明治神宮 第三鳥居 建替工事 その1
0

    明治神宮 第三鳥居 建替工事の様子(清水建設)を紹介します。

     

    明治神宮 南玉垣鳥居(第三鳥居)建替工事
    6年の歳月をかけた南玉垣鳥居の建替工事についてご紹介します。

     

     

    1.既存鳥居の現寸図の作製(平成22年9月)

     

    明治神宮南神門前にある南玉垣鳥居を建替えました。

    旧鳥居は大正9年、ご鎮座時に建立した台湾桧を使用した鳥居で平成20年の調査で柱に傷みが進んでいることがわかり、平成22年に片側の柱の補強が行われました。

    その後、国産の桧で同じ姿、形で建替える事になり、材料の調達が始まりました。

    既存の鳥居の寸法を実測し、それを元に加工場の床に実際の大きさで現寸図を描き寸法を確定しました。

    その寸法を元に原木丸太の調達を行いました。

     

     

     

     

     

    2.長野県木曽地方の土場の桧丸太(平成22年11月24日)

     

    標高920mを超える木曽王滝村の中部森林管理局の土場です。

    今回は主に木曽の桧を使いました。

     

     

     

     

     

    3.南木曽町土場での材料検査(平成23年3月11日)

     

    現寸図から作った笠木の型板を丸太の小口にあて、適した材であるかの確認をしています。

    材の曲り、入皮などの傷を念入りに確認します。

     

     

     

     

     

    4.酒田市加工場で島木の木取りと墨掛け

     

    土場での確認の後、山形県酒田市の加工場へ運び、木取り・荒挽き作業に入ります。

    現寸図を写したフィルムを丸太の元と末の小口に張り、島木の芯を決めて、荒挽きのための墨出しを行います。

     

     

     

     

     

    5.柱の製材(平成23年6月9日)

     

    いよいよ柱の製材です。丸太の4面を帯ノコで挽きます。

    乾燥による材の曲りや捻れを考えて大きめに製材します。

     

     

     

     

     

    6.挽いた材の割れ止め養生と乾燥

     

    材に割れが入らないように小口に紙や割れ止めを塗布し、屋内でじっくり乾燥させます。

                  

                   (清水建設の社寺建築・伝統建築より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:55 | comments(0) | - |