明治神宮御苑 江戸自慢 群山の雪 滋賀浦波
0

    引き続き明治神宮御苑で撮した花菖蒲を載せていきます。

    解説に加茂花菖蒲園花菖蒲データベース等を添えています。

     

     

    6月13日

     


     

     

     

     

     

    江戸自慢

     

     

    江戸自慢   えどじまん   EDOJIMAN

    江戸系   艶やかな本紫の三英花。

    花径は約14cm程度の中小輪。

    写真は、岩手県の毛越寺から譲り受けた個体。

    小型で可憐な花だが、紫色が何とも言えない濃い色で美しい。

    江戸系の古花で、明治18年には現存していた記録がある。

    栽培は希な品種。

                (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

     

     

     

     

     

    群山の雪

     

     

    群山の雪   ぐんざんのゆき   GUNZAN NO YUKI

    江戸系   純白の平咲き六英花。

    花径はおよそ14cm程度の中輪。

    草丈は100cm前後。
    性質、繁殖は普通。

    江戸花菖蒲の古花の一つ。

    シンプルで単純な花容を持つ。

    「佐野の渡」や「白 滝」などによく似ている。

                  (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

     

     

     

    滋賀浦波

     

     

    滋賀の浦波   しがのうらなみ   SHIGA NO URANAMI

    江戸系   早生   明るい藤色を含む紫色に鮮明な白筋が入る六英咲き。

    花の直径は約18cm程度の中大輪。

    草丈は高く120cmを越す。

    性質、繁殖は普通。

    江戸系の古花で、明治18年には現存していた記録のある古い品種。

    明るい色彩で早く咲き、草丈も高いので、目立つ品種である。

    東京の堀切菖蒲園に行くと、この品種と、「亀の井」、「浦安の舞」などが多く植栽されており、
    ブルー系の品種が効いているのか、園全体がとても美しく感じられた記憶がある。

    露地植えで、低い位置の水田に植え、花を上から見下ろしていた昔の江戸の観賞方法からか、

    草丈はかなり高く、良く出来ると150cmくらいにはなる。

    江戸系の古花には、このように草丈のひじょうに高い品種が散見される。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

    posted by: 1513neoya | 植物 | 03:52 | comments(0) | - |