9月  二百十日
0

    今日から9月です。

    9月(くがつ)はグレゴリオ暦で年の第9の月にあたり、30日ある。

    日本では、旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いる。
    長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力である。
    他に、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説がある。
    また、「寝覚月(ねざめつき)」の別名もある。

     

    英語での月名、Septemberは、ラテン語表記に同じで、これはラテン語で「第7の」という意味の「septem」の語に由来しているのに不一致が生じているのは、紀元前153年に、それまで3月を年の始めとしていた慣例を1月に変更したにもかかわらず、名称を変えなかった為であり、7月と8月にローマ皇帝の名が入ってずれたというのは俗説である。
    これは7月がガイウス・ユリウス・カエサルによって「Julius」に改める以前は「Quintilis」といい、これがラテン語で「第5の」という意味の「quintus」の語に由来していて、既にずれが発生していたことからもわかる。

    日本の学校年度や会計年度は大半が4月始まりであるが、世界に目を向けると9月を採用している国が多い。(アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパ、中華人民共和国など)

     

    異名

    いろどりづき(彩月)、いわいづき(祝月)、えいげつ(詠月)、きくさきづき(菊開月)、きくづき(菊月)、くれのあき(晩秋)、げんげつ(玄月)、けんじゅつづき(建戌月)、せいじょづき(青女月)、ちくすいづき(竹酔月)、ながつき(長月)、ねざめづき(寝覚月)、ばんしゅう(晩秋)、ぼしゅう(暮秋)、もみじづき(紅葉月)


    9月の季語

    仲秋、八朔、二百十日、颱風、野分、初月、秋の夜、としよりの日、生姜市、花野、秋草、すすき、撫子、くつわむし、蚯蚓鳴く、蓑虫、初潮、月、枝豆、芋、十六夜、子規忌、霧、蜻蛉、うすばかげろふ、秋の蝶、秋の蚊、 秋扇、富士の初雪、秋彼岸、蛇穴に入る、雁、角切、曼珠沙華、鶏頭、 二十三夜、秋の海、鰯、鮭、鯊、鰍、竹の春、草の花、 蘭、コスモス、露草、蕎麦の花、糸瓜、唐辛、秋茄子、紫蘇の実、生姜、菜虫、 胡麻、玉蜀黍、稗、粟、木犀、爽やか、冷やか、秋の水
                        (Wikipediaより)

     


     

    九月(長月・ながつき)
     

    長月

    日増しに夜が長くなるので「夜長月」。
    それが「長月」になったといわれています。

    季節:仲秋(ちゅうしゅう) ※白露から寒露の前日まで。

     

    9月の行事・暦(令和元年・2019年)
    1日 (日)二百十日
    8日 (日)白露
    9日 (月)重陽の節句
    11日(水)二百二十日

    13日(木)十五夜

    16日(月・祝)敬老の日
    20日(金)彼岸の入り
    23日(月・祝)秋分 秋分の日
    26日(木)彼岸明け

     

     

     

    9月の別名
     

    玄月(げんげつ) 菊月(きくづき)
    季秋(きしゅう)
    色取月(いろどりづき)
    小田刈月(おだかりづき)
    健戌月(けんじゅつげつ)

     
    9月の暮らし
     

    新学期 防災のチェック
    夏用の家具などの片付け
    敬老の日の贈りもの選び
    お墓参り 台風対策

    お団子 台風 お彼岸 おはぎ 虫の声 菊酒
    味覚狩り 秋の七草

     
    9月の自然
     

    行合いの空(ゆきあいのそら)
    野分(のわき) 宵闇(よいやみ)
    秋霖(しゅうりん) 初涼 色なき風
    秋の長雨 いわし雲

     
    9月の花
     

    彼岸花(ヒガンバナ) ダリア
    芙蓉(フヨウ) 秋桜(コスモス)
    女郎花(おみなえし) 萩
    金木犀(キンモクセイ) すすき
    銭葵(ぜにあおい)
    白詰草(しろつめくさ)


    旬の食材
     
    野菜


    茄子(なす) 冬瓜 オクラ
    かぼちゃ しめじ さつまいも
    ごぼう 枝豆

    魚介
    鰆(さわら) 鰹(かつお)
    鯖(さば) 秋刀魚(さんま)

    さんま

    果物
    梨 柿 ぶどう


    季節の言葉
    秋の七草(あきのななくさ)
    萩(はぎ)・桔梗(ききょう)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・尾花(おばな ※「すすき」のこと)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)
    春の七草はお粥にしていただきますが、秋の七草は見て楽しみます。
                                               (日本の行事・暦より)

     

     

    十五夜

     

     

    二百十日(にひゃくとおか)は、雑節の一つで、立春を起算日として210日目(立春の209日後の日)である。
    日付ではおよそ9月1日頃である。(令和元年は9月1日である。)
    台風の多い日もしくは風の強い日といわれるが、必ずしも事実ではない。

     

