即位の礼  令和
0

    今日、5月1日は即位の礼が行われます。

    そして元号が令和になります。

     

    即位の礼(そくいのれい)または即位礼(そくいれい)は、日本の天皇が践祚(せんそ)後、皇位を継承したことを国の内外に示す(即位)一連の国事行為たる儀式で、最高の皇室儀礼。

    中心儀式の即位礼正殿の儀は、諸外国における戴冠式、即位式にあたる。

    即位の礼後に、五穀豊穣を感謝し、その継続を祈る一代一度の大嘗祭が行われ、即位の礼・大嘗祭と一連の儀式を合わせ御大礼(ごたいれい)または御大典(ごたいてん)とも称される。

     

    概要

    皇嗣が新たに皇位に就くことを「即位」というが、古代では神へ寿詞(よごと)を奏上し、神璽を献納する事を中心とした、簡素なものであったが、平安時代に「皇位の継承」である「践祚」と「即位」が別の儀式として行われるようになり、唐風の儀式が江戸時代まで続いた。

    即位にかかる儀式全般を即位儀礼というが、これは皇嗣が即位する「践祚の儀」と即位したことを内外に宣下する「即位の礼」に分かれる。

    明治時代の明治12年(1889年)に制定された旧「皇室典範」に属する登極令によって儀式の内容が細かく規定されたが、(昭和22年)に、同令は旧皇室典範と共に廃止となった為、現行の新「皇室典範」でも即位の礼を行う定めがあるにも拘らず、内容についての具体的規定は無い。

    そのため、大嘗祭をどの様に行うのか、昭和天皇の崩御前後から、様々な(政治・思想的)立場から論議が起きた。

    明治維新による近代化以降の現代に至る、明治時代・大正時代・昭和時代・平成時代と、他の重要な「皇室慶弔行事」と同様に、即位の礼の挙行日は、その年限りの祝日となることが慣例となっている。

    大日本帝国憲法下で即位の礼を行った大正天皇と昭和天皇の時には勅令により、日本国憲法下で即位の礼を行った今上天皇の即位の礼の時は法律によって、祝日として定められた。

     

    今上天皇の剣璽等承継の儀。

    即位の礼はこの儀式から始まる。

     

    今上天皇以来、即位の礼は「剣璽等承継の儀」、「即位後朝見の儀」、「即位礼正殿の儀」、「祝賀御列の儀」、「饗宴の儀」の五つの儀式から構成され、これらは全て国事行為である。

     

    儀式

    日本国憲法施行後の「即位の礼」では、五つの儀式(国事行為)が行われる。

    ここでは儀式を概説する。

    • 剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)--- 皇位継承があった当日に行われる儀式。新天皇や男性皇族が宮殿正殿・松の間に入り、新帝の前に置かれた案(机)に三種の神器のうちの剣璽と御璽、国璽が安置され、新帝が剣璽や御璽などに挟まれて退出する。明治憲法下での剣璽渡御の儀(けんじとぎょのぎ)にあたる。
    • 即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)--- 皇位継承当日か、後日行われる儀式。天皇が即位後初めて三権の長をはじめとする国民の代表者と会う。正殿松の間に天皇・皇后や皇族が入場し、天皇の「おことば」の後、内閣総理大臣の式辞がある。明治憲法下の践祚後朝見の儀(せんそごちょうけんのぎ)に相当する。
    • 即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)--- 天皇が即位を国の内外に宣明する、いわば即位の礼の中心といえる儀式で、戴冠式、即位式に相当し、各国元首、首脳らや国内の代表が参列する。皇位継承当日とは日を隔て行われる。宮殿正殿の松の間に高御座、御帳台が設置されて、それぞれ「御装束」に身を包んだ天皇・皇后が登り、諸皇族、三権の長が左右に控える。天皇の「おことば」があり、内閣総理大臣が祝辞である「寿詞」を読み上げ、万歳を三唱して参列者一同がこれを唱和する。
    • 祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)--- 即位礼正殿の儀終了後、天皇・皇后が皇居宮殿から赤坂御用地にある赤坂御所まで御料車でパレードする儀式。
    • 饗宴の儀(きょうえんのぎ)--- 即位礼正殿の儀に参列した内外の賓客に対し、謝意を表してもてなすための宮中晩餐会。即位礼正殿の儀当日に始まり、宮殿豊明殿や長和殿にて数回開催される。

     

     

     

     

    令和(れいわ、Reiwa)は、日本の元号の一つ。

    平成に代わる次の元号で、大化から数えて248番目の元号。

     

    「令和」の典拠は、『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)である。

    確認される限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典(国書)から選定された。

    「れいわ」の発音については「『元号法』はあくまで元号の漢字とふりがな表記のみ定めるものであり、アクセントについては決まっていない」ため、特に定められていない。

    元号に「令」の漢字が使われるのは初である。

    また、ラ行で始まる日本の元号は暦応以来およそ680年ぶり、「レイ」の音が先頭に来る元号は奈良時代初めの霊亀(レイキ)以来2例目で1300年ぶりとなる。

     

    安倍首相が記者会見を行い、談話を発表した。

    「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味を込めたと説明。

     

                        (Wikipediaより)

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:30 | comments(0) | - |