明治神宮御苑 利根川 玉峰蓮 佐野渡
0

    6月13日

     

     

     

    利根川

     

     

    利根川  とねがわ  Tonegawa

     

    江戸系 【英数】三英 【花色】白 中輪 【開花時期】6月中旬

     

    分類:垂れ気味の平咲き三英花です。中には平咲きのものもあります。

    外花被:薄い赤紫色地に赤紫色の筋入り、周縁部は白色です。赤紫色の砂子が入る場合があります。

    内花被:赤紫色地に白色の覆輪が入り、立つものが多いです。

    花柱枝:薄い赤紫色で、縁部は白色、ずい弁には赤紫色の筋が入ります。

                        (玉川大学農学部より)

     

     

     

     

    玉峰蓮

     

     

    玉宝蓮   ぎょくほうれん   GYOKUHO REN

    江戸系   早中生   薄赤紫色の玉咲き珍花。

    花径はおよそ7cm程度の小輪。
    開花2日め以降は開くが、この花は玉咲きになっているところを見る花である。
    江戸系の古花の一つで、明治18年には現存した記録がある。

    江戸古花にはこのタイプの花に、ほかに「八重玉宝蓮」、「竜の爪」、「白竜の爪」。
    絶種したが、六英白花爪咲きの「銀玉」、「折 鶴」、青紫の「突羽根」、「舞 鶴」などの変わり咲きがある。

    これらはみな小型の花だが、こんな変わり咲きまで観賞の対象としたところが江戸花菖蒲の大きな特徴である。

    何でも飲み込んだ大江戸の性格そのままである。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

     

     

     

     

     

    佐野渡

     

     

    佐野の渡   さののわたし   SANO NO WATASHI

    江戸系   純白の六英花。

    花径はおよそ13cm前後の中輪。

    草丈は高く、100cmを越す。
    性質は丈夫で繁殖も良い。

    江戸花菖蒲の古花の一つで、丈夫でよく殖えるので昔から普及している品種。

    「群山の雪」とよく似ているが、小型の旗弁が1〜2本見られるのが特徴。

                   (加茂花菖蒲園花菖蒲データベースより)

     

    posted by: 1513neoya | 植物 | 03:30 | comments(0) | - |