地蔵盆
0

    今日8月24日は地蔵盆です。

     

    地蔵盆

    地蔵盆(じぞうぼん)は、地蔵菩薩の縁日で、厳密には毎月24日であるが、一般的には、その中で特にお盆にも近い旧暦7月24日のものをいう。
    ただし、寺院に祀られている地蔵ではなく、道祖神信仰と結びついた「路傍や街角のお地蔵さん」いわゆる「辻地蔵」が対象となっている。

    ユネスコの無形文化遺産や、日本国の民俗文化財などに該当する。

     

          村の辻の地蔵堂(地蔵盆の宵)

    前に積まれている供え物は、やってきた子供達に配られる。

    電球ではなく、蝋燭の入った提灯はほの暗い

     

    概説

    期間としては、当日の前日の宵縁日(旧暦7月23日)を中心とした3日間を指す。
    縁日(祭り)はその期間内の特定の日を選んで行われる。

    旧暦7月24日以外の地蔵菩薩の縁日の24日は、地蔵会(じぞうえ)、地蔵祭と呼ばれるが、旧暦7月24日については盂蘭盆会(お盆)の時期に近く、それにちなんで地蔵盆と呼ばれるようになった。
    現代では、参加する人々の仕事などに合わせ、多少日程をずらして土日に行うところも増えている。
    現在では新暦で行われ、新暦7月24日前後の地域と、月遅れで8月24日前後の地域に分かれるが、どちらかというと8月23・24日が多い。

    地蔵盆は近畿地方を中心とする地域で盛んな行事である。
    (長野県長野市の善光寺や長崎県対馬市厳原町など、近畿地方から離れた地方でも地蔵盆を行う地域は存在する)。
    一方、関東地方や東北地方では地蔵信仰自体が浸透していないため、地蔵盆も殆ど行われない。
    ただし東北地方であっても、宮城県の気仙沼市など、遠隔地との文化交流が古来からあるような古い港町ではこの限りではない。

     

              地蔵盆の提灯

     

    地蔵祭では、地蔵のある町内の人々がこの日にかけて地蔵の像を洗い清めて新しい前垂れを着せ、化粧をするなどして飾り付けて、地蔵の前に集って灯籠を立てたり供え物をしたりして祀る。
    地蔵盆の前後には、地蔵の据えられる家や祠の周囲などに、地蔵盆独特の提灯が多く飾られる。
    京都では子供が生まれると、その子の名前を書いた提灯を奉納する風習がある。
    おおむね女子は赤、男子は白で、その子が地蔵盆に参加している間は、毎年飾られる。

     

    地蔵菩薩は中近世以降子供の守り神として信仰されるようになった。
    広く知られた伝説によれば、地蔵菩薩が、親より先に亡くなった子供が賽の河原で苦しんでいるのを救うという。
    このことから地蔵祭においては特に子供が地蔵の前に詣り、その加護を祈る習わしになっている。
    ところによっては、仏僧による読経や法話も行われるが、おおむねそれらの多くは子供たちに向けたものである。
    地域によっては、地蔵盆当日の朝に「数珠回し」を行う。

     


    これは、町内の子供が、直径2〜3メートルの大きな数珠を囲んで座り、僧侶の読経にあわせて順々に回すというものである。

    今日では地蔵盆は子供のための祭とも言え、地蔵に詣った子供たちは地蔵の前に集まった席で供養の菓子や手料理などを振る舞われる場合が多い。
    また地域の子供たちが一堂に会するため、子供たちに向けたイベントも行われたり、そのまま子供たちの遊び場となることもしばしばである。

    初日朝に地蔵盆の用意をし、仏僧による読経、子供におやつの配布(日に一度か二度)、夜のイベント(踊りや線香花火など)。
    翌日、おやつ配布、お供えのお下がり配布、後片付けといった流れが多いようである。
    しかし、子供が少なくなったことや大人たちの都合がつきにくくなったりすることから、一日で終えてしまう町内も増えつつある。

     

    また、地蔵盆における福引は、「ふごおろし」とも呼ばれる形式で行われていた。
    福引担当の家の向かいの家から渡したロープにつるし紐で手繰り寄せた。
    その後、その品を紐で1階へ下ろして渡すものである。
    しかし、最近ではこういった福引はほとんど見られなくなった。

     

