カウンター

Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小石川 源覚寺 こんにゃくゑんま 東京ドームを通り抜けます。
    toyokawa no A (01/22)
Category
Archives
Profile
Links
http://neoya.lomo.jp/
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
京都 松尾大社(まつのおたいしゃ) 楼門 随身門(ずいしんもん)
0

    引き続き京都の松尾大社を載せていきます。

     

    平成24年8月27日

     

    楼門

     

     

    随身門(ずいしんもん)ともいいます。

     

    松尾大社 社殿(その1)_c0112559_07315904.jpg

     

    随身門(ずいしんもん) (レトロな建物を訪ねてHPより)

     

     

      松 尾 大 社(まつのおたいしゃ)

     

     大山咋神(おおやまくいのかみ)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)の二神を祀る。

     大宝元年(701)に秦と

    忌寸都理(はたのいみきとり)が、松尾山

    大杉谷の磐座(いわくら)の神霊を勧請し、秦氏の氏神として

    当地に社殿を建立したのが起こりと伝えられる。

    平安遷都後は王城鎮護の神として、また中世以

    降は酒造の神として人々の信仰を集めている。

     本殿(重要文化財)は、「松尾造(両流造)」と

    呼ばれる珍しい建築で、天文十一年(1542)に

    改築されたものである。宝物館には、等身大の男

    神座像二体、女神座像一体(ともに重要文化財)

    が安置されている。

     また、境内の霊泉「亀の井」の水を醸造のときに

    混ぜると酒が腐らないと伝えられる。

     毎年四月の松尾祭には、境内に山吹が咲き

    乱れ、桂川で神輿の船渡御が行われる。また、

    七月には御田祭(市無形文化財)が行われる

    など、多くの人々でにぎわう。

                  京 都 市

     

     

    左右に随神を配置したこの楼門は江戸時代初期の作と言われております。

    この楼門の随神の周囲に張り巡らせた金網には、たくさんの杓子がさしてありますが、

    これはよろずの願い事を記して掲げておけば救われると言う信仰に依るもので、

    いわば祈願杓子とも言われております。(松尾大社HPより)

     

     

    祈願杓子

     

    松尾大社 社殿(その1)_c0112559_07325547.jpg

     

    随神(レトロな建物を訪ねてHPより)

     

    看督長(かどのおさ)

     

    松尾大社 社殿(その1)_c0112559_07323966.jpg

     

    随神(レトロな建物を訪ねてHPより)

     

    閽神(かどもりのかみ)

     

    最近は楼門に杓子や絵馬を掛けることを禁じているようです。

     

     

    楼門中央部

     

     

    posted by: 1513neoya | 神仏霊場 | 03:52 | comments(0) | - |