中秋の名月
0

    今日9月13日は旧暦の8月15日で、中秋の名月です。

     

    中秋の名月(2019年9月)

     

    お月見

    今年の中秋の名月は、9月13日です。
    「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。

    中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。

    中秋の名月を愛でる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。

     

    今年は9月13日が中秋の名月、翌日の9月14日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。

    太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。

    今年は8月30日(新月の瞬間は19時37分)が太陰太陽暦の8月1日、9月13日が太陰太陽暦の8月15日となります。

    一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間の月のことを指します。

    今回は、9月14日13時33分に満月となります。

    今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。

    詳しくは、国立天文台暦計算室の暦wiki「名月必ずしも満月ならず」をお読みください。

     

    また中秋の名月の翌日、9月14日は、満月が今年最も小さく見える日です。

    今年の中秋の名月は、比較的遠くて小さい月ということになるわけですが、大きさや明るさの違いは、眺めていてもなかなかわかりません。

    同じ条件で写真に撮るとやっとわかる程度です。

    晴れていれば、今年もいつもと変わらず、美しい中秋の名月を楽しむことができるでしょう。

                   (国立天文台ほしぞら情報(2019年9月)より)

     

    お供え物と言えば、ススキに団子!

     

    月の兎

    月の兎(つきのうさぎ)は、「月に兎がいる」という伝承にまつわる伝説。
    中国では玉兎(ぎょくと)、月兎(げつと)などと呼ばれる。

     

    概要

    月の影の模様が兎に見えることから、「月には兎がいる」という伝承は日本をはじめ中国など各地で古くからいわれている。
    また、兎の横に見える影は臼(うす)であるともされる。
    この臼については、中国では不老不死の薬の材料を手杵で打って粉にしているとされ、日本では餅をついている姿とされている。
    餅搗き(もちづき)と望月を掛けたとも。

    日本における月の兎が描写された古い例には飛鳥時代(7世紀)に製作された『天寿国曼荼羅』の月に描かれたものなどがある。
    鎌倉・室町時代に仏教絵画として描かれた『十二天像』では日天・月天の持物としての日・月の中に烏と兎が描き込まれている作例もみられる。

    『楚辞』では月(夜光)について語っている箇所に「夜光何 死則又育 厥利維何 而顧菟在腹」という文があり、「顧菟(こと)」という語が用いられてもいる。

     

    仏教説話

    月になぜ兎がいるのかを語る伝説にはインドに伝わる『ジャータカ』などの仏教説話に見られ、日本に渡来し『今昔物語集』などにも収録され多く語られている。
    その内容は以下のようなものである。

    猿、狐、兎の三匹が、山の中で力尽きて倒れているみすぼらしい老人に出会った。
    三匹は老人を助けようと考えた。
    猿は木の実を集め、狐は川から魚を捕り、それぞれ老人に食料として与えた。
    しかし兎だけは、どんなに苦労しても何も採ってくることができなかった。
    自分の非力さを嘆いた兎は、何とか老人を助けたいと考えた挙句、猿と狐に頼んで火を焚いてもらい、自らの身を食料として捧げるべく、火の中へ飛び込んだ。
    その姿を見た老人は、帝釈天としての正体を現し、兎の捨て身の慈悲行を後世まで伝えるため、兎を月へと昇らせた。
    月に見える兎の姿の周囲に煙状の影が見えるのは、兎が自らの身を焼いた際の煙だという。

    この説話の登場人物たちは、天体を示し、それぞれは「月」(猿)・「星(シリウス)」(狐)・「金星」(兎)・「太陽」(老人)であり、老人は光が弱々しくなった冬至の太陽である、という解釈もなされている。

     

    創作物

    上記のような月に兎が住んでいるという伝承や説話の影響から、日本の文芸・演芸・絵画・音楽などの創作物には、月の生活者として兎を用いた作品が多く見られる。

    唱歌「兎の餅舂」(うさぎ の もちつき)(『幼年唱歌』 1912年)では、餅つきをしている月の世界の兎たちが登場して、大福餅をつくっている様子を描いている。
                        (Wikipediaより)

     

    posted by: 1513neoya | 自然の事物・現象 | 02:40 | comments(0) | - |