明治神宮御苑 朝神楽 峰の雪 立田川
0

    引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

    解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

     

    6月13日

     

     

     

    朝神楽

     

     

    朝神楽   あさかぐら   ASAKAGURA

    江戸系   中生   小豆紅色の三英花。

    直径は12cm程度の中輪。
    花弁中央に開花当日だけ青色がぼかしのように入るが、次の日には目立たなくなる。

    草丈は100cmを超える。

    「猿踊」に少し似た、花弁の輪郭が描く曲線が美しい花である。

    江戸系の古花で、栽培は少ない。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより

     

     

     

     

    峰の雪

     

     

    峯の雪   みねのゆき   MINE NO YUKI

    江戸系   純白の三英花。

    花径はおよそ13cm前後の小輪。

    花弁の先が尖る。
    花弁が厚く堅く、葉も剣葉で堅い。

    草丈は低く60cm程度。

    性質繁殖は弱い。

    江戸花菖蒲の古花の一つ。

    明治18年には現存していた記録がある。

    小型であまり目立たない品種なので、栽培は希と思われる。

    東京都葛飾区の堀切菖蒲園と、静岡県浜松市の浜松フラワーパークでこの花を見たことがある。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより

     

     

     

     

    立田川

     

     

    立田川   たつたがわ   TATSUTA GAWA

    江戸系   中生   

    白地に紅の大覆輪の三英花。

    花径はおよそ16cm前後の中大輪。

    草丈は70cm前後。

    葉は垂れ葉。

    性質は多少弱く、繁殖は普通。

    江戸花菖蒲の古花の中でも、松平菖翁作出の「菖翁花」と呼ばれている品種の一つ。

    菖翁の品種目録、「花菖蒲花銘」には、「三英紅大底白」とある。

    現存する立田川は垂れ咲きで、受け咲きを好んだ菖翁の作としてはちょっとだらしない花に思えるが、「花菖蒲図譜」や三好学博士の「花菖蒲図譜」の図は、平咲きで花弁の縁に小波を巡らした粋な姿に描かれているので、菖翁作の「立田川」は今日の花とは別種で、もっと平咲きの花だったのかも知れない。


    熊本花菖蒲の多くの品種が本種から改良発達したとされ、特に「深芳野」などは立田川とよく似ている。

    菖翁作出の江戸の花でありながら、唯一熊本花菖蒲として満月会では扱われているという。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより
     

     

    posted by: 1513neoya | 植物 | 01:15 | comments(0) | - |