カウンター

Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小石川 源覚寺 こんにゃくゑんま 東京ドームを通り抜けます。
    toyokawa no A (01/22)
Category
Archives
Profile
Links
http://neoya.lomo.jp/
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
小正月
0

    今日1月15日は小正月です。

     

    小正月(こしょうがつ)とは、正月15日の行事である。
    または、14日から16日までの3日間、または、14日の日没から15日の日没まで、または、望(満月)の日、または、元日から15日までの15日間ともされる。

    本来旧暦だが、明治の改暦後は新暦1月15日、もしくは、2000年からは成人の日(1月第2月曜日)に行われる場合もある。

    元日(または元日から1月7日まで)を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。
    正月(字義通りには月末まで)の終わりとも位置づけられる。
    小年(こどし)、二番正月、若年、女正月(おんなしょうがつ)、花正月。
    返り正月、戻り正月と呼ぶ地方もある。


    由来

    中国式の太陰太陽暦が導入される以前、望の日を月初としていたことの名残りと考えられている。


    風習

    日本

    古くはこの小正月までが松の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の大正月までとされたが、関東地方以外には広まらなかった。

    この日の朝には小豆粥を食べる習慣があった。

     

    小豆粥イメージ


    古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。
    現在でも東北地方の農村などに、左義長の前に小豆粥を食べる習慣が残っている地域がある。
    これらの地域では、元日から小正月の期間中に小豆(あるいは、獣肉を含む赤い色をした食品全般)を食することが禁忌とされている場合が多い。

    繭玉をつくって養蚕の予祝をおこなったり、「道具の年越し」とし農具のミニチュアをこしらえ豊作を祈願する習慣が残っている地域もある。

    豊作を願う餅花 イメージ

     

    年神や祖霊を迎える行事の多い大正月に対し、小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事や家庭的な行事が中心となる。
    本来は人日まで竈を休ませるはずの松の内に、忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月という地方もある。
    場所によっては男性が女性の代わりに料理などの家事を行う日とされる。

    かつて元服の儀を小正月に行っていたということから、1月15日は成人の日という国民の祝日となった。
    しかし、その名前から小正月との関連がわかりづらく、かつ、高度経済成長期以降の都市化などの影響で小正月自体がなじみが薄いものとなったこともあり、2000年から成人の日は1月第2月曜日に変更されている。

     

    華圏

    中華圏では正月15日(元宵節)には湯圓を食べる習慣がある。

     


    韓国

    韓国では正月15日(ko:정월 대보름)に洞祭(村落祭)が祝われ、農・漁・山それぞれが独自の陰暦の正月を祝う風習が残っている地域がある。


    関連項目

    成り木責め
    元宵節
    左義長


    成り木責め(なりきぜめ)とは、柿、栗、梅など果樹(成り木)について行われる豊作祈願の習俗である。
    1月14日あるいは1月15日(小正月)に行なわれることが多い。
    地域によっては”成るか成らぬか”などとも呼ばれる。

    子供を含む数名によって行なわれる。
    一人が鉈をかまえて成り木の前に立ち「成るか成らぬか。成らねば切るぞ。」と脅す。
    それに対して成り木役(子供である場合が多い)が「成ります。成ります。」と答え、豊作を約束する。
    実際に鉈で木に小さな傷をつける場合、さらにはその傷に小豆粥を塗りつける場合もある。


    元宵節(げんしょうせつ)は、正月の望の日(満月の日、旧暦一月十五日。日本でいうところの小正月にあたる)を祝う中華圏での習慣である。
    正月は別に元月とも称され、元月の最初の宵(夜)であることより元宵節と命名された。
    過年は元宵節を迎えて終了する重要な一日である。

     

     

    由来

    元宵節の由来は漢代にまでさかのぼることができる。
    漢朝の実権を掌握した呂后が崩御すると国内では諸呂の乱が発生、これを平定した陳平等により劉桓が皇帝に推戴された。
    反乱平定を達成したのが正月15日であったことより、以降皇帝は毎年この日に宮殿を出て民衆と共に祝賀したことに由来する。
    この日を文帝により元宵節或いは元夜、元夕と命名された。

