編集手帳 司馬遼太郎 東寺
0

    昨日の読売新聞朝刊の編集手帳に東寺・司馬遼太郎の記事が載っていました。

     

     

    5月12日 読売新聞 朝刊

     

     

     

     

     

    編集手帳

     

    客人に京都の寺々を案内する折、司馬遼太郎さんは大抵、東寺で待ち合わせた。

    境内は平安京最古の遺構である。

    そこから出発するのが〈京都への礼儀のような〉気がしたからだという

    ◆羅城門の東、創建から1200年余り、内には建築や美術、思想の歴史がひしめき、

    司馬さんですら〈すべてについて書く能力など私になく〉と綴った寺だ。

    宝物は数限りない。

    東京国立博物館で開催中の特別展で逸品の数々を見た

    ◆シビれるのが密教独自の御仏、明王の異形である。

     

     

    像の一つは四面八臂、武器を種々携えて、異教の神を踏みつけている。

    五眼や六足、虎皮をまとい、手足に蛇を巻きつけて・・・といった造形に、底知れぬ創造力の力を思う

    ◆多くは9世紀、空海の指導の下で生まれたとされる。

    密教の教えは奥深く、文章で伝えきれない。

    ならばと、ビジュアルにこそ力を注いだ弘法大師のしなやかな発想、企画力に感服する

    ◆明王を始め、寺の講堂に21体もの像を並べ構築した立体曼荼羅はその極みだろう。

    この度は過去最多の15体が東遷した。

    ほの暗く小宇宙の趣を漂わせる展示室で時空を超えた才に満ち足りる。

     

     

     

    平成22年3月20日、お四国の歩きお遍路に行く前に東寺をお詣りしました。

    その時にこの書かれていることを見つけました。

     

     

    金光明四天王教王護国寺秘密伝法院           

                  東 寺

     

     

     

    京都駅から歩いて行きますと東寺の五重塔が見えて来ました。

     

     

    境内に入りますと、櫻の蕾が開きかけていました。

     

     

    納経所→

     

     

     

     

    画像回転ツール 編集画像

     

     

     

    拝観券を購入して金堂・講堂などを廻りました。

     

     

    金堂 洛陽三十三所観音霊場 

     

    東寺 薬師三尊像

     

    堂内は撮影禁止なのでパンフレットより 薬師三尊像

     

    東寺 講堂

     

    講堂

     

    この中には東寺にしかない立体曼陀羅があります。

     

     東寺 立体曼陀羅

     

        (画像:パンフレットより)

     

    言葉では伝えきれない密教の教えを現したのが曼荼羅ですが、よりリアルに伝えるために空海が作ったのがこの立体曼陀羅です。

    大日如来を中心に五智如来、如来の左右に五大菩薩、五大明王、須弥壇の四方には四天王、梵天、帝釈天が配置され、合計21尊の仏像が安置されています。

     

    この中から15体が東京国立博物館で6月2日まで展示されています。

     

     

    弘法大師御祈願所

    ここに上がって無事お四国を廻ることが出来るようにお願いしました。

    大勢の方々が朝のお勤めをしていらっしゃいました。

     

     

    祈願所

     

     

    御影堂

     

     

        国宝 西院 御影堂

     

     私は毎年、訪ねてくるひとに京都のどこかの寺を、

    そのときの思いのままに案内するのだが、約束のとき

    に「東寺の御影堂の前で待ちましょう」ということに

    している。京の寺々を歩くには、やはり平安京の最古

    の遺構であるこの境内を出発点とするのがふさわしく

    また京都御所などよりもはるかに古い形式の住宅建築

    である御影堂を見、その前に立ち、しかるのちに他の

    場所に移ってゆくのが、なんとなく京都への礼儀のよ

    うな気がして、そうゆうぐあいに自分をなじませてし

    まっている。弘法大師(空海)に対する私の中の何事

    かも、こうゆう御影堂へのなじみと無縁でないかもし

    れない。

                 『古寺巡礼京都 』東寺

                 司馬遼太郎氏の文章より

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 02:17 | comments(0) | - |