カウンター

Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小石川 源覚寺 こんにゃくゑんま 東京ドームを通り抜けます。
    toyokawa no A (01/22)
Category
Archives
Profile
Links
http://neoya.lomo.jp/
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
桃の節句 ひな祭り うれしいひな祭り 作詞:サトウハチロー 作曲:河村光陽
0

    今日3月3日は桃の節句、ひな祭りの日です。

     

    上巳(じょうし/じょうみ)とは、五節句の一つ。
    3月3日。
    旧暦の3月3日は桃の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれる。

    「桃の節句」の起源は平安時代より前であり、京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりとされている。

    やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり発展して行った。
    その後、紙製の小さな人の形(形代)を作ってそれに穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼になった。
    この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。

    元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句(菖蒲の節句)は「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。

    節句
    人日(1月7日)
    上巳(3月3日)
    端午(5月5日)
    七夕(7月7日)
    重陽(9月9日)

                        (Wikipediaより)

     


    桃の節句

    3月3日。女の子の節句。
    ※男の子は端午の節句。

    元々は「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」といわれていました。

    起源は古来中国の上巳節。

    上巳とは、3月上旬の巳の日という意味です。
    中国では、上巳(じょうし・じょうみ)の日に、川で身を清め、不浄を祓った後に宴を催す習慣がありました。
    これが平安時代日本に伝わり、宮中の「人形遊び」と結びつき「流し雛」へと発展したといわれています。

    クリックすると新しいウィンドウで開きます


    ひなまつり
    中国の上巳の祓いが伝わる以前から、日本の貴族社会では「雛遊び(ひいなあそび)」というものがあり、平安の中期に盛んに行われていたようです。
    当時は大人の遊びでしたが、次第に子供たちの世界に広まりました。
    現在のように、段を組んだり豪華な飾りを施すようになったのは江戸時代に入ってから。
    江戸時代の初期に、京都の御所で盛大な「ひなまつり」が催されて以降、江戸の武家社会にも広まり、庶民の間にも定着していったとされています。
    ひな人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀ります。

    ひな祭りの料理はやはり、ちらし寿司と蛤のお吸い物ですね。
    蛤は女の子の美徳と貞節を意味するもので、ちらし寿司の具である蓮(れんこん)やエビも縁起がいいものとされ、お祝い事には良く使われます。

     

    すぐに片づけないとお嫁にいけない?
    節句が終わったらすぐにひな人形を片付けないとお嫁に行くのが遅れるという俗説がありますが、地域によっては旧暦(4月上旬)に行うところもあり、全く根拠のない言い伝えです。
    とはいえ、いつまでも飾っていると季節感がなくなりますし、お客様がいらした時に、だらしないという印象を持たれてしまうことにもなりますので、そのへんはちょっと気を配りたいところです。
    「きちんと片付けなさい」という教えかもしれませんね。 ※晴れた日を選びましょう。

    では、飾るのはいつがいいのでしょう。
    地方によっても違うようですが、雨水の日に飾ると、良縁に恵まれると言われています。


    ・ひな人形を飾る。 ※雨水の日に飾りましょう。
    ・桃の花を生ける。
    ・ちらし寿司、蛤のお吸い物、菱餅、白酒、ひなあられをいただく。
    ・初節句の場合は、両家の祖父母を招いてお祝いをする。
    ※お祝いの仕方は、それぞれの家、地方によって異なります。
    また、このようにお祝いをしないといけないというものではありませんので、
    これらを参考に、楽しく過ごしてください。


    ちらし寿司 菱餅 白酒 ひなあられ 蛤

    ひな祭りの料理はやはり、ちらし寿司と蛤のお吸い物ですね。

     

    蛤(はまぐり)

    形が栗に似ていることから、はまぐりと呼ばれるようになりました。
    貝殻の大きさや形がそれぞれ異なるので、同じ貝の貝殻としか決して合わないことから、夫婦和合のシンボルとして正月、結婚式、ひなまつりなどのおめでたい席には欠かせない食材です。


     蛤は女の子の美徳と貞節を意味するもので、
    ちらし寿司の具である蓮(れんこん)やエビも縁起がいいものとされ、
    お祝い事には良く使われます。

                        (日本の行事・暦より)

     

    うれしいひなまつり 歌詞の意味

    あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花♪

    「あかりをつけましょ ぼんぼりに♪」が歌いだしの『うれしいひなまつり』は、作詞:サトウハチロー、作曲:河村光陽により昭和11年(1936年)に発表された日本の童謡。

     