    また道教も元宵節に大きな影響を与えている。
    道教における三元神、即ち上元天官、中元地官、下元水官をそれぞれ正月15日、7月15日、10月15日に割り当て、それぞれ上元節、中元節、下元節として祭祀が行われ、そのため元宵節は上元節とも称される。
    元宵節に天官を祭祀するにあたり、人々はランタンを作り華やかな雰囲気を創出し吉祥、邪気払いを行っていた。
    これらの宗教性が次第に希薄になったが、現在でも元宵節には色とりどりのランタンが用いられ、そのため灯節とも称される。
    『史記』楽書には漢武帝の時代には、元宵節には太一神の祭祀が行われていたと記載され、夜通しランタンが灯されていたと記載されている。

    元宵節が民間の風俗となったのは仏教の影響を受けた後である。
    後漢になると仏教が中国に伝播し、明帝の時代には蔡愔がインドより帰国しインドでは正月15日に仏舎利を祭ることを伝えたことによる。
    仏教では灯明が仏具に用いられていたため、元宵節には各寺院で灯明を灯し法会を開くようになった。

     

    ランタンの歴史

    元宵節にランタンが用いられるようになって以来、歴代の中国王朝では元宵節は盛大な年中行事となった。
    南北朝時代、梁の簡文帝による元宵節の様子を描写した『列灯詩賦』なども残されている。
    また隋代になると外国使節の参内を元宵節に定め、多くのランランを用いた元宵節を見学させることで国力の充実を内外に示した。

    中唐になると更に盛大な行事となった。
    唐代にランタンを用いるのは元宵節及び前後一日とされ、漢代から1日とされた元宵節が3日間とされた。
    唐朝では都城である長安では夜間の外出が禁じられていたが、元宵節に限ってはこの禁令が解かれ、民衆がランタンを見るために賑わった。
    また国力が充実していた時期には王侯貴族が自らの富を表現する場として元宵節が選ばれ、『開元天宝記事』には玄宗により高さ150尺のランタンを、楊貴妃の姉に当たる韓国夫人も「百枝灯樹」なる大規模なランタンを製作したと記録されている。

    宋代になると元宵節は更に盛大になり、太祖により期間も正月14日から18日の5日間に延長された。
    ランタンも唐代のものに比べて精巧且つ豪華なものとなり、辛棄疾の『青玉案・元夕』に当時の元宵節の盛大さが描写されている。
    宋代の元宵節は朝廷より民衆に酒が下賜されたことで更に多くの人出を見るようになった。
    またこの時期よりランタンに謎掛けを行う習慣も登場している。

    清代になると満洲より氷灯が中原に紹介され、ランタンの製作に影響を与えたと言われている。

     


    湯円

    元宵節には湯円を食べる習慣がある。
    湯円はもち米を原料とした団子であり、中には様々な具が入れられる。
    甘いものとしては砂糖、胡桃、ゴマ、小豆餡、氷砂糖などが、塩辛いものとしては肉や野菜で作られた具が入れられる。

    熱湯の入れられた鍋で茹でる際、湯の中で団子が踊る姿を天に輝く満月に見立てた。
    そして家庭が団円(円満の意味)と音が似ている「湯円」という漢字が使用され、宋代の周必大も『元宵煮浮円子」という詩の中で「今夕是何夕、団円事事同」と表現し、現在でも台湾では「吃了湯円好団円」という民謡が広く知られている。

    元宵節に湯円を食べる由来は唐代に元宵節に食べられていた麺蚕にさかのぼることができる。
    宋代になると乳糖円子と称されるようになりこれが湯円の前身であると考えられる。
    宋代の詩人周必大による『元宵煮浮円子』という漢詩の中に「星爛烏雲里、珠浮濁水中」という一文があり、現在の湯円に近い形態であったと想像される。

    明代になると元宵の名称で呼ばれることが多くなる。
    劉若愚の『酌中志』にその製法が記載されている。
    また清代になると八宝元宵と称される湯円が美食として知られるようになり、元宵節に欠かせない料理として定着していくこととなった。

     

    元宵節にまつわる故事

    元宵節の由来

    一羽の天鵞が天より人間界に舞い降りた際、一人の猟師の放った矢で傷ついてしまった。
    それを知った玉皇大帝は、自ら大切にしていた天鵞に変わって正月15日に天より兵を遣わし地上を焼き払うことを計画した。
    その計画を知った一人の仙人は民衆を救うために地上に降り、正月15日に家々で松明を燃やしランタンを灯すことで厄災を逃れることができると伝えた。

