端午の節句   粽
0

    端午の節句

    端午(たんご)は五節句の一。
    端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれる。
    日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。
    少ないながら旧暦や月遅れの6月5日に行う地域もある。
    尚、中国語圏では現在も旧暦5月5日に行うことが一般的である。


    人日(1月7日)
    上巳(3月3日)
    端午(5月5日)
    七夕(7月7日)
    重陽(9月9日)

     

    女性の節句

    昔、中国では五月は悪い月とされ、薬草をとって悪い気をはらう行事があり、かおりの強いアオイや菖蒲には、魔よけの力があると信じられていた。

    また、このころは、ちょうど田植えのシーズン。

    田植えは、昔、女性の仕事だったから、この日は女性が大切にされ、女性だけが菖蒲をふいた屋根のある小屋に集まり、そこで過ごした。

    これが「菖蒲の節句」=「女の人の節句」と呼ばれる。

    しかし江戸時代になると、菖蒲が「尚武(武を重んじること)」に変わり、男の子の節句となった。

     

    端午の意味

    旧暦では午の月は5月にあたり、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったという。
    「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことだった。
    後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいう。
    同じように、奇数の月番号と日番号が重なる3月3日、7月7日、9月9日も節句になっている。

     

    風習とその由来

    この日を端午とする風習は、紀元前3世紀の中国、楚で始まったとされる。
    楚の国王の側近であった屈原は人望を集めた政治家であったが失脚し失意のうちに汨羅江に身を投げることとなる。
    それを知った楚の国民たちはちまきを川に投げ込み魚達が屈原の遺体を食べるのを制したのが始まりと言われている。
    しかし後漢末の応劭による『風俗通義』では端午と夏至にちまき(古代には角黍と称した)を食べる習慣が記録されているが屈原との関係には一切言及されておらず、また南朝梁の宗懍(そうりん)による『荊楚歳時記』には荊楚地方では夏至にちまきを食べるという記録が残されるのみであり、ちまきと屈原の故事は端午とは元来無関係であったと考えられる。

    この他に夏殷周代の暦法で夏至であったという説、呉越民族の竜トーテム崇拝に由来するという説、5月を「悪月」、5日を「悪日」とし、夏季の疾病予防に菖蒲を用いたという説も存在する。

     

    中国での端午の記録は晋の周処による『風土記』に記録される「仲夏端午 烹鶩角麦黍」である。

    また『荊楚歳時記』には「五月五日 四民並蹋百草之戯 採艾以為人 懸門戸上 以禳毒気 是日競渡採雑薬 以五彩絲係臂 名曰辟兵 令人不病瘟 又有条達等組織雑物以相贈遺 取鴝鵒教之語」と記録があり、端午当日は野に出て薬草を摘み、色鮮やかな絹糸を肩に巻き病を避け、邪気を払う作用があると考えられた蓬で作った人形を飾り、また菖蒲を門に掛け邪気を追い払うと同時に竜船の競争などが行われていた。

    これは現代日本においても菖蒲や蓬を軒に吊るし、菖蒲湯(菖蒲の束を浮かべた風呂)に入る風習が残っている。

     

    日本においては、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う五月忌み(さつきいみ)という風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられた。
    すなわち、端午は元々女性の節句だった。
    また、5月4日の夜から5月5日にかけてを「女天下」と称し、家の畳の半畳分ずつあるいは家全体を女性が取り仕切る日とする慣習をもつ地域があり、そこから5月5日を女の家(おんなのいえ)と称する風習が中部地方や四国地方の一部にみられる。

     

    宮中では菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿に集い天皇から薬玉(くすだま:薬草を丸く固めて飾りを付けたもの)を賜った。
    かつての貴族社会では薬玉を作りお互いに贈りあう習慣もあった。
    宮中の行事については奈良時代に既にその記述が見られる。

    鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになった。

     

    五月人形.jpg

     

     

     

    五月人形の段飾り(昭和初期)

     

     

     

         1957年ごろ

     

     

         兜の飾りもの

     


    鎧、兜、刀、武者人形や金太郎・武蔵坊弁慶を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方である(ただし「こいのぼり」が一般に広まったのは江戸時代になってからで、関東の風習として一般的となったが京都を含む上方では当時は見られない風習であった)。
    鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められている。

