明治天皇の人柄と影響について
0

    明治天皇の人柄と影響について

     

     

    栃木県那須村演習統監時の写真

    (明治42年(1909)11月、参謀本部陸地測量部写真班撮影)

     

    明治天皇(めいじてんのう、1852年11月3日〈嘉永5年9月22日〉- 1912年〈明治45年〉7月30日)は、日本の第122代天皇(在位: 1867年2月13日〈慶応3年1月9日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)。

    諱は睦仁(むつひと)、称号は祐宮(さちのみや)。

    お印は(えい)。

    倒幕・攘夷派の象徴として近代日本の指導者と仰がれる。

     

    功績・人物像から明治大帝(めいじたいてい、英:Meiji the Great)・明治聖帝(めいじせいてい)・睦仁大帝(むつひとたいてい、英:Mutsuhito the Great) とも呼ばれた。

    皇族以外の摂政を置き、かつ在位中に征夷大将軍がいた最後の天皇である。

    一方で、皇室史上初めて洋装をし、一世一元の制を定め、複都制としながらも関東(東京)の地に都を遷した最初の天皇でもある。

     

     

    明治天皇、ニューヨーク・トリビューン紙に掲載されたロンドン・ニュースによるイラスト(1905年)。

     

    人柄と影響

    ●「明治新政府、近代国家日本の指導者、象徴」として国民から畏敬された。日常生活は質素を旨とし、どれほど寒い日でも暖房は火鉢一つだけ、暑中も軍服(御服)を脱がずに執務するなど、自己を律すること峻厳にして、天皇としての威厳の保持に努めた。

    ●皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)のための住居として建築された赤坂の東宮御所(現在の迎賓館)の完成を報告しに来た片山東熊に「華美過ぎる」と言い、片山はそのショックで「病気がちになった」という。

    皇女の東久邇聡子の証言では、「記憶力が抜群で、書類には必ず目を通したあと朱筆で疑問点を書きいれ、内容を全て暗記して次の書類と相違があると必ず注意し、よく前言との相違で叱責された伊藤博文は『ごまかしが効かない』と困っていた」とある。

    ●「日本の残すべき文化は残し、外国の取り入れるべき文化は取り入れる」という態度を示した。

    ●乗馬と和歌を好み、文化的な素養にも富んでいた。

    蹴鞠も好み、自身でも蹴鞠をし、教えもした。

    蹴鞠の作法を知る人が少なくなったのを憂い「蹴鞠を保存せよ」との勅命と下賜金でもって明治40年(1907年)5月7日に飛鳥井家の蹴鞠を伝える蹴球保存会を梅渓道善(うめたにみちとう)を初代会長に発足させた。

    ●当時の最新の技術であったレコードをよく聴き、唱歌や詩吟、琵琶歌などを好んでいた。

    機嫌の良い時は琵琶歌を歌っていたが、周囲の証言では「あまり上手ではなかった」とある。

    奈良時代に聖武天皇が肉食の禁を出して以来、皇室ではタブーとされた牛肉と牛乳の飲食を自ら進んでし、新しい食生活のあり方を国民に示した。

    ●散髪脱刀令が出された後の明治6年(1873年)3月、明治天皇が西洋風に断髪したことで、国民も同様にする者が増えたという。

    ●一方で普段は茶目っ気のある性格で皇后や女官達は自分が考えたあだ名で呼んでいたという。

    また私生活では、日本酒を好み、夜は女官たちと楽しそうに宴会をすることが多かった。

    晩年は糖尿病を患い酒量は減退したが、健康のためにそれでもワインなどを飲んでいた。

    ●「兵たちと苦楽を共にする」という信念を持っていた。

    例えば日清戦争で広島大本営に移った際、「暖炉も使わず殺風景な部屋で立って執務を続ける」といった具合であった。

    こうした態度は、晩年に自身の体調が悪化した後も崩れることがなかった。

    若い頃(とりわけ明治10年代)には、侍補で親政論者である漢学者・元田永孚や佐々木高行の影響を強く受けて、西洋の文物に対しては懐疑的であり、また自身が政局の主導権を掌握しようと積極的であった時期がある。

    ●元田永孚の覚書「古稀之記」によると、天皇は伊藤博文の欠点を「西洋好き」と評していた。

    ●教育に関しては儒学を基本にすべしとする元田の最大の理解者でもあり、教育行政のトップに田中不二麿や森有礼のような西洋的な教育論者が任命されたことには不快感を抱いていた。

