明治神宮御苑 猿踊 浪乗舟 座間森
0

    引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

    解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

     

    6月13日

     

     

     

    猿踊

     

     

    猿 踊  さるおどり  SARU ODORI

    江戸系  中早生 
    薄紅ぼかしに白筋の入る三英。直径は16cm前後の中輪。
    草丈は100cm前後。

    性質はやや弱い。

    繁殖は普通。

    江戸系の古花で、明治18年には現存していた記録がある。

    花の色を猿の赤い顔に見立てた面白いネーミングで、花弁の描く輪郭の曲線が何とも優美な玄人受けのする品種である。

    間の美と言うか、こういう美しい花は、逆に現代の品種には見られない。

    江戸人の観賞眼の高さが伺われる。

    花菖蒲の原種のノハナショウブは、もともと株として半永久的に存続する植物ではなく、種子繁殖して新しい個体になりながら分布を広げてゆく性質を持っている。

    自生地でも栄養状態が悪く、1本の葉篠が発生し、花は毎年咲くか咲かないかというような状態なら、かなり長い年月の間、株として存続できるようだが、栄養状態が良く大株になると、多くの花を咲かせ株は衰弱して絶えてゆくようである。

    それがこの花の自然の状態である。

    しかし、園芸種の花菖蒲は、品種として株分けすることにより、長い年月の間、同一の個体が生存することになる。

    そうすると、年月とともにその個体自体の老化が進むのだろう、作出直後は元気な品種でも、年月を経るごとに徐々に草勢いが弱くなる。

    まして古花のように、作出されて100年を経た品種ともなると、草勢がかなり弱くなって来ている品種も見られる。

    この「猿踊」にしても、状態の良いときは元気に生育するが、ちょっと手をぬいて株を衰弱させてしまうと、弱りやすい。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより

     

     

     

     

    浪乗舟

     

     

    波乗舟   なみのりぶね   NAMINORI BUNE

    江戸系   早生   

    明るい藤紫に白筋の入る三英花。

    花径はおよそ16cm程度の中輪。
    草丈は100cm前後、性質は丈夫、繁殖は普通。

    江戸花菖蒲の古花の一つ。

    明治18年には現存した記録がある。

    あまり普及していないが、比較的栽培しやすい品種。

    鉾が長井古種の「竜の髭」のように先が尖る。

    このホームページでは各系統の古花を多く掲載してある。

    現在、戦前に育成されたとされる古品種は、江戸花菖蒲が大船系を含めおよそ200品種前後、伊勢花菖蒲の古花は、およそ50品種前後、熊本花菖蒲の古花は、およそ30品種前後が現存している。
    何で新品種にくらべ花も見劣りし、性質も弱い古品種が大切なのかと問われるかもしれないが、これらの花は花菖蒲の文化財であり、つまりは日本の伝統園芸の、ひいては日本文化の文化財だと思うからである。

    これがまず理由の一つ。

    2つ目は、現代の私たちが使用していない遺伝子を持っていて、使い方次第で新しい展開が開ける可能性がある。

    3つ目に、長い時間人の審美眼を通って選ばれて来た花であり、感性豊かな古い時代の人たちの観賞眼によって選ばれて来た花なので、その美的な完成度の高さという点で、参考になる点が非常に多いこと。

    4つ目に、新花はいくらでも作出できるが、古花は一度絶やしたらそれでおしまいなので、画像で紹介し、保存が必要であることを訴えるため。

    このようなことから、古品種を多く紹介している。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより

     

     

     

     

    座間森

     

     

    座間の森   ざまのもり   ZAMA NO MORI

    江戸系  中生  

    白地に水色のかすりが入る涼しげな三英花。

    花径18cmほどの大輪。
    大柄な草姿で草丈も120cm以上になる。

    とても優美な品種だが、性質やや弱く繁殖が悪い。

    江戸花菖蒲の古花の一つで、江戸時代の末、葛飾堀切にかつてあった花菖蒲園、武蔵園の作と伝えられる。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより

     

    posted by: 1513neoya | 植物 | 04:48 | comments(0) | - |