     


    こいのぼりをたてる風習は中国の故事にちなんでおり、男子の立身出世を祈願している。
    典型的なこいのぼりは、五色の吹き流しと三匹(あるいはそれ以上の)こいのぼりからなる。
    吹き流しの五色は五行説に由来する。

     

     

    江戸時代の節句の様子。

    左からこいのぼり、紋をあしらった幟(七宝と丁字)、鍾馗を描いた旗、吹流し。

    『日本の礼儀と習慣のスケッチ』より、1867年出版

     

        歌川広重の浮世絵

     

    端午の日にはちまきや柏餅(かしわもち)を食べる風習もある。
    ちまきを食べるのは、中国戦国時代の楚の詩人屈原の命日である5月5日に彼を慕う人々が彼が身を投げた汨羅江(べきらこう)にちまきを投げ入れて供養したこと、また、屈原の亡骸を魚が食らわないよう魚のえさとしたものがちまきの由来とされる。
    柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていった。
    中国語圏では、現在も屈原を助けるために船を出した故事にちなみ、龍船節として手漕舟(龍船あるいはドラゴンボート)の競漕が行われる。
    ヨモギ(蓬、中国語: 艾(アイ)または艾蒿(アイハオ))の束を魔よけとして戸口に飾る風習も、広く行われている。

    なお、男の赤ん坊をもつ家庭にとっては初節句となるため、親族総出で祝われることも多い。
    5月5日が祝日であり、さらに前後に祝日を伴う大型連休期間中にあるため、雛祭り以上に親族総出で祝われる。

     

    朝鮮では、端午(タノ)は旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク)、寒食(ハンシク)と並ぶ四大名節とされ、田植えと種まきが終わる時期に山の神と地の神を祭り、秋の豊作を祈願する日とされる。
    李氏朝鮮時代には、男子はシルム、女子はクネ(鞦韆、ブランコ)を楽しみ、厄除けの意味を込めて菖蒲を煮出した汁で洗髪し、女子は菖蒲の茎のかんざしを、男子は腰飾りを身につける習慣があった。
    端午の伝統料理には、ヨモギやチョウセンヤマボクチを練り込んで車輪の型で押したトック(車輪餅 チャリュンビョン)やユスラウメのファチェ(花菜、冷たい飲み物)がある。

     

    ベトナムでは、「コムジウ(en:Cơm rượu」と「ジウネップ(en:Rượu nếp)というもち米の発酵食品が果物とともに祭壇に供えられる。
    また別名、「殺虫節/Tet Giet Sau Bo」ともいわれ、この日に果物を食べると、体内の虫が退治されるともされ、農村部では、樹木の殺虫対策を行う地域もある。

                        (Wikipediaより)

     

     

     

     



    端午(たんご)の節句

    男の子の節句。
    本来、端午(たんご)とは月の始めの午(うま)の日をいいますが、旧暦5月5日(現在は新暦5月5日)を端午というように変わりました。

    古代中国では、この日を薬採りの日としていて、薬草を摘んで野遊びをしました。
    菖蒲は、煎じて飲んだりして昔から薬草として使われていたそうです。
    男の子の節句とされるまでは、厄病を祓う節句で「菖蒲の節句」とも呼ばれています。

    5月は悪月(あくげつ)、物忌みの月とされ、その邪気を祓うために菖蒲を浸した酒を飲んだり、蓬(よもぎ)を軒につるして粽(ちまき)を食べたりしました。

    平安時代は宮中の儀式でしたが、江戸時代になって、3月3日の女の子の節句と対応させて、菖蒲が尚武と同じ音であることから男の子の節句になり、江戸幕府の公式行事となりました。


    【鯉のぼり】

    屋根より高い鯉の〜ぼ〜り〜
    屋根より高い鯉の〜ぼ〜り〜端午の節句 に「鯉のぼり」を立てるようになったのは、江戸時代の中頃といわれています。

    「鯉の滝登り」という言葉はご存知ですよね。
    中国の黄河の中流に激流が連なった難所があり、そこは「竜門」と呼ばれていました。
    下流からいろいろな魚が群れをなしてさかのぼってきますが、鯉だけが滝を登りきって竜になるという故事です。
    このことから、鯉は立身出世のシンボルとされました。

