八十八夜   5月の暦
0

    茶摘みイメージ

     

    八十八夜

    八十八夜(はちじゅうはちや)は雑節の一つで、立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたる。

    もともと、太陰暦がベースである日本の旧暦では暦日と季節が最悪で半月もずれるために、太陽暦をベースとした雑節としておこり広まったもので、現代ではさしたる意味は無い。

    21世紀初頭の現在では平年なら5月2日、閏年なら5月1日である。

    数十年以上のスパンでは、立春の変動により5月3日の年もある。

    習俗

    「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期である。
    一般に霜は八十八夜ごろまでといわれているが、「九十九夜の泣き霜」という言葉もあり、5月半ばごろまで泣いても泣ききれない程の大きな遅霜の被害が発生する地方もある。
    それ以上に、旧暦では暦日と季節が最悪で半月もずれるために、農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節が作られた。
    八十八夜は日本独自の雑節である。

    この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きするともいわれている。
    茶の産地である埼玉県入間市狭山市・静岡県・京都府宇治市では、新茶のサービス以外に手もみ茶の実演や茶摘みの実演など、一般の人々も参加するイベントが行われる。

    八十八夜を扱った作品

    「♪夏も近づく八十八夜…」と茶摘みの様子が文部省唱歌『茶摘み』に歌われている。

                        (Wikipediaより)


    ◎八十八という字

    八十八夜は、立春から数えて88日目をいいます。
    "八十八"という字を組み合わせると「米」という字になることから、この日は農業に従事する人にとっては特別重要な日とされてきました。
    東北や山間村落では豊作を願うため、様々な占いを行います。
    現在でも禁忌が守られているところもあるようです。
    また、昔から「夏も近づく八十八夜」や「八十八夜の別れ霜」などと言われ、八十八夜は霜のなくなる安定した気候の訪れる時期です。
    春から夏へ移る境目の日として重要視されてきました。
    八十八夜からは新茶の摘み取りが行われます。

    ◎霜の冷害を防ぐために

    お茶の葉は、一度でも霜に当たると駄目になってしまいます。
    現代のように品種改良がされていない頃は、春に早期の種まきを行うと遅霜が降りて、それまで育ててきた茶葉が台無しになる恐れがありました。
    そのため昔は藁をひき、霜を防いだようです。
    霜に対して更に注意を促すために「八十八夜の別れ霜」というような言葉も生まれました。
    この言葉が示すように、八十八夜は冷害を回避する目安の日となっていたようです。
    また、1656年の伊勢神宮で刊行した伊勢暦にはじめて記され、1686年の暦に正式に採用された日本独特の暦日です。
    それは農家にとっても幕府にとっても、霜害による不作が最も恐ろしかったため、霜の注意を促すために特別に暦に記載されたそうです。

     

    ◎夏も近づく八十八夜

    「夏も近づく八十八夜〜♪…(中略)あれに見えるは茶摘じゃないか〜♪」という唱歌にうたわれているように、この時期には茶摘が盛んになり、特に八十八夜の日に摘んだ茶の葉は珍重とされてきました。
    しかし実際には、産地の温暖差によって茶摘みの時期は異なります。
    お茶の歴史は1200年にもなりますが、昔はお茶は高級品とされており、庶民が飲めるようになったのは大正時代からだといわれています。
    私たちが普段お茶を飲めることは、生活が豊かになったことを象徴しているのかもしれません。

                        (日本文化いろは事典より)

    茶摘歌
    茶摘 ちゃつみ

     「夏も近づく八十八夜」の歌い出しで知られる『茶摘(ちゃつみ)』は、1912年(明治45年)に発表された日本の童謡・唱歌。

     一説によれば、『茶摘(ちゃつみ)』は京都の宇治田原村の茶摘歌がルーツとされ、歌詞の二番にある「日本」は元々は「田原」だったという。

    京都の宇治田原村は、江戸時代に煎茶製法を確立した永谷宗円が有名(永谷園創始者の先祖)。山本山は宗円の茶を販売して莫大な富を築いた。



    夏も近づく八十八夜
    野にも山にも若葉が茂る
    あれに見えるは
    茶摘じゃないか
    茜襷(あかねだすき)に菅(すげ)の笠

    日和つづきの今日此の頃を、
    心のどかに摘みつつ歌ふ
    摘めよ 摘め摘め
    摘まねばならぬ
    摘まにや日本の茶にならぬ

     

    歌詞の意味

    茜襷(あかねだすき)とは、上の写真にもあるように、茶摘み娘が方から掛けている茜色(赤い色)のたすきのこと。

    「たすき(襷、手繦)」とは、和服の袖や袂が邪魔にならないようにたくし上げるための紐や布地のこと。

    スゲ(菅)は、カヤツリグサ科に属する多年生の草本で、笠や蓑(みの)、注連縄(しめなわ)などに用いられる。
                        (世界の民謡・童謡より)

