清明
0

    今日4月5日は清明です。

     

    清明(せいめい)は、二十四節気の第5。
    三月節(旧暦2月後半から3月前半)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が15度のときで4月5日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
    恒気法では冬至から7/24年(約106.53日)後で4月7日ごろ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の穀雨前日までである。

    栄螺イメージ画像
    季節

    万物がすがすがしく明るく美しいころ。

    『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。

    様々な花が咲き乱れ、お花見シーズンになる。

     

    アネモネイメージ画像

    風俗

    中国における清明節は祖先の墓を参り、草むしりをして墓を掃除する日であり、「掃墓節」とも呼ばれた。
    日本におけるお盆に当たる年中行事である。
    また、春を迎えて郊外を散策する日であり、「踏青節」とも呼ばれた。
    『白蛇伝』で許仙と白娘子が出会ったのも清明節でにぎわう杭州の郊外であった。
    また清明節前に摘んだ茶葉を「明前茶」、清明から穀雨までの茶葉を「雨前茶」、穀雨以後の茶葉を「雨後茶」という。
    中国で緑茶は清明節に近い時期に摘むほど、香りと甘みがあり、高級とされている。

    沖縄県では「シーミー」(首里地方では「ウシーミー(御清明)」)と発音し清明祭ともいう。
    中国の風習と同様にお墓の掃除をするとともに墓参を行い、まるでピクニックのような雰囲気で親類が揃って墓前で祖先と共に食事(餅や豚肉料理、お菓子、果物など)を楽しむ風習がある(墓庭が100坪あることもある)。

     

    七十二候

    清明の期間の七十二候は以下の通り。
     初候
      玄鳥至(げんちょう いたる) : 燕が南からやって来る(日本)

    玄鳥至るイメージ画像
      桐始華(きり はじめて はなさく) : 桐の花が咲き始める(中国)
     次候
      鴻雁北(こうがん きたす) : 雁が北へ渡って行く(日本)

    鴻雁北へかえるイメージ画像
      田鼠化為鴽(でんそ けして うずらと なる) : 熊鼠が鶉になる(中国)
     末候
      虹始見(にじ はじめて あらわる) : 雨の後に虹が出始める(日本・中国)

    虹始めて見るイメージ画像
                        (Wikipediaより)

     

    清明

    4月5日頃。
    および穀雨までの期間。
    太陽黄径15度
    春分から数えて15日目頃。

    春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したもの。

    万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。
    この頃は桜の花が咲きほこり、お花見のシーズンでもありますね。
    南の地方ではつばめが渡って来る頃。
    雨が多い時季で、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもします。

    沖縄では「清明祭(シーミー)」といって、墓前に親族が集まり、酒・茶・お重を供えた後、皆でご馳走をいただく習慣があるそうです。


    「清明祭(シーミー)」
    沖縄の三大行事の一つ。
    中国から伝わったとされ「清明の節」の期間に先祖のお墓に親戚が集まり、お線香やお花、重箱につめた料理をお供えし供養します。
    基本的には清明の入りから15日以内に行うのが基本ですが、現代では休日に行うことが多ようです。
    沖縄のお墓の前は「清明祭」をするための広いスペースがちゃんと設けてあります。
    ここで、お重を囲んで宴が催されるのだそうです。
    気候もいい頃ですし、今ではピクニック感覚でどのお墓もとても賑やかだとか。

    清明風
    春分の後に、巽(東南)から吹いてくる穏やかな風。
    北風の吹く季節が終わり、暖かい春になることを示します。
     
    発火雨(はっかう)
    清明の頃に、やわらかく静かに降る雨のこと。
    「桃花(とうか)の雨」「杏花雨(きょうかう)」ともいいます。

                        (日本の行事・暦より)

    みつばイメージ画像

    清明

    読み方は「せいめい」です。

    「清浄明潔(しょうじょうめいけつ・春先の清らかで生き生きとした様子)」を略したもので、万物が清々しく明るく美しく、桜の花が咲き誇り、南の方ではつばめが渡ってくるころです。

    この時期に吹く穏やかな南東の風を「清明風(せいめいふう)」といい、春の到来を告げる風です。

    毎年4月5日ごろが清明で、この日だけを指す場合もあれば、この日から穀雨(こくう・毎年4月20日ごろ)の前日までの期間を指す場合もあります。

    二十四節気は太陽の動きを基準に決められるため、毎年同じ日になるわけではなく、平成28年の清明は4月4日です。

    また、期間では4月4日から4月19日までです。


    沖縄では「清明祭(シーミー)」という行事があり、墓前に親族が集まり、お線香やお花、お酒やお茶、重箱につめた料理をお供えして供養し、みんなでご馳走をいただく習慣があるそうです。
                        (日本文化研究ブログより)

     

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:55 | comments(0) | - |