    普通、縁起がいいとされるものは食べることが多いですが、鯉を食べるのでなく、なぜ「鯉のぼり」として飾ったのでしょうか。
    鯉が滝を勢いよく登る様をイメージして「鯉のぼり」としてを飾るようになったとされていますが、男子誕生の喜びを世間に広く知らせるために戸外に立てられるようになったからのようです。
    でも、これがどんどん華美に競い合うようになり、屋外に鯉のぼりを飾ることは禁止されました。
    火事の消火活動の邪魔になるという理由もあったようです。
    「火事と喧嘩は江戸の花」という言葉があるように、江戸は火事が多かったようですからね。

    ・五月人形・鯉のぼりを飾る。 ※4月の中旬までに飾りましょう。
    ・柏餅・粽をいただく。
    ・菖蒲湯に入る。
    ・初節句の場合は、両家の祖父母を招いてお祝いをする。
    ※お祝いの仕方は、それぞれの家、地方によって異なります。
    また、このようにお祝いをしないといけないというものではありませんので、
    これらを参考に、楽しく過ごしてください。

     

    柏餅(かしわもち)


    端午の節句に柏餅を食べるようになったのは江戸時代から。
    男の子の節句として祝うようになってからです。
    柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないため、
    家系が途絶えないという縁起かつぎからきているようですね。

     

    粽(ちまき)

    茅(ちがや)や笹の葉でもち米を蒸したもの。
    5月5日に食べるようになったのは、中国の詩人が亡くなったこの日に供物として笹で包んだ米を川に投げ入れたという故事からきています。

     

    菖蒲(しょうぶ)

     

    ショウブ
    菖蒲は、昔から薬草として使われてきました。
    良い香りを放つことから、邪気を祓う植物としても用いられています。
    端午の節句は、元々厄病を祓う節句であることから、、無病息災を願って菖蒲湯に入ります。
    ※菖蒲、あやめ、杜若(かきつばた)、花菖蒲は、それぞれ違うものです。

     

                        (日本の行事・暦より)

     

     

     

    粽(ちまき)

    ちまき(粽。中国語「粽・糭 ツォン 拼音: zòng」、「粽子・糭子 、ツォンズ 拼音: zòngzi」)は、もち米やうるち米、米粉などで作った餅、もしくはもち米を、三角形(または円錐形)に作り、ササなどの葉で巻き、イグサなどで縛った食品。
    葉ごと蒸したり茹でて加熱し、葉を剥いて食べる。
    もともと中国で作られた料理で、日本へは平安時代頃に伝わった。
    日本では米粒の原型を留めないものが多く、中国では米粒の原型が残り、かつ米以外の具を加えているものが多い。
    その他、沖縄や東南アジアにも類似の食品がある。

     

    名称

    後漢(2世紀)の『説文解字』は、「粽」の本字「糉」の字義を「蘆葉裹米也」(蘆(あし)の葉で米を包む也)と記している。
    この字の旁には「集める」という意味があり、米を寄せ集めたものがちまきという事になる。
    「粽」は旁を同音の簡単な部品に置き換えた略字である。

    日本ではもともとササではなくチガヤの葉で巻いて作られたため、ちまきと呼ばれる。

     

    日本のちまき


    歴史

    承平年間(931年 - 938年)に編纂された『倭名類聚鈔』には「和名知萬木」という名で項目があり、もち米を植物の葉で包み、これを灰汁で煮込むという製法が記載されている。元々は灰汁の持つ殺菌力や防腐性を用いた保存食であった。その後、各地で改良や簡略化が行われ、特に京では餅の中に餡を包み込んだり、餅を葛餅に替えるなど和菓子化していった。

    『伊勢物語』(五十二段)、「人のもとより飾り粽 おこせたりける返事に、菖蒲(しょうぶ)刈り 君は沼にぞまどひける 我は野に出でてかるぞ わびしき」とあり、昔は菖蒲の葉も用いたようである。

     