    また、町内によっては天道大日如来を祀っており、それらの町内では大日如来の縁日である旧暦7月28日もしくは、それ前後(地蔵盆同様、お勤めの時期に7月もしくは8月の差異あり)に、同様の祭りである大日盆を行う。
    上述の地蔵盆と同じく日程をずらして土日にすることが多いため、年によっては他の町内に1週間遅れて大日盆を勤めることもある。
                          (Wikipediaより)

     

     

    新聞ふこおろし2.JPG

    さて、その「地蔵盆」の中で印象的だったのは、この新聞記事である「ふごおろし」(そういう名前というのは後に知りました)。

    私の町内では夏休みに毎朝ラジオ体操が行われていたのですが、それにどれだけ参加したか出席のスタンプの数で景品をもらえるのです。

    それがこの「ふごおろし」でふご(籠)に景品が入れられて降りてくるのです。

    うちの町内は公園でしていたため、裏山の木の枝にロープをくくりつけ、そこから大人がふご(籠)を下ろします。

    そして下で待っている子どもたちにその景品が渡されるというわけです。

    その時は子ども心にも上から降りてくる(!)景品が誰にあたるのか、中身は何なのか、ワクワク感が半端なかったように思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ふごおろし3.JPG

     

    なぜ上から降りてくるのか、その時は全く不思議に思いませんでした。

    後に同じ京都市内の人たちにこのような「ふごおろし」があったか聞いてみると知らない人が多く、不思議に思っていましたが、この写真のように今でも続けられているのは東山区今熊野学区、まさに私の出身地。

    ちなみに地蔵盆開催率が最も高いのはこの東山区だそうです。

     

    これは鞍馬寺の名産の火打ち石を参詣人相手にこのふご(籠)に入れて販売していた様子を描いたものです。

    おそらく、地蔵盆の「ふごおろし」はここに由来すると思われます。(諸説あり)

    500年前に行われていたことが名前はそのままに今に伝わっていることが本当に驚きですね。

                    (うつわの小径より)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    地蔵盆の由来

     

    地蔵盆の由来にはいくつかの説があり、本来の由来はこれ!という、決まった説がありません。

    ただ、子供の成長や幸福を願う地蔵盆の背景には、地蔵菩薩のこんな物語があります。

    親に先立って亡くなった子供たちが、三途の川の賽さいの河原で、両親や兄弟たちを懐かしみ石の塔を築くと、鬼がやってきてそれを壊してしまいます。

    それを哀れんだ地蔵菩薩が、子供たちを抱いて錫杖しゃくじょうの柄に取り付かせ、自分が子供たちの親となって救うことを誓いました。

    それ以来、町の辻に地蔵菩薩を建立し、こどもの幸福を祈る民間信仰として近畿地方で広まったといわれています。

     

    この他に、地蔵盆の由来としてよく語られているのが、小野篁おののたかむらのエピソードです。

    小野篁

     

    小野篁は、平安時代前期の公卿であり、歌人としても知られています。

    お公卿さまですから、昼はもちろん朝廷に仕えていましたが、夜になると井戸を通って地獄に降り、閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたのだそうです。

    ある日小野篁が地獄へ降りると、地獄で苦しんでいる死者の代わりに、閻魔大王が地獄の炎で自分の身を焼いて苦しんでいる様子を見てしまいます。

    そこで小野篁は、満慶上人とともに閻魔大王を救済するための供養を行ったというものです。

    あれ?どうして地蔵菩薩じゃなくて閻魔大王の話なの?と、思ったかもしれません。

    当時の日本では、閻魔大王は地蔵菩薩の化身とされ、同一のものと考えられていたのです。

    そこから、旧暦7月24日(お地蔵様の縁日)に、地蔵菩薩を供養し祀る日として「地蔵盆」が生まれたというわけです。
    ※古来日本では、旧暦7月1日からの1ヶ月間がお盆期間とされていました。

     

    それにしても 閻魔大王=地蔵菩薩とは、なんとなく腑に落ちないものがあるのではないでしょうか。

    そこには、ちゃんとした理由がありました。

     

    地蔵菩薩と閻魔大王の関係

    地蔵菩薩は、お釈迦様が亡くなった後、弥勒菩薩が現れるまでの無仏の間、濁悪の世界からすべての人を救済する事を仏様にゆだねられた菩薩様です。

    また、六道に落ちた人間を救済することでも知られています。
    ※六道とは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の六つの迷界を指します。