     

     

     

    5月

    5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。

     

    呼称

    日本では、旧暦5月を皐月(さつき)と呼び、現在では新暦5月の別名としても用いる。
    「さつき」は、この月は田植えをする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが短くなったものである。
    また、「サ」という言葉自体に田植えの意味があるので、「さつき」だけで「田植の月」になるとする説もある。

    『日本書紀』などでは「五月」と書いて「さつき」と読ませており、「さつき」を皐月と書くようになったのは後のことである。
    「皐月」という表記は元来、漢籍に現れる陰暦五月の別名である。
    『爾雅』によると古代中国では12か月をそれぞれ「陬如寎余皋且相壯玄陽辜涂」と呼んでいた(皋は皐の本字)。

    また「皐月」は花の名前となっている。
    「菖蒲月(あやめづき)」の別名もある。

    なお、旧暦の五月は新暦では6月から7月に当たり、梅雨の季節である。
    五月雨(さみだれ)とは梅雨の別名であるし、五月晴れ(さつきばれ)とは本来は梅雨の晴れ間のことである。

    英語名などのMayはローマ神話で豊穣を司る女神マイア (羅: Maia) の名に因むといわれている。
    12か月で唯一英語名に略称が存在しない(英語名の略称は3文字で表すため、もともと3文字の5月は略称が無い)。

    日本における5月

    春の後半にあたる。
    5月3日・4日・5日は祝日が3連続し、同じく祝日である4月29日や、その周辺の土・日曜日とともにゴールデンウィークと呼ばれる時期となる。

    沖縄県や奄美群島では例年5月上旬より梅雨となる。
    九州では早ければ5月末から梅雨となることがある。

     

    異名

    いななえづき(稲苗月)、いろいろづき(五色月)、うげつ(雨月)、けんごげつ(建午月)、つきみずづき(月不見月)、さつき(皐月)、さなえづき(早苗月)、さみだれづき(五月雨月)、しゃげつ(写月)、たちばなづき(橘月)、ちゅうか(仲夏)、ばいげつ(梅月)、よくらんげつ(浴蘭月)
                        (Wikipediaより)

     

    穀雨(こくう)

    五月(皐月・さつき)

    皐月

    早苗を植える時期「早苗月(さなえづき)」を略したもの。
    耕作を意味する古語の「サ」が元になっているという説もあります。

    ※「皐月」の”皐”には「神に捧げる稲」という意味があります。

    季節:初夏(しょか) ※立夏から芒種の前日まで。


    5月の行事・暦・祭り(令和元年・2019年)

    1日 (水・休)天皇即位の日 ※祝日扱い
    2日 (木・休)八十八夜 休日
    3日 (金・祝)憲法記念日 博多どんたく(4日) 浜松まつり(5日)
    4日 (土・祝)みどりの日
    5日 (日・祝)こどもの日 端午の節句 春の土用明け
    6日 (月)立夏 振替休日
    12日 (日)母の日
    15日 (水)葵祭
    17日 (金)(19日) ※予定 下田黒船祭(19日) ※予定
    18日 (土)仙台・青葉まつり(19日) ※予定
    21日 (火)小満


    5月の他の別名

    菖蒲月(あやめづき)
    薫風(くんぷう)
    早月(さつき)
    橘月(たちばなづき)
    雨月(うげつ)
    稲苗月(いななえづき)
    早苗月(さなえづき)


    5月の自然
     

    余花 五月晴れ 翠雨(すいう)
    はしり梅雨 卯の花くたし
    風薫る


    5月の花

    カーネーション 桜草(サクラソウ)
    菖蒲(アヤメ・ショウブ) ツツジ
    鈴蘭(スズラン) 藤(フジ)
    水芭蕉(ミズバショウ) 薔薇(バラ)
    牡丹(ボタン) トルコギキョウ
    花水木(ハナミヅキ)
    白詰草(シロツメグサ)
    都忘れ(ミヤコワスレ)
    鈴蘭(スズラン) ライラック

    ※アヤメとショウブは漢字で書くとどちらも「菖蒲」ですが、別の花です。


    旬の食材

    野菜
    たけのこ キャベツ さやえんどう
    春菊 蕗(ふき) 蕨(わらび)
    玉ねぎ アスパラ グリーンピース
    きゅうり そらまめ トマト
    茄子(なす) 新じゃが

     

    魚介


    蛤(はまぐり) 鰆(さわら)
    鯵(あじ) いさき 鰹(かつお)
    真鯛(まだい) 鱒(ます)

     

    果物
    いちご
    (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:15 | comments(0) | - |