    日付

    二百十日の日付は、回帰年と暦年の長さに差があるため、年により変化する。
    なお、閏日(あるいは閏月)は変化のパターンに影響を与えるものの変化の原因ではなく、むしろ変化を抑える効果をもつ。

     

    新暦

    1985年から2020年までの二百十日は、平年なら9月1日、閏年なら8月31日である。
    より長いスパンではこのパターンは崩れ、変化幅も広がり8月31日から9月2日まで変化する。

    このうち9月2日の二百十日が最も稀で、1873年にグレゴリオ暦に改暦して以降は、1902年から1951年までの間しか現れていない。
    次に現れるのは2203年である。


    文学での日付

    夏目漱石『二百十日』(1906)
    作中年では9月2日が二百十日だった。
    当時の二百十日は9月1日か2日で、1906年は9月2日である。
    なお、改暦から1906年までで二百十日が9月2日となるのは、1902年・1903年・1906年だけである。
    この小説は漱石の実体験を元にしており、それは二百十日ではあるが1899年9月1日のことである。
    宮沢賢治『風の又三郎』(1934)
    作中年では9月1日が二百十日だった。
    この設定は、原型の一つ『風野又三郎』(1924) の設定そのままである。
    いずれの時代でも二百十日は9月1日か2日で、1924年も1934年も9月1日である。

     

    歴史上の日付

    関東大震災 (1923)
    関東大震災の日付は1923年9月1日である。
    しかし、当時の二百十日は9月1日か2日であり、1923年は9月2日だった。
    つまり、地震の日は二百十日ではなく「二百九日」である。
    この日9月1日は、1960年、在来の二百十日と併せて災害についての認識と心構えの準備を喚起する日として防災の日に制定された。
    当時は、毎年9月1日が二百十日だった。

     

    旧暦

    月初が朔と共に移動するため、日付はおよそ1朔望月(約30日)余の間を変化する。
    具体的には、7月9日ごろから8月11日ごろまでである。

     

    意義

    八朔(旧暦8月1日)や二百二十日とともに、農家の三大厄日とされている。

    季節の移り変わりの目安となる「季節点」の一つ。
    台風が来て天気が荒れやすいと言われている。
    夏目漱石の『二百十日』でも、二百十日の荒天(台風とは明言されないが)が描かれている。

    台風襲来の特異日とされ、奈良県大和神社で二百十日前3日に行う「風鎮祭」、富山県富山市の「おわら風の盆」など、各地で風鎮めの祭が催されてきた。

    しかし、この日の頃に台風が多いという事実はなく、むしろ8月下旬と9月中旬の台風襲来の山にはさまれ、二百十日ごろの台風はむしろ少ない。
    気象学者の堀口由己は、この頃が稲の出穂期に当たり、強風が吹くと減収となる恐れがあるために注意を喚起する意味で言われ始めたのであろうとしている。


    貞享暦説

    巷説

    暦学者渋川春海が貞享暦を編んだ際、初めて採用したと言われる。

    渋川は釣り好きで、隠居していたある日、江戸品川の海に舟を出そうとしたとき、一老漁夫が海上の一点の雲を指し、「50年来の体験によると210日目の今日は大暴風雨になる可能性が高いから舟を出すのはやめた方が良い」と教えた。
    これがはたしてその通りになり、その後も注意していると確かに210日頃は天気が荒れる事がわかり、貞享暦に書き入れたという。

     

    事実との相違

    渋川が採用したという話の矛盾点は、すでに20世紀前半に気象学者の堀口由己が指摘している他、その後も大谷東平・根本順吉らが同じように説いている。

    渋川は1639年生まれであるが、根本によれば1634年の文書にすでに二百十日の記述がある。
    また伊勢暦には1656年から記載されているので、渋川はまだ青年であり、隠居後の話という言い伝えと矛盾する。
                        (Wikipediaより)


     
    二百十日(にひゃくとおか)

    9月1日頃(令和元年は9月1日)。
    立春から数えて210日目。

     

    この時季は稲が開花・結実する大事なときですが、台風が相次いで襲来し、農作物が被害を受けてしまうことがよくあり、厄日とか荒れ日などといわれています。
    一つの目安として警戒を呼びかけていたようです。
    立春から数えて220日目の二百二十日も厄日と考えられています。

    二百十日は伊勢の船乗りたちが長年の経験によって凶日としたといわれていて、雑節として暦に記載されたのは江戸時代で、八十八夜とほぼ同じ頃です。
    先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのですね。

    農作物を風雨の被害から守るため、各地で風鎮めの儀式や祭が行われていて、風祭りもその一つです。
     
    風祭り(かざまつり)
    風害から農作物を守るため、神に祈願する祭り。
    全国的に行われているようですが、関東・中部・東海地方では、風祭りと共に風神・風宮の伝承が色濃くあるようです。
    二百十日前後に行うところが多いですが、正月・2月・4月・7月・8月に行う地方もあります。 
                        (日本の行事・暦より)  

     

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:20 | comments(0) | - |