    種類

    日本では、包むのに使う葉はチガヤ、笹、竹の皮、ワラなど様様である。

    江戸時代、1697年(元禄10年)に刊行された本草書『本朝食鑑』には4種類のちまきが紹介されている。
    1.蒸らした米をつき、餅にしてマコモの葉で包んでイグサで縛り、湯で煮たもの。クチナシの汁で餅を染める場合もある。
    2.うるち米の団子を笹の葉で包んだもの。御所粽(ごしょちまき)、内裏粽(だいりちまき)とも呼ぶ。
     3.もち米の餅をワラで包んだ飴粽(あんちまき)。
    4.サザンカの根を焼いて作った灰汁でもち米を湿らせ、これを原料に餅を作りワラで包んだ物。朝比奈粽(あさひなちまき)と呼ばれ、駿河国朝比奈の名物という。

     

    このうち、1は新潟県の「三角ちまき」など現在でもよく作られるちまきである。

    うるち米の粉で餅を作った後、これをササの葉やマコモの葉で包む。

    これを茹でるか蒸籠で蒸らして作る。

    そのままか、もしくは4に準じた食べ方をしている。

     

     

    2は現在の和菓子屋で作られる和菓子のちまきの原型であり、現在の餅の原料は葛に代わっている。

    笹の葉を用いたのは川端道喜という京の菓子職人であり、道喜粽とも言われる。

    現在でも川端家はちまきを製造しており、代表的な京菓子の一つである。

    京都を始め、各地の和菓子屋で製造されるちまきは大半がこのカテゴリーに入るものと思われる。

    端午の節句に作る店が多い。

    また、羊羹や麩饅頭をササで包んだものも、時としてちまきと呼ばれ、このカテゴリーから発展した物と考えられる。

     

     

    3の飴粽(糖粽とも書く)は、餅が飴色になっているため、この名があるという。

    4は最も原型に近いちまきであり、灰汁(あく)による保存と品質維持を期待した保存食といえる。

    鹿児島県で作られる「あくまき」、「つのまき」、長崎県で作られる「唐灰汁ちまき」、新潟県の「灰汁笹巻き」に似通った製法である。

    また、台湾においてもほぼ同じ製法のちまきが作られているという。

    ただし、この朝比奈粽そのものは現在は作られていない。

    江戸時代にはこの原型に近い製法が日本各地で用いられていた可能性はある。

    このカテゴリーは、灰汁のにおいや風味によって好き嫌いがはっきりすることがある。

    きな粉や砂糖を混ぜた醤油で食べる。

     

     

    1は4から簡略化された形のちまきで、新潟県の「三角ちまき」など現在でもよく作られるちまきである。

    うるち米の粉で餅を作った後、これをササの葉やマコモの葉で包む。

    これを茹でるか蒸籠で蒸らして作る。

    そのままか、もしくは4に準じた食べ方をする。

    このほか、新潟県で笹団子と呼ばれる、笹で包んで両端をワラで結んだ形状のものも茨城県常陸太田市ではちまきと呼び、名物となっている。

     

    柏餅と同様に端午の節句の供物とされる。

     

    祇園祭のちまき

    京都の祇園祭では厄除けの縁起物としてちまきが配布される(以前は山鉾から撒いていたが、現在は祭会所で販売)。

    これは食用ではなく、中身も葉のみになる。

    蘇民将来信仰の茅の輪に起源があるとされる。

    滋賀県の大津祭では現在も曳山の上から撒かれる。

    一本ずつではなく十本を一纏めにしたものを一把と言い、一把ずつ配布したり、撒いたりする。

    かつては、そのまま撒いたりしていたが、近年では袴や巻紙などと呼ばれる山鉾名や曳山名の書かれた紙を巻いたり、お守りや鈴などをつけたりしている。

    (かつては和菓子のちまきも「上ちまき」と称して撒いていた。「上ちまき」は一本ずつ撒かれていた。)

     

     

     

     

    台湾のちまき

    南北で多少異なり、それぞれ「南部粽」、「北部粽」と呼ばれる。この他に、「客家粽」と呼ばれるもの、「鹼水粽」、「鹼粽」とよばれるあくまきなどがある。

     

    北部粽

    生の米を水に浸しておき、水を切ってから五香粉、胡椒、醤油などを加えて調味し、米を蒸すか炒める。

    ある程度火が通った状態で、肉などとともに竹の皮で包み、しっかり蒸す。

     

