夏至
0

    今日6月22日は夏至です。

     

    夏至

    夏至(げし)は、二十四節気の第10。
    一年で最も日照時間が長い。
    五月中(旧暦5月内)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が90度のときで6月21日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日のほうは夏至日(げしび)と呼ぶ。
    恒気法では冬至から1/2年(約182.62日)後で6月22日ごろ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小暑前日までである。


    季節

    日本の大部分では梅雨のさなか。
    北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日である。

    『暦便覧』には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記されている。


    天文

    春分から秋分までの間、北半球では太陽は真東からやや北寄りの方角から上り、真西からやや北寄りの方角に沈む。
    夏至の日にはこの日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も北寄りになる。
    また、北回帰線上の観測者から見ると、夏至の日の太陽は正午に天頂を通過する。
    夏至の日には北緯66.6度以北の北極圏全域で白夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域で極夜となる。

    なお、1年で日の出の時刻が最も早い日および日の入りの時刻が最も遅い日それぞれと、夏至の日は一致しない。
    日本では、日の出が最も早い日は夏至の1週間前ごろであり、日の入りが最も遅い日は夏至の1週間後ごろである。

    また、南半球では昼と夜の長さの関係が北半球と逆転するため、天文学的な夏至とは別に、慣習的に「一年中で一番昼が長く夜が短い日」のことを夏至と呼ぶことがある。
    すなわち、南半球が慣習的な意味での夏至を迎える日は北半球での冬至の日に当たる。

     

     

    風習

    北半球では、性欲をかきたてる日とされており、スウェーデンの民俗学者によると、夏至を祝うミッドサマーの祝日から9ヶ月後に生まれる子どもが多いという。
    ギリシャ北部では、未婚女性がイチジクの木の下に自分の持ち物を置くと、夏至の魔法により将来の夫の夢を見るという伝承がある。
    ポーランドではスラブ民族の祝日、「イワン・クパラの日」の夜には、人々が恋に落ちるという言い伝えがある。
    イギリスのストーンヘンジでの夏至祭りは、ドルイド教に由来し、男性神、女性神の出会いを祝う意味があると言われている。

     

    尾張地方の一部で夏至の日に無花果田楽を食べる風習がある。

    大阪の一部では夏至から半夏生(夏至から11日目)までの間にタコを食す習慣がある。
    稲の根がタコの八本足のように深く広く張ることを祈願するもの。

    関東地方では新小麦で焼餅をつくり神に供える風習がある。


    七十二候

    夏至の期間の七十二候は以下のとおり。
     初候
      乃東枯(ないとう かるる)夏枯草が枯れる(日本)

    靫草(うつぼぐさ)写真
      鹿角解(しかの つの おつ)鹿が角を落とす(中国)
     次候
      菖蒲華(しょうぶ はなさく)あやめの花が咲く(日本)

    アヤメ写真
      蜩始鳴(せみ はじめて なく)蝉が鳴き始める(中国)
     末候
      半夏生(はんげ しょうず)烏柄杓が生える(日本・中国)

    半夏(からすびじゃく)写真

                        (Wikipediaより)

     


    夏至(げし)

     



    6月21日頃。
    および小暑までの期間。
    太陽黄径90度。
    芒種から数えて15日目頃。

    一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日。
    冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあります。
    暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛りで、農家では田植えに繁忙を極める頃。
    暑さのピークは1か月ほど先になります。

    冬至にはかぼちゃを食べる風習がありますが、夏至は地方によって様々で、関西ではこの日にタコを食べる習慣があり、関東地方では焼き餅をお供えたりします。

    沖縄では、この頃に吹く季節風を「夏至南風」といいます。
    この風が吹くと、梅雨が明けて本格的な夏の訪れるそうです。


    二見興玉神社 夏至祭
    太陽のエネルギーが最も溢れる夏至の日の出と共に禊をする祭典で夫婦岩の前で行います。
    古くから二見浦一帯は、伊勢参宮を控えた人々が心身を清め、罪穢れを祓うべく、禊祓をされた場所でした。
    午前3時30分より夏至祭が斎行され、続いて日の出の時刻(午前4時40分頃)に合わせて禊行事が行われます。


    ※夏至の前後1か月だけ、夫婦岩の間から朝日が昇ります。



    北欧では
    日照時間の短い北欧では、昼間の最も長い夏至は、とても大切な日です。
    フィンランドをはじめ、さまざまな国で夏至祭が催されます。
    スウェーデンでは、国中が週末お休みになるんだそうですよ。

     


                        (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 04:07 | comments(0) | - |