第4番札所 黒巌山 遍照院 大日寺に向けて 岩田ツヤ子の碑  
0

    平成22年3月21日

     

    四ばんみち →

     

     

    変体仮名

    は者

     

     

    川に沿って道は続いています。

     

     

    四国六十八度目

     

     

    佐賀縣小杵郡松木村

    明治三十四年

     

     

    四国六十八度目

     

    明治の時代に四国を68回も歩いているんですか。

     

     

    ← へんろ →

     

     

    へんろ道

     

     

    へんろ道 →

     

     

    まだまだ遍路道は続きます。

     

     

    田んぼの畦道から山道に入りました。

     

     

    岩田ツヤ子の碑 (明治三十九年〜平成九年没)

     

     第二次世界大戦中、国の方策に依り、藍作りは

    食糧増産の為、禁止作物となった。

     藍は一年草の為、毎年種を採り続けないと途絶

    えてしまう。叔父 佐藤平助の依頼を受け、憲兵

    警察の目を逃れ、命がけでこの地に於て五・六年

    間種を採り続けた。

     捨て身の努力で守られた藍種に依り、戦後一早

    く佐藤家で藍作りが復活した。

      平成十三年十一月

        施主 日本藍染文化協会会長 佐藤昭人

     

     

     四國第四番

       是ヨリ 十七丁

     明治十二卯年八月廿六日

     馬頭観音

       施主 盡狂彁囲

     

    posted by: 1513neoya | 歩きお遍路 | 07:54 | comments(0) | - |