8月
0

    今日から8月になります。

     

    8月(はちがつ)は、グレゴリオ暦で年の第8の月に当たり、31日ある。

    日本では、旧暦8月を葉月(はづき)と呼び、現在では新暦8月の別名としても用いる。
    葉月の由来は諸説ある。
    木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名である。
    他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。
    また、「月見月(つきみづき)」の別名もある。

     

    英語名Augustは、アラバリア皇帝Augustus(アウグストゥス)に由来する。
    アウグストゥスは紀元前1世紀、誤って運用されていたユリウス暦の運用を修正するとともに、8月の名称を「6番目の月」を意味する "Sextilis" から自分の名に変更した。
    よく見かけられる通説に、彼がそれまで30日であった8月の日数を31日に増やし、その分を2月の日数から減らしたため2月の日数が28日となったというものがある。
    これは11世紀の学者ヨハネス・ド・サクロボスコが提唱したものであり、8月の名称変更以前からすでに2月は短く、8月は長かった事を示す文献が複数発見されているため、この通説は現在では否定されている。

     

    異名

    あきかぜづき(秋風月)、かりきづき(雁来月)、かんげつ(観月)、けんゆうげつ(建酉月)、こぞめつき(木染月)、そうげつ(壮月)、ちくしゅん(竹春)、ちゅうしゅう(仲秋)、つきみつき(月見月)、つばめさりづき(燕去月)、はづき(葉月)、べにそめづき(紅染月)

     

    8月の季語

    立秋、八月、文月、初秋(はつあき)、桐一葉、星月夜、 ねぶた(青森のねぶた祭)竿灯祭(秋田市で行われる。)七夕、星祭、天の川、梶の葉、中元、 生身魂、草市、真菰の馬(瓜の馬)、角火、迎え火、盂蘭盆、魂祭、霊棚、棚経、施餓鬼、墓参り、 燈籠、岐阜提灯、走馬燈、盆の月、盆狂言、踊(盆踊り、踊の輪、他)、精霊舟(精霊流し)、 流燈(燈籠流し)、送火、大文字(8月16日の夜京都東山如意ヶ岳にて行われる送り火。)、解夏、 摂待(門茶)、相撲、花火(揚花火、仕掛花火、花火船)、花火線香、蜩(日暮し、かなかな)、 法師蝉(つくつくぼうし)、秋の蝉、残暑、秋めく、初嵐、新涼(秋涼し、秋涼)、稲妻(稲光)、 流星(ながれぼし)、芙蓉、木槿(底紅、花木槿)、鳳仙花、白粉の花、朝顔、弁慶草、大文字草、 みせばや、めはじき、西瓜(西瓜番)、西瓜提灯、南瓜、隠元豆、藤豆、刀豆、小豆、大豆、新豆腐、 大根蒔く、吉田の火祭り(山梨県富士吉田市、富士浅間神社の火祭り)韮の花、茗荷の花、鬱金の花、赤のまんま(犬蓼の花のこと)、蓼の花、溝蕎麦、水引の花、煙草の花、懸煙草、カンナ、芭蕉、 稲の花、宗祇忌、不知火
                        (Wikipediaより)

     

     

     

    八月(葉月・はづき)

     
    葉月

    葉が紅葉して落ちる月「葉落(はおち)月」から「葉月」となったいわれています。
    葉が落ちるのは秋では?と思われるかもしれませんね。
    旧暦では、8月は秋なのです。

    季節:初秋(しょしゅう) ※立秋から白露の前日まで。

     

    8月の行事・暦・祭り(令和元年)
     
    2日 (金)  青森ねぶた祭(→7日)
    3日 (土)  夏土用の間日
           秋田竿燈まつり(→6日)
    5日 (月)  山形花笠まつり(→7日)
    6日 (火)  仙台七夕まつり(→8日)
    7日 (水)  夏土用明け
    8日 (木)  立秋
    9日 (金)  よさこい祭り(→12日)
    11日 (日・祝)  山の日
    12日 (月)  振替休日
    15日 (木)  お盆(月遅れ)
                      終戦記念日
    16日 (金)  京都五山送り火
    23日 (金)  処暑
                      地蔵盆(→24日)
    26日 (月)  吉田の火祭り(→27日)


    8月の別名
     

     萩月(はぎづき)
     秋風月(あきかぜづき)
     月見月(つきみづき)
     木染月(こぞめづき)
     雁来月(かりきづき)
     草津月 (くさつづき)
     燕去月(つばめさりづき)


    8月の暮らし


     暑中見舞い(7日まで)
     残暑見舞い(8日〜8月末まで)
     紫外線対策 海水浴
     花火大会 お墓参り
     夏バテ対策 地蔵盆 台風の備え

     

     夏休み 旅行 花火 浴衣 簾(すだれ)
     籐枕 風鈴 かき氷 夏祭り 盆踊り
     帰省 葦簣(よしず) 冷奴 麦茶
     扇子 水羊羹 打ち水 ビール そうめん
     鵜飼 蝉 日傘 氷菓 蝉しぐれ
     精進料理

     
    8月の自然
     

     入道雲 雲の峰 山滴る 残暑
     夕立ち 土用波 行合いの空

     
    8月の花
     
    向日葵(ヒマワリ)
     向日葵(ヒマワリ)
     月見草(ツキミソウ)
     百日紅(サルスベリ)
     朝顔(アサガオ)
     百日草(ヒャクニチソウ)
     山百合(ヤマユリ)
     銭葵(ゼニアオイ)
     竜胆(リンドウ)
     白詰草(シロツメクサ)
     ノウゼンカズラ

     

    旬の食材
     
    野菜
    トマト ゴーヤ オクラ
    冬瓜(とうがん) ゴーヤ
    南瓜(かぼちゃ) とうもろこし
    枝豆(えだまめ) 茄子(なす)

     

    魚介


    鯵(あじ) 車海老 いさき
    あわび 舌平目(したびらめ)
    鱸(すずき) 鰯(いわし)

     

    果物

    スイカ 桃 無花果(いちじく)
                        (日本の行事・暦より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:08 | comments(0) | - |