大暑
0

    今日7月23日は大暑です。

     

    白粉花(オシロイバナ)写真

     

    大暑

    大暑(たいしょ)は、二十四節気の第12。
    六月中(通常旧暦6月内)。

    現在広まっている定気法では太陽黄経が120度のときで7月23日ごろ。
    暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
    恒気法では冬至から7/12年(約213.06日)後で7月23日ごろ。

    期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立秋前日までである。

     

    季節

    快晴が続き、気温が上がり続けるころ。
    『暦便覧』には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されている。

    夏の土用が大暑の数日前から始まり、大暑の間じゅう続く。
    小暑と大暑の一か月間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送る

    大寒と互いに半年後・半年前である。
    小寒と小暑も同じ関係である。


    七十二候

    大暑の期間の七十二候は以下の通り。
     初候
      桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ) : 桐の実が生り始める(日本)

    桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)イメージ画像
      腐草為蛍(ふそう ほたると なる) : 腐った草が蒸れ蛍となる(中国)
     次候
      土潤溽暑(つち うるおいて あつし(じょくしょす)) : 土が湿って蒸暑くなる

                                   (日本・中国)

    土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)イメージ画像
     末候
      大雨時行(たいう ときに ゆく(ときどき おこなう)) : 時として大雨が降る

                                   (日本・中国)

    大雨時行(たいうときどきにふる)イメージ画像

                         (Wikipediaより)

     


     
    大暑(たいしょ)

    7月23日頃(令和元年は7月23日)。
    および立秋までの期間。
    太陽黄径120度。
    小暑から数えて15日目頃。
    「だいしょ」ともいいます。

    梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃。
    いよいよ本格的な夏の到来です。
    大暑って文字を見ているだけで汗が噴出してきそうな名前ですね。
    最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはもう少し後になります。

    動物園の白くまたちへの氷のプレゼントや打ち水などのイベントは、この大暑の日に合わせていることが多いようです。
     
      

    【打ち水】
    大暑の日に合わせて、各地で行われる打ち水のイベントも、もう恒例行事となりましたね。
    打ち水とは、道路や庭に水をまいて土埃を防いだり涼を得たりすることで、昔からの伝わる生活の知恵です。
    元々は神様が通る道を清めるためのものでしたが、江戸時代には、主に涼を得ることが目的となりました。 

     

    金魚写真

     

    夏日(なつび)
    この季節、ニュースや天気予報でよく耳にする「夏日」。
    これは暑さの指標に使われる言葉で、一日の最高気温によって使い分けられています。

    夏 日:25℃以上
    真夏日:30℃以上
    猛暑日:35℃以上


    熱帯夜:夜間の最低気温25℃以上

                        (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 01:37 | comments(0) | - |