第3番札所 亀光山 釈迦院 金泉寺 本堂
0

    平成22年3月21日

     

    本堂を橋の方から見ました。

     

     

    ブーツ姿でお詣りするんですね。

     

     

    御本尊 釈迦如来

     

    金泉寺の歴史・由来

    聖武天皇(在位724〜49)の勅願により行基菩薩が寺塔を建立し、「金光明寺」と命名されたと伝えられる。

    そのころの本尊は高さ約91センチの釈迦如来像で、脇侍に阿弥陀如来、薬師如来の三尊像を安置して開基したという。

    弘仁年間(810〜24)になって弘法大師が四国を巡教された際、村の人たちが日照りに苦しんでいるのを見て、この地に井戸を掘られた。

    この井戸から湧き出た水は霊水で、「長寿をもたらす黄金の井戸」とされ、寺名の「金光明寺」を改め、「金泉寺」とした。

    その後、亀山天皇(在位1259〜74)が法皇になられ、弘法大師を篤く信仰されて各地の霊跡を巡拝、金泉寺にもしばらく滞在された。

     

     

    その間に、京都の三十三間堂(蓮華王院)に倣ならった堂舎を建立し、1,000の千手観音像を祀られ、背後の山を「亀山」と命名し、山号も「亀光山」と改めた。

    この堂舎には経蔵がおかれ、学僧たちで賑わったという。

    以来、皇室との縁が深く、長慶天皇(在位1368〜83)の御陵も本堂裏にある。

    また、源平合戦(元暦2年=1185)のおり、源義経が屋島に向かう途中に金泉寺に立ち寄り、戦勝開運の祈願をしたと『源平盛衰記』に伝えられている。

    本堂の左手にある慈母観音子安大師は、義経の祈願所ではあるが、境内西隣にある「弁慶石」もその一つで、義経が弁慶の力試しに持ち上げさせたと伝えられている。

    すこやかに育てと願う親心の観音菩薩。

    いまも人生の開運を願う参詣者が多く訪れる。

                        (四国八十八ヶ所霊場公式HPより)

     

     

    御詠歌

    極楽の宝の池を思えただ
    黄金の泉すみたたえたる

     

    posted by: 1513neoya | 歩きお遍路 | 04:18 | comments(0) | - |