美徳と貞節を意味するもので、ちらし寿司の具である蓮(れんこん)やエビも縁起がいいものとされ、お祝い事には良く使われます。

     

    すぐに片づけないとお嫁にいけない?
    節句が終わったらすぐにひな人形を片付けないとお嫁に行くのが遅れるという俗説がありますが、地域によっては旧暦(4月上旬)に行うところもあり、全く根拠のない言い伝えです。
    とはいえ、いつまでも飾っていると季節感がなくなりますし、お客様がいらした時に、だらしないという印象を持たれてしまうことにもなりますので、そのへんはちょっと気を配りたいところです。
    「きちんと片付けなさい」という教えかもしれませんね。 ※晴れた日を選びましょう。

    では、飾るのはいつがいいのでしょう。
    地方によっても違うようですが、雨水の日に飾ると、良縁に恵まれると言われています。

     

     菱餅イメージ
     

    ・ひな人形を飾る。 ※雨水の日に飾りましょう。
    ・桃の花を生ける。
    ・ちらし寿司、蛤のお吸い物、菱餅、白酒、ひなあられをいただく。
    ・初節句の場合は、両家の祖父母を招いてお祝いをする。
    ※お祝いの仕方は、それぞれの家、地方によって異なります。
      また、このようにお祝いをしないといけないというものではありませんので、
      これらを参考に、楽しく過ごしてください。


    ちらし寿司 菱餅 白酒 ひなあられ 蛤

    ひな祭りの料理はやはり、ちらし寿司と蛤のお吸い物ですね。
    蛤は女の子の美徳と貞節を意味するもので、ちらし寿司の具である蓮(れんこん)やエビも縁起がいいものとされ、
    お祝い事には良く使われます。
                          (日本の行事・暦より)
     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:58 | comments(0) | - |