スナップエンドウの種蒔き
0

    11月15日

     

    櫨(ハゼ)の葉も朝晩冷え込みましたので真っ赤に染まりました。

     

     

    先日、大根の隣の畝を耕して苦土石灰を散布しておきました。

     

     

    苦土石灰を土と混ぜました。

     

     

    肥料として化成肥料(8−8−8)、油粕、鶏糞を撒きました。

     

     

    肥料を土と混ぜました。

     

     

    スナックエンドウの種の入った袋です。

     

     

    袋の裏側を見ますと、種を蒔く時期は温暖地で10月中旬から11月中旬とあります。

     

     

    種を数えますと47粒あります。

     

     

    こちらの皿には44粒あります。

    2畝に蒔きますので種を2つの皿に分けました。

     

     

    肥料を撒いた畝に5〜6粒ずつ蒔いていきます。

     

     

    蒔いた後に土を被せます。

    この時期に蒔くのは初めてです。

    果たして芽が出るでしょうか。

    あんまり早く種を蒔きますと育ち過ぎて寒さにやられてしまう恐れがあります。

    だからと言って温かくなったきた来春蒔きますと、育ちが遅くなってしまい

    収量が少なくなってしまいます。

     

    発芽しましたら2本仕立てにします。

     

     

    15時59分の気温は14.7℃です。

    ちなみにこの日のさいたま市の最高気温は17.1℃、最低気温は7.5℃でした。

    関東地方では、木枯らし1号はまだ吹いていません。

     

     

    posted by: 1513neoya | 野菜作り | 01:52 | comments(0) | - |