    人々は仙人の言葉の通りに正月15日に松明を燃やしランタンを灯すと、その仙人は玉皇大帝に対し既に地上は焼き払ったと報告、玉皇大帝は衆神を率いて南天門より地上を見下ろすと、地上は赤々とした炎に包まれており、既に地上を焼き払ったと錯覚したため人間界が焼き払われなくて済んだ。
    このことから毎年正月15日にランタンを灯す習慣ができたといわれている。

     

    老学庵筆記の故事

    宋代に州官となった田登という人物がいたが、「登」と「灯」が同音であったことから任地でその使用を禁じ、それを犯した者は処罰するという通達を出した。
    住民たちは「灯」の文字が使用できないために「灯」を「火」、「点灯」を「点火」と称するようになった。

    元宵節を迎えた際に田登も習慣に従いランタンを準備し民衆に観賞させることにし、その通達文を作成することとなった。
    しかし「灯」の文字が使用できないため、官衙の官人は悩み、その結果「灯」を「火」と改めることし、「本州依例、放火三日」と通知を出した。

    たまたま他の土地からやってきた者はこの通達を見て、3日間にわたって「放火」するものと勘違いし逃げ帰ったという故事が記録されている。

    この故事より中国語で官民差別を風刺する際に使用する「只許州官放火、不許百姓点灯」という言葉が生まれ、現在でも使用されている。

     

    牡丹燈籠

    牡丹燈籠の原作である剪燈新話では、主人公二人は元宵節のランタン見物で出会うことになっている。
    これを牡丹燈籠では、盂蘭盆会に移し変えた。

     

    地域の風習

    対罵

    四川省開県に「対罵」という習慣がある。
    これは元宵節の夜、人々が戸外に椅子を出し何時も憎く思っていた相手を力いっぱい罵倒し、罵倒された相手はそれに反論してはいけないというものである。

     

    走老貌

    山東省莒県では老若男女が元宵節に戸外で活動する習慣があり「走老貌」と称される。
    年に一度かならず外出することで若さを保つとされる。

     

    石合戦

    福建省南部では村同士の子供たちが石を投げ合う習慣がある。
    石を投げないと村に疫病が流行ると言われている。

     

    偷青

    広東省文昌県には「偷青」と称される習慣がある。
    これは他人の屋敷の裏庭で栽培されている野菜を盗み、盗まれた人に避難されることを吉祥とする風習である。
    台湾でもネギを盗み吉兆を占う風習が古くは存在していた。
    現在でも「偷挽蔥、嫁好翁。偷挽菜、嫁好婿」というこの風習に由来する俗語が残されている。

     

     


    左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、小正月に行われる火祭りの行事。
    地方によって呼び方が異なる(後述)。
    日本全国で広く見られる習俗である。

     

     

    内容

    1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。
    その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。
    また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。
    道祖神の祭りとされる地域が多い。

    民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。
    お盆にも火を燃やす習俗があるが、こちらは先祖の霊を迎えたり、そののち送り出す民間習俗が仏教と混合したものと考えられている。

    とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きとも言われるが、歳徳神を祭る慣わしが主体であった地域ではそう呼ばれ、出雲方面の風習が発祥であろうと考えられている。
    とんどを爆竹と当てて記述する文献もある。
    これは燃やす際に青竹が爆ぜることからつけられた当て字であろう。

    子供の祭りとされ、注連飾りなどの回収や組み立てなどを子供が行う。
    またそれは、小学校などでの子供会(町内会に相当)の行事として、地区ごとに開催される。

    地方によって焼かれるものの違いがある。
    だるまを焼くかどうか
    1.縁起物を祭りで焼く事により、それを天にかえす
    2.目がつぶれるとされ、祭りでは一切焼かない
    3.だるまそのものが登場しない

    橙(みかん)は代々続くようにと子孫繁栄を願った物を、燃やし易くする為に踏み潰す事が縁起上良くないとされる。
    実施する地域の分布図や形態については、川崎市民ミュージアムに展示がある。
    また、実施しない地域でも、ある特定の日にお札を焼く行事を執り行う地域がある(12月29日など)。
    近年では消防法やダイオキシン問題で取りやめているところもある。

     

