明治神宮 日本水石名品展
0

    6月13日

     

    日本水石名品展

     

    水石は、一つの小さな石の中から自然の風景を感得する

    ものです。

    室町幕府八代将軍足利義政は、盆上に天然の石を置いて

    砂を打ち掃き、山水風石を描写することを創案しており、

    今日の水石趣味の始祖といわれています

    水石の鑑賞は眺める人の心を映すといわれ、一つの水石の

    なかに雄大な自然の景色を感じ取ることができます

    日本水石協会会員の皆様によります名品の数々をご参拝の

    皆様のご清覧に供します

                     

                       明 治 神 宮

     

     

    根尾菊花石 銘 「令和の輝」

     

     

    加茂川石  緑釉長方水盤 (鴻陽 造)

     

     

    真柏 樹齢約300年

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 04:10 | comments(0) | - |