6月
0

    今日から6月です。

     

    6月

    6月(ろくがつ)はグレゴリオ暦で年の第6の月に当たり、30日ある。
    梅雨の季節である。

     

    呼称

    日本では水無月(みなづき)ともいう。
    ただし本来は陰暦6月の異称である。

    英語名ではJuneという。
    ローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から取られた。
    ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、この月に結婚をすると幸せになれるといわれる。

     

    日本における6月

    気候

    夏の初め(初夏)である。
    北海道を除く各地では梅雨の時期であり降水量が多い。

     

    水無月の語源

    水無月の由来には諸説あるが、水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり「水の月」であるとする説が有力である。
    神無月の「無」が「の」であり、「神の月」であるということと同じである。
    田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」であるとする説もある。

    文字通り、梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であると解釈されることもあるが、これは俗説である。
    他に、田植という大仕事を仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」であるとする説、などもある。

     

    祝日が存在しない月

    2016年以降、日本では6月は祝日がない唯一の月となっている。
    また、過去にもこの月に祝日が存在したことがない。

    これは天皇家由来の節目の日もなく、庶民の生活も農繁期でハレの行事がなかった点が影響している。

    一部で時の記念日(6月10日)などの休日化を目指す動きがある。
    過労死弁護団全国連絡会議は労働者の過労死が6月に多いため、厚生労働省に2001年6月8日、祝日のない6月に祝日を新設することを申し入れたことがある。
    しかし、この一方で「日本は諸外国より祝日が多すぎる(日本は2016年時点では祝日が16日であるのに対し、アメリカは10日、イギリスは8日、フランスは13日)。これ以上祝日を制定しないで欲しい」
    「祝日にふさわしい日がない」などの理由により、祝日の制定に否定的な意見があり、祝日を所管する内閣府も6月に祝日の制定することを検討していない。

    なお1993年には、皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀により、6月9日が休日とされた。

    フィクション作品では漫画『ドラえもん』でドラえもんのひみつ道具の一つである「日本標準カレンダー」を使って独自に祝日を制定するエピソードがある。
    ●漫画版ではのび太が6月に祝日がないことに対する不満から6月2日を「ぐうたら感謝の日」という架空の祝日を制定したことがある。
    ●アニメ版では2014年6月13日放送「たけしのズンドコ誕生日」でジャイアンが6月13日は「昼寝の日」、6月15日は「ジャイアンの誕生日」も祝日に制定された。

     

    異名

    いすずくれづき(弥涼暮月)、えんよう(炎陽)、かぜまちづき(風待月)、けんびづき(建未月)、すいげつ(水月)、すずくれづき(涼暮月)、せみのはつき(蝉羽月)、たなしづき(田無月)、たんげつ(旦月)、とこなつづき(常夏月)、なるかみづき(鳴神月)、ばんげつ(晩月)、ふくげつ(伏月)、まつかぜづき(松風月)、みなづき(水無月)、ようひょう(陽氷)

     

