明治神宮御苑 七宝 五湖遊 長生殿
0

    引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

    解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

     

    6月13日

     

     

     

    七宝

     

     

    七宝(七寶)
    (しっぽう)


    菖翁花

    青紫に白筋が入る六英中輪。
    やや垂れた平咲き。

    七宝とは仏教で貴重とされる七種の宝物。
    金、銀、瑠璃、玻璃、珊瑚、瑪瑙などの宝石のこと。

                   (広島市植物公園より

     

     

     

     

    五湖遊

     

     

    五湖の遊   ごこのあそび   GOKO NO ASOBI

    江戸系   中晩生   青紫に白の小筋、六英で希に半八重になる。

    花径はおよそ14cm程度の中輪。
    草丈は60cm内外。

    性質、繁殖は普通。

    「花菖蒲花銘」には「牡丹咲き薄紫無地狂い」とある。

    菖翁が作出した品種の中でもトップクラスの名花だったようで、各年本の「花菖培養録」の中にも多く描かれており、「花菖蒲花銘」でも「宇宙」「月下の波」「霓裳羽衣」「獅子奮迅」に次ぐ五番目に記されている。

    また「菖蒲図譜」にも濃青色で、丁度今日の「霓裳羽衣」のような八重咲きの姿に描かれている。

    今日の「五湖の遊」は明るい青紫に白筋の入る受け咲きの六英なので、菖翁作のものとは別種かと思われるが、江戸後期流行の受け咲きの姿に咲き、時として旗弁が出て八重に近く咲くこともあり、「狂い」の特徴を現わすこともある。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより

     

     

     

     

    長生殿

     

     

    長生殿   ちょうせいでん   CHOSEIDEN

    江戸系   中生   白地にやや薄い紅紫の大覆輪。

    平咲きで花径はおよそ14cm程度の中輪。
    草丈は120cmを越え高く、性質は丈夫で繁殖も良い。

    江戸花菖蒲の古花の一つ。

    「菖花譜」という菖翁作などの花菖蒲品種目録に記載されており、それによると、万年禄三郎という人物の作とのことである。

    この人物は、菖翁は旧友と語っており、江戸時代末期、本所の割下水に住んだ旗本であった。

    菖翁は彼のことを「名に負おふ花好き」と呼んでいるが、菖翁のように自作の品種を秘蔵することなく、花菖蒲の新花を作出しては販売した。

    菖翁はそんな彼を「培養録」の中で、「ああ、彼は花を好んでも愛さなかったのか、珍しい花が現れるとすぐ売ってしまったと聞く。」といって嘆いてるが、これらの品種が堀切の小高伊左衛門に渡り、以降堀切の花菖蒲は益々隆盛を極めるようになったと考えられる。

    江戸時代の花菖蒲の育種家と言うと、松平菖翁ばかりが目立つが、菖翁の花が堀切に普及するのは幕末から明治に入ってからなので、菖翁以上に江戸後期の堀切の隆盛に貢献したのが、この万年氏ではないかと推察される。

    この長生殿という品種を、菖翁は「培養録」の中で「平咲きの雑花」と言っているが、今となっては花菖蒲の歴史の生き証人のような花である。

    なお、この品種を自家受粉させて実生すると海老茶色のようなくすんだ薄紅色の花が現れる。

    「峠の茶屋」などがこれに当たるが、江戸後期の花菖蒲の色彩の一つだったようだ。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

    posted by: 1513neoya | 植物 | 03:36 | comments(0) | - |