明治神宮御苑 泉川 万代浪 雲衣裳
0

    引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

    解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

     

     

    6月13日

     

     

     

     

     

    泉川

     

     

     

    泉 川   いずみがわ   IZUMI GAWA

    江戸系   中晩生   ごく淡い水色地に青脈が入る六英花。

    花径は約14cm前後の中輪。
    茎葉はやや堅い感じを受け、草丈は高く100cmを越す。

    全体の雰囲気は「神代の昔」に近い。
    性質繁殖はやや劣る。

    江戸花菖蒲の古花の一つで、江戸時代後期に堀切で天保年間より開園した花菖蒲園、

    小高園の、二代目 伊左衛門によって作出され、「麒麟角」などとともに、江戸時代後期、

    最も名花として江戸の人々の名声を博した花と、葛飾区史に記されている江戸の名花。

    「神代の昔」に似ているが、芯が薄水色なのが特徴。

    花形、色彩とも江戸の粋を象徴するような玄人受けのする花。

    このホームページでは各系統の古花を多く掲載してある。

    現在、戦前に育成されたとされる古品種は、江戸花菖蒲が大船系を含めおよそ200品種前後、伊勢花菖蒲の古花は、およそ50品種前後、熊本花菖蒲の古花は、およそ30品種前後が現存している。

    何で新品種にくらべ花も見劣りし、性質も弱い古品種を多く紹介するのかと疑問に思われるかもしれないが、これらの花は花菖蒲の文化財であり、つまりは日本の伝統園芸の、ひいては日本文化の文化財だと思うからである。

    これがまず理由の一つ。

    二つ目は、現代の私たちが使用していない遺伝子を持っていて、使い方次第で新しい育種の展開が開ける可能性がある。

    三つ目に、長い時間人の審美眼を通って選ばれて来た花であり、感性豊かな古い時代の人たちの観賞眼によって選ばれて来た花なので、その美的な完成度の高さという点で、参考になる点が非常に多いこと。

    四つ目に、新花はいくらでも作出できるが、古花は一度絶やしたらそれでおしまいである。

    これらの理由からここで紹介し、保存が必要であることを訴えるため、古品種を多く紹介している。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)  

     

     

     

     

     

     

    万代浪

     

     

    万代の波   ばんだいのなみ   BANDAI NO NAMI

    江戸系   純白の平咲きから受け咲きの六英花。

    花径はおよそ16cmほどの中輪。
    花弁に波や襞が多く入る。

    草丈は100cmを超える。

    性質、繁殖は普通。

    江戸系の古花で、明治18年には現存した記録があり、花型からして、おそらく江戸時代後期の作と思われる。

    江戸古花の中では、性質も丈夫なので、昔からよく普及した品種である。

                  (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)  

     

     

     

     

     

     

    雲衣裳

     

     

    雲衣裳   くもいしょう   KUMO ISYOU

    江戸系   早生   薄紫に濃い紅紫の脈と砂子が入る椀咲きの六英花。

    花径はおよそ13cm程度の中輪。
    草丈は100cm前後。

    繁殖は普通。

    花弁の質がやや弱い。

    江戸花菖蒲の古花で、松平菖翁の「花菖蒲花銘」にこの名前が出てくるが、単純な花容なので菖翁作ではないように思う。

    以前、「蝦夷錦」と混同されていた。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

    posted by: 1513neoya | 植物 | 03:15 | comments(0) | - |