    6月の季語

    六月、水無月、花菖蒲、アイリス、グラジオラス、あやめ、杜若、著莪、一八短夜(みじかよ、明易し)、競馬(賀茂競馬、競べ馬、ダービー、勝馬、負馬)、花橘、蜜柑の花、朱欒の花、橙のの花、 オリーブの花、柚の花、柿の花、紫陽花、額の花、葵、紅の花、鈴蘭、入梅(梅雨に入る、ついり)、梅雨(つゆ、ばいう)、五月雨(さみだるる)、出水、五月闇、黒南風(白南風)、黴(黴の香、黴の宿)、苔の花、魚梁(やな)、鰻、鯰、濁り鮒、蟹(磯蟹、山蟹、川蟹、沢蟹)、蝸牛、蛞蝓、蚯蚓、蝦蟇、雨蛙、河鹿、さくらんぼ、ゆすらうめ、杏、実梅(青梅)、紫蘇、辣韮、玉葱、枇杷、早苗、代田、田植、早乙女、植田、火取虫、アマリリス、ジギタリス、ベゴニア、 蛍(源氏蛍、平家蛍、初蛍、蛍火・蛍合戦)、蛍狩、螢籠、蛭、田亀、源五郎、あめんぼう、目高、浮草、水草の花、藻の花、藻刈、手長蝦、田草取、草取、夏の川、鮎(鮎釣り、鮎狩、鮎掛、鮎の宿)、鵜飼(鵜舟、鵜飼火、鵜篝、 鵜匠)、川狩(網打)、夜釣、夜焚釣堀、鰺、いさき、べら、虎魚、鯒、黒鯛(茅海、ちぬ釣)、鰹(鰹舟、鰹釣)、生節、青蘆、青すすき、葭切、翡翠、雪加、糸蜻蛉、蠅、蠅除、蠅叩、蜘蛛の囲(蜘蛛の巣)、ゲジゲジ、油虫、守宮、蟻、羽蟻、蟻地獄、蛆、ぼうふら、蚊(蚊の声、蚊柱、泣く蚊)、蚤、蚊帳、蚊遣火(蚊遣、蚊火、蚊取線香)、蝙蝠、青桐、葉柳、南風(みなみ、大南風、南吹く、はえ)、青嵐、風薫(薫風)、白夜、夏至、老鶯、時鳥、閑古鳥、仏法僧、筒鳥、駒鳥、瑠璃鳥、夏木、夏木立万緑、緑陰、木下闇、青葉、夏の蝶、夏野、夏草、草矢、草茂る、夏蓬、夏薊、草刈、干草、昼顔、木苺、苺、蛇、蝮、百足虫、青芝、青蔦、ガーベラ、サルビア、虎尾草、孔雀草、釣鐘草、雪の下、蓼、若竹、竹の皮脱ぐ、竹落葉、雹、水鶏、青鷺、五月晴、暑さ、夏衣、単衣、夏服、夏羽織、夏帽子、夏襟、夏帯、夏袴、青簾(葭簾、伊予簾、絵簾、玉 簾)、葦簀、葭戸、網戸、籐椅子、夏暖簾、皐月富士
                        (Wikipediaより)

     

     

    六月(水無月・みなづき)
     
    水無月

    雨がたくさん降る時季なのに”水の無い月”って変なのって思われますよね。
    「水無月」の”無”は”の”にあたる連体助詞ですので、 「水無月」は”水の月”ということになります。
    田植えが済み、田に水を張る必要があることから”水の月”→「水無月」と呼ばれるようになったようです。

    京都では6月30日の「夏越しの祓(なごしのはらえ)」に「水無月」という和菓子をいただく習慣があります。

     

    水無月

    季節:仲夏(ちゅうか) ※芒種から小暑の前日まで。

     

    6月の行事・暦・祭り(令和元年・2019年)

    1日 (土)  衣替え 貴船祭
    2日 (日)  横浜開港記念日
    4日 (火)  歯の衛生週間(→10日)
    5日 (水)  YOSAKOIソーラン祭り(→9日)
    6日 (木)  芒種
    10日 (月)  時の記念日
    11日 (火)  入梅
    16日 (日)  父の日
    20日 (木)  鞍馬寺竹伐り会式
    22日 (土)  夏至
    30日 (日)  夏越しの祓


    6月の別名 
    健未月(けんびげつ)
    風待月(かぜまちつき)
    常夏月(とこなつづき)
    季月(きつき)
    旦月(たんげつ)
    鳴神月(なるかみつき)
    弥涼暮月 (いすずくれづき)
    涼暮月 (すずくれづき)
    葵月(あおいづき)


    6月の自然
    五月晴れ 梅雨晴れ 梅雨
    卯の花くたし


    6月の花
    紫陽花(アジサイ)
    皐月(サツキ)
    露草(ツユクサ) ドクダミ
    花菖蒲(ハナショウブ)
    ラベンダー 薔薇(バラ)
    雪の下(ユキノシタ)
    カラー 梔子(クチナシ)
    白詰草(シロツメクサ)
    水芭蕉(ミズバショウ)
    百合(ユリ)
    月見草(ツキミソウ)
    百日紅(サルスベリ)

     
    旬の食材
    野菜


    春菊 玉ねぎ アスパラガス
    きゅうり トマト オクラ
    茄子(なす) 冬瓜(とうがん)
    とうもろこし ピーマン
    らっきょう

    魚介

    鯵(あじ)

    鰆(さわら) 鯵(あじ)
    鰹(かつお) 穴子(あなご)
    伊佐木(いさき) 鱧(はも)
    鱒(ます) 鮎(あゆ)
    アワビ 鱚(きす)

    ※関東では鰆の旬は1〜2月とされています。

    果物


    さくらんぼ スイカ

                        (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:04 | comments(0) | - |