    起源

    『弁内侍日記』建長3年1月16日(1251年2月8日)、『徒然草』にみえるから、鎌倉時代にはおこなわれていたらしい。
    起源は諸説あるが、有力なものは平安時代の宮中行事に求めるもの。
    当時の貴族の正月遊びに「毬杖(ぎっちょう)」と言う杖で毬をホッケーのように打ち合う遊びがあり、小正月(1月15日)に宮中で、清涼殿の東庭で青竹を束ねて立て毬杖3本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いたという行事があり、その年の吉凶などを占ったとされる。
    すなわち、山科家などから進献された葉竹を束ねたものを清涼殿東庭にたて、そのうえに扇子、短冊、天皇の吉書などを結び付け、陰陽師に謡い囃して焼かせ、天覧に供された。『故実拾要』によれば、まず烏帽子、素襖を着た陰陽師大黒が庭の中央に立って囃をし、ついで上下を着た大黒二人が笹の枝に白紙を切り下げたのを持ち、立ち向かって囃をし、ついで鬼の面をかぶった童子一人が金銀で左巻に画いた短い棒を持って舞い、ついで面をかぶり赤い頭をかぶった童子二人が大鼓を持って舞い、ついで金の立烏帽子に大口袴を着て小さい鞨鼓を前に懸け、打ち鳴らしながら舞い、また半上下を着たものが笛、小鼓で打ち囃す。毬杖(ぎっちょう)三本を結ぶことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれた。

    これが民間に伝わり、現在の形になったとされる。
    どうして現在一般的な「左義長」という字があてられたのは、不明である。

     

    日付

    国民の祝日の成人の日が1月15日から1月の第2月曜日に変更されたことに伴い、地域によっては左義長を1月の第2日曜日または第2月曜日に実施するところもある。

    福井県勝山市の勝山左義長は毎年2月最終土・日に行われており300年以上前から続いている。
    色とりどりの長襦袢を着て太鼓を打ち浮かれ踊る。「勝山左義長ばやし」と呼ばれ「浮き太鼓」が特徴。

     

    各地の祭り

    文化財指定

    神奈川県大磯町の左義長は国指定の重要無形民俗文化財で、セエノカミサン(道祖神)の火祭りとして、毎年1月14日近辺に大磯北浜海岸で行われている。
    松の内(1月7日)が過ぎると子どもたちは正月のお飾りを集めて歩き回り、青年たちはセエトの材料となる松や竹を調達する。
    次いで、町内各所に大竹やおんべ竹を立て、町内境に道切りのシメを張るほか、セエノカミサンのお仮屋を作り子どもたちが籠る。
    祭り当日、町内各所のおんべ竹やお仮屋などが片付けられ、集められたお飾りや縁起物は浜辺に運ばれ、九つの大きな円錐型のサイトが作らる。
    日が暮れるとセエノカミサンの宮元や宮世話人が、その年の恵方に火をつける。
    この火で団子を焼いて食べると風邪をひかない、燃やした書き初めが高く舞い上がると腕が上がる、松の燃えさしを持ち帰って屋根に載せておくと火災除けのまじないになる、などともいわれている。

    富山県下新川郡入善町上野邑町地区で毎年1月15日または、15日に近い日曜日に行われる塞(さい)の神まつりという左義長(火祭り)行事で、子供達が塞の神と呼ばれる男女一対の白木でできた木偶(でく)人形(デクノボー)を持ち「塞の神じゃ、大神じゃ、じいじもばあばも、ほこほこじゃ、来年むけや、十三じゃ・・・」と唄いながら地区内の家庭を回り、正月飾りや書初め、米、豆などを集め、火祭り会場では竹と藁で中を部屋状にして角錐に積み、集めてきた正月飾りや書初め、米、豆などを藁と共に中と周りに積み、最後に木偶人形(デクノボー)を中に安置し火を着ける。
    子供達が「塞の神じゃ、大神じゃ、・・・」と何度も繰り返し唄う中、木偶人形(デクノボー)を完全に焼き尽くし灰になると終了となる。
    平成22年(2010)3月には、「邑町のサイノカミ」として国の重要無形民俗文化財に指定された。

    滋賀県近江八幡市の左義長まつりは3月14・15日に近い土・日曜日に、担ぎ手の男性が信長の故事によって化粧し、「チョウヤレ、マッセマッセ」のかけ声高く実施される。
    この左義長は据え置く左義長ではなく、三角錐の松明に、ダシと言われるその年の干支にちなんだ飾り物(五穀や海産物等すべて自然物で飾り付ける)を付け、松明の頭に「十二月」と言われる赤い短冊をつけた5〜 6メートルの竹を差して練り歩く祭礼である。
    地区毎に左義長を持ち、町中で左義長同士が出会うと、ぶつけ合う喧嘩が始まる。
    最終日の夜には担ぎ棒を除いて全て燃やしてしまう。
    国選択無形民俗文化財に選択されている。