    特に明治17年(1884年)4月下旬に森が文部省の顧問として御用掛に任命されることを知ると、「病気」を口実に伊藤(宮内卿兼務)ら政府高官との面会を一切拒絶し、6月25日まで2か月近くも公務を放棄して引籠もって承認を遅らせている。

    こうした事態を憂慮した伊藤は、初代内閣総理大臣就任とともに引き続き初代宮内大臣を兼ねて、天皇の意向を内閣に伝達することで天皇の内閣への不信感を和らげ、伊藤の目指す立憲国家建設への理解を求めた。

    その結果、明治19年(1886年)6月23日に宮中で皇后以下の婦人が洋装することを許可し、9月7日には天皇と内閣の間で「機務六条」という契約を交わして、天皇は内閣の要請がない限り閣議に出席しないことなどを約束(「明治天皇紀」)して天皇が親政の可能性を自ら放棄したのである。

    ●無類の刀剣愛好家としても知られている。

    明治14年(1881年)の東北巡幸では、山形県米沢市の旧藩主、上杉家に立ち寄り休憩したが、上杉謙信以来の名刀の数々の閲覧に夢中になる余り、翌日の予定を取り止めてしまった(当時としても公式日程のキャンセルは前代未聞である)。

    以後、旧大名家による刀剣の献上が相次ぎ、自身も「水龍剣」、「小竜景光」といった名剣を常に帯刀していた。

    これらは後に東京国立博物館に納められ、結果として名刀の散逸が防がれることとなった。

    反面、集めるだけでなく試し斬りを好み、数多くの名刀を試し斬りにて損傷させてもいる。

    ●明治34年(1901年)に伊藤博文が内閣総理大臣の辞表を提出した時は「卿等は辞表を出せば済むも、朕は辞表は出されず」と述べた。

    現に明治22年(1889年)に制定された旧皇室典範と登極令で退位禁止が明文化されていた。

    ●「大の写真嫌い」であったことは有名である。現在最も有名なエドアルド・キヨッソーネ(お雇い外国人の一人)による肖像画は写真嫌いの明治天皇の壮年時の「御真影」がどうしても必要となり、苦心の末に作成されたものである。

    しかしながら明治29年(1896年)に、当時の東京府南葛飾郡(現在の東京都墨田区)に存在した水戸徳川家の私邸を訪問した際に、邸内を散策する明治天皇が隠し撮りされた写真が平成29年(2017年)に発見された。

    また最晩年の明治44年(1911年)、福岡県八女郡下広川村において陸軍軍事演習閲兵中の姿を遠くから隠し撮りした写真が残っており、これが生前最後に撮影された姿といわれている。

    ●最晩年は体調も悪く歩行に困難をきたすようになった。

    天皇自身、身体の衰えに不安を持っていて、「朕が死んだら世の中はどうなるのか。もう死にたい」「朕が死んだら御内儀(昭憲皇太后)がめちゃめちゃになる」と弱音を吐いたり、糖尿病の進行に伴う強い眠気から枢密院会議の最中に寝てしまい「坐睡三度に及べり」と侍従に愚痴るなど、これまでの壮健な天皇に見られなかったことが起こり、周囲を心配させた。

    大喪の日には、陸軍大将・乃木希典が妻・静子とともに殉死し、社会に波紋を呼ぶこととなった。

    ●貧困層に対する医療政策として明治44年(1911年)2月11日、『済生勅語』によって、皇室からの下付金150万円を済生会創設に下付された。

    ●諸外国では切手や貨幣に国家元首の肖像が数多く用いられていることから、エドアルド・キヨッソーネが明治天皇の肖像図案を提案したが拒絶された。

    そのため明治天皇の肖像切手は一度も発行されていなかったが、セルビアで2007年(平成19年)に発行された「セルビア・日本相互関係125年」記念切手の図柄に、関係樹立当時のセルビア国王ミラン1世と、若き明治天皇の肖像(右の画像1枚目)が描かれている。

    ●日露戦争で勝利した日本に列強支配打倒の希望を持った一部のイスラム教徒により、明治天皇カリフ化計画が「イジュティハート」誌上の論文にて主張された。

    イランからはタバタバーイーらの立憲派学者が明治天皇に電報を打ち、イスラム社会への保護と支援を求めた。

                        (Wikipediaより)

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:47 | comments(0) | - |