    南部粽

    生のもち米を水に浸し、豚肉、シイタケ、塩漬けアヒルの卵黄、エシャロット、落花生、栗、切り干し大根などの具とともに竹の葉に包んで、鍋で煮る。

     

    客家粽

    南部粽と同じようなものを蒸して作る「米粽」の他、「粄棕」と称するモチ米を水に浸しておいてから石臼で擂り、容器の底にたまった米粉を団子にして、切り干し大根や調味料とともに竹の葉で包んで蒸すものがある。

     

    アバイ

    南東部に住む原住民のルカイ族、パイワン族、プユマ族などは、アワ、タロイモ、モチ米などを用いムラサキ科のトリコデスマ・カリコスム(Trichodesma calycosum var. formosanum。假酸漿)の葉とゲットウの葉で包んだちまきを食べる習慣がある。

     

    1989年の旧暦端午の節句に、台湾彰化県では重さ350キログラムもの巨大ちまきが作られたことがある。

     

     

    中国のちまき


    中国において、ちまきは水分を吸わせたもち米を直接葦の葉で包み、茹でる、もしくは蒸す方法で加熱して作る方法が主流である。米と一緒に、味付けした肉、塩漬け卵、棗(なつめ)、栗などの具や、小豆餡などを加えることが多い。

    特別なものでは、アワビやチャーシューを包んだものもある。

    形は正四面体が多いが、直方体、円筒形のものもある。中国北部では甘いちまき、南部では塩辛い味のちまきが好まれるが、そうした違いは南北との交流が盛んになった現在では少なくなってきている。

     

    歴史

    中国の伝説では、楚の愛国者だった政治家で詩人の屈原が、汨羅江(べきらこう)で入水自殺した後、民衆が弔いのためのほか、魚が屈原の亡骸を食らって傷つけないよう、魚に米の飯を食べさせるため、端午の節句の日(端午節)にササの葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが起源とされる。

    このため、日本でも中国などでも端午の節句に食べる習慣がある。

    実際の考証でも、2000年あまり前の戦国時代には出現していたと考えられる。

    西晋(3世紀)の周処は『周処風土記』に「仲夏端午、烹鶩角黍。」(夏の端午の節句に鶩角黍を調理する)と記しており、粽のことと考えられる。

     

    種類
    小豆餡の粽肉粽(にくちまき)

    もち米と一緒に豚肉やタケノコ、シイタケなどに甘辛く味付けしたものを、竹の皮で正四面体状に巻いてイグサで縛り、蒸し上げた料理は「肉粽」(ロウツォン、ròuzòng)と現地で呼ばれるが、日本では「中華ちまき」とも呼ばれる。


    豆沙粽(小豆餡のちまき)こし餡をもち米で包み、竹の葉で包んで蒸すか煮て作る。甘い。


     

    白米粽子(もち米のちまき)具材を一切入れず、もち米だけを蒸して作る。

    食べるときに砂糖をまぶす。


    糯米鶏(広東語 ノーマイカイ no6mai5gai1、北京語 ヌオミージー nuòmǐjī)広東料理の点心の一種。

    もち米と鶏肉、シイタケなどをハスの葉で長方形に包んで蒸した料理。

    広州などでは弁当の一種としても売られている。

     

         華南の粽(左)と華北の粽(右)


    真空パックのちまき包装形態の違いでしかないが、肉粽や豆沙粽などを真空パックに入れ、電子レンジなどで再加熱して食べる商品が売られている。


    チワン族のちまき日本の「あくまき」に似た円筒形のものを作るが、サイズは最大40センチメートル程度の巨大なものまであり、「枕」や「ラクダのこぶ」を連想させる。米に食紅で着色することも多い。


    ヤオ族のちまきチワン族と同様で、円筒形の枕状のものが普通。

    他に、赤砂糖や落花生の餡を包んだ甘いものもある。


    シェ族のちまき肉やナツメを笹で包み、四角いちまきを作る。

    加熱は灰を加えた湯で煮て行う。


    トン族のちまき灰を用いて作り、日本のあくまきに近い。


    タイ族のちまきちまき祭りともいわれる歌垣の場で、若い男性から女性に贈るものとして用意する。

                        (Wikipediaより)

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:02 | comments(0) | - |