    地蔵菩薩は、人々を救おうとする時に様々な姿をとります。

    その中の一つが閻魔大王なのです。

    「人は亡くなると、よほどの善人や悪人で無い限りは中陰という存在になり、順次十王の裁きを受ける事になる。」という十王信仰と呼ばれるものがあります。

    裁きを受けるといわれているのは、初七日から7日ごとに七七(四十九)日までと、百か日、一周忌、三周忌になります。

    そして、十王には本地仏といわれる本来の姿があり、本地仏は十王に姿を変えてそれぞれの役割を果たしています。

    十王と本地仏は、以下のように対応しています。

    • 初七日 泰広王(不動明王) 殺生について取り調べる。
    • 二七日 初江王(釈迦如来) 偸盗(盗み)について取り調べる。
    • 三七日 宋帝王(文殊菩薩) 邪淫の業について取り調べる。
    • 四七日 五官王(普賢菩薩) 妄語(うそ)について取り調べる。
    • 五七日 閻魔王(地蔵菩薩) 六道の行き先を決定する。
    • 六七日 変成王(弥勒菩薩) 生まれ変わる場所の条件を決定する。
    • 七七日 泰山王(薬師如来) 生まれ変わる条件を決定する。
    • 百箇日 平等王(観音菩薩)
    • 一周年 都市王(勢至菩薩)
    • 三周年 五道転輪王(阿弥陀如来)

    はい!
    ここで、五番目にある五七日に注目してください。

    「閻魔王(地蔵菩薩)」とあります。

    閻魔王(閻羅王とも言われます)とは、もちろん閻魔大王のことです。

    そして、その本地仏が地蔵菩薩となっています。

    • 閻魔大王が地蔵菩薩の化身である
    • 閻魔大王と地蔵菩薩は同一である

    という考え方は、ここから来たものです。

     

    最後に・・・

    小野篁のエピソードは、矢田寺(正式には金剛山寺)に伝わるものです。

    ただ先に書いたようなよく聞くエピソードと、矢田寺に伝わっているお話には若干の違いがあります。

    言い伝わる中で、少し変わってしまったのかもしれません。

    ここに、矢田寺に伝わるお話を、要約してご紹介します。

     

    閻魔王の補佐をしていた小野篁は、ある時、「菩薩戒を受けたいが戒師が冥府には居ない。何とかならないか」と、閻魔王から相談を受けます。

    そこで、かねてより尊崇している矢田寺の僧、満慶を紹介すると「直ぐにでもこの冥府へお越し願いたい」と命じられました。

    この事を満慶に伝えると、満慶は快諾し、小野篁と共に冥府へ赴いて閻魔王に菩薩戒をさずけます。

    そのお礼として、閻魔王は満慶が望んだ「地獄を見て回る事」を許すと自ら地獄を案内しました。

    満慶は、亡者が苦しむ地獄の様子に身の毛もよだつ思いでしたが、その中で、亡者に変わって地獄の苦しみを自ら受ける地蔵菩薩の姿を見たのです。

    地蔵菩薩の姿に感銘を受けた満慶が、礼拝すると共に教えを請い願うと
    「苦しみを持つ者・苦しみを恐れる者は我に縁を結びなさい。それには、わが姿を拝みわが名を唱えるとよい、そうすれば必ず救われるであろう」
    と、答えられたそうです。

     

    その後、矢田寺に戻った満慶は、地蔵菩薩の教えに従うべく仏師に地蔵菩薩像を彫らせますが、どうしても、その姿を再現することができず、むなしい日々が過ぎていきました。ある日、4人の翁が突然現れると、三日三晩で、地獄で出会った地蔵菩薩の姿そのままの地蔵菩薩像を完成させてしまいます。

    翁たちは、ただ驚いている満慶に対し「我らは仏法守護の神である」と告げると五色の雲に乗って、春日山の方へ飛び去っていきました。

     

    そして、この地蔵菩薩像が矢田寺の本尊となりました。

    現在、京都の矢田寺に安置されている 代苦受だいくじゅ地蔵」が、この時の地蔵菩薩像です。

     

     

     

     

     

    小野篁と共に冥府へ赴いた満慶は、当時、奈良の矢田寺の住職であり、京都の矢田寺は、弘仁13(822)年に奈良の矢田寺の別院として建てられたものということを申し添えます。

                        (いい日本再発見より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:22 | comments(0) | - |