    岐阜県海津市の今尾神社で行われる「今尾の左義長祭」も大規模であり、岐阜県重要無形民俗文化財に指定されている。

     

    その他の主な祭り
    どんと祭

    宮城県およびその近辺。
    約10万人が訪れる大崎八幡宮松焚祭(仙台市指定無形民俗文化財)を起源とする。
    1月14日夜に正月飾りを焼き、その火にあたると病気をせず健康で暮らせるといわれる。
    石巻市周辺では新生活運動により1970年代に前倒しが定着し、1月7日に行われる。

     

    松川

    だるまを新たに買い換えて、古いそれをどんと祭で燃やす習慣があるが、松川だるまの流通量が減少したのでだるまを燃やす習慣を持たない参拝者も多い。
    神火で餅を焼くということはなく、子供の祭りともされない。
    また、特に書初めを焼くということもない。
    寺社のみならず町内会などでも実施されてきたが、場所の確保等の問題で年々少なくなりつつはある。
    大崎八幡宮を初め、一部のどんと祭では「裸参り」が行われる。
    さいの神・才の神焼き・歳の神福島県会津地方、新潟[どこ?]ほか。

     

    会津地方では「歳の神」と呼ばれる。
    福島県会津地方では1月15日に行われる。

     

    大沼郡三島町で行われる伝統行事は、「三島のサイノカミ」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。
     

    墨塗り

    新潟県十日町市松之山町。
    焼きを行った後の行事の名前から。

     

    稀な例。
    焼く対象を「賽の神」と呼ぶ。

     

    おんづろこんづろ

    富山県黒部市宇奈月町下立(おりたて)の下立神社で行われる。
    燃え上がる炎が鶴の飛び立つ姿に見え、それが「おおづる、こづる」に、それが訛って「おんづろこんづろ」になった。

     

    三九郎(さんくろう)

    長野県松本地方。

    同地方で道祖神の祭りを統括する神主「福間三九郎太夫」の名前にちなむといわれるが、他にも諸説ある。
    だるまは一番目立つ頂上付近に飾り付ける。
    旧来は1月15日に行われていたが、最近は学校の休みに合わせ、1月7日ごろ行われるところが多い。
    米の粉で作った団子「繭玉」を柳の枝に刺して焼いたものを食べ、無病息災の祈願をする。

     

    かんがり、かんがりや

    長野県南佐久郡川上村。
    かがり火の転とも、歳神様を天に送る(神上がり、神上がり屋・夜)とも言われる。

     

    グロ

    島根県大田市五十猛町。
    「五十猛のグロ」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。
    墨付けとんど(墨付け神事)島根県松江市美保関町片江地区。
    1月7日(2010年(平成22年)以降は1月第2日曜日)に行われる。
    神輿を持ち「チョーヤサー」と言いながら練り歩き、最後は神輿を持って海へ入る。
    その前の年に結婚した人やテレビのアナウンサーも海に入る。
    そして参加者や見物人の顔に墨を塗る。稀な例。

     

    その他の呼ばれ方

    (五十音順)
    あわんとり(千葉県南部・茨城県南部)
    お焚き上げ(神社で行事としてする場合)
    おんべ焼き(単におんべとも)
    御柴灯(おさいとう)
    かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
    かんじょ(新潟県村上市岩船)
    さいと焼き(神奈川県横須賀市鴨居八幡)
    さぎっちょ(富山県、石川県、福井県、岐阜県、高知県、福岡県)
    しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)
    道祖神祭り
    とうどうさん(愛媛県東予地方)
    とんど(奈良県、広島県、岡山県)
    とんど焼き(近畿とその周辺、東京都)
    とんど正月(兵庫県播磨地方)
    どんと
    どんどや(九州)
    どんど焼き(山梨県の一部地方)
    どんど焼き(群馬県、愛媛県南予地方)
    とんどさん(鳥取県)
    どんどん焼き(山梨県の一部地方)
    ほっけんぎょう(九州)
    やははいろ(東北)

     

    左義長の歌

    富山県砺波地方で、童謡の「かごめかごめ」と類似した旋律で拍子木で調子をとり歌う。
                                                                (Wikipediaより)

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 02:10 | comments(0) | - |