    曲名のとおり、女の子のすこやかな成長を祈る年中行事「雛祭り(ひなまつり)」を題材としている。

    旧暦では桃の花が咲く季節にあたるため「桃の節句」とも呼ばれる。

    なお、童謡『うれしいひなまつり』の歌詞には、いくつか間違い・誤りも見られる。

    具体的には、「お内裏様とお雛様」、「あかいお顔の右大臣」の2か所。詳細は後述する。

    その他、『うれしいひなまつり』の歌詞で補足すべき意味や由来などについて、簡単にまとめてみた。

     

    広告をスキップして聴いてください。

    https://youtu.be/hFxXuWYcqNY

     

    歌詞:うれしいひなまつり

    あかりをつけましょ ぼんぼりに
    お花をあげましょ 桃の花
    五人ばやしの 笛太鼓
    今日はたのしい ひなまつり

    お内裏様(だいりさま)と おひな様
    二人ならんで すまし顔
    お嫁にいらした 姉様に
    よく似た官女の 白い顔

    金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
    かすかにゆする 春の風
    すこし白酒 めされたか
    あかいお顔の 右大臣

    着物をきかえて 帯しめて
    今日はわたしも はれ姿
    春のやよいの このよき日
    なによりうれしい ひなまつり

     

    童謡『うれしいひなまつり』の歌詞では雛段(ひなだん)飾りの様子が描写されている。

    一段目がお内裏様とお雛様、金の屏風に左右のぼんぼり。

     

    雛段飾り 七段飾 ひなまつり

     

    写真:七段飾(出典:桂甫作安藤人形店Webサイト)

     

    二段目が三人官女、三段目が五人囃子(ごにんばやし)、四段目の矢をもった二人は護衛の随臣(随身/ずいじん)、五段目は従者の仕丁(しちょう)。

     

    ぼんぼりの意味・語源

    「ぼんぼり」とは、 ろうそくをともす燭台(しょくだい)を紙や布で囲った古い灯火具。雛段飾りでは、お内裏様とお雛様の外側に左右一つずつ置かれる。

    ろうそくの明かりが紙や布によって「ほんのり」と優しく広がることから、語源として「ほんのり」が「ぼんぼり」に変化(転訛)したと考えられている。

     

    「お内裏様とお雛様」は間違い?

    歌詞では、「お内裏様(おだいりさま)」は一段目の向かって右側の「男雛(おびな)」の意味で使われている。

    しかし、「内裏(だいり)」とは天皇陛下の住む御殿、皇居を意味しており、天皇皇后の「結婚の儀」を表現している雛段飾りにおいて、お内裏様は男雛・女雛で一対の人形を指すことになる。

    つまり、「お内裏様」と言った時点で男雛・女雛の両方を示していることになり、「お内裏様とお雛様」のように、さらに「お雛様」を追加していう必要はないと言える。

    なお、「お雛様」自体も男雛・女雛の両方を指すので、お雛様を女雛のみの意味で使うのも間違いといえる。

     

    官女の意味

    雛段飾りの二段目に配置された三人の「官女(かんじょ)」とは、宮中や将軍家などに仕える女性のこと。

    「女官(にょかん)」とも。

     

    赤いお顔は左大臣?

    歌詞で「あかいお顔の右大臣」と歌われている「右大臣」は、雛段飾りにおける四段目で弓をもった二人の護衛「随臣(随身/ずいじん)」の一人。

     

    随臣

     

    写真:随臣(出典:桂甫作安藤人形店Webサイト)

     

    肌色で顔が赤く見えるのは向かって右側の人形なので、歌詞では「あかいお顔の右大臣」と表現されていると思われる。

    しかし、雛段飾りにおける左右は、お内裏様から見た左右に従って配置されるので、それを対面から眺める側の左右とは逆になる。

    つまり「右大臣」は誤りで、正しい歌詞は「あかいお顔の左大臣」となることになる。

    白酒と甘酒の違い

    「すこし白酒 めされたか」の「白酒」は、酒税法上のリキュールに該当し、アルコール分も高い。

    家庭で作ることは法律上禁止されている。

     

    右大臣は誤り?

    右大臣(うだいじん)は、朝廷の最高機関「太政官」における事実上の長官であり、弓矢で武装した衣装を着ることはない。右大臣なら雛段飾りの二段目に来なければ不自然。

    つまり、四段目の随臣(随身)について、右大臣の呼称を用いることは間違いと考えられる。

    正しくは、向かって左側の赤い衣装の随臣は「右近衛少将(うこんのえのしょうしょう)」、右側の黒い方は「左近衛中将(さこんえのしょうしょう)」となる(参照:人形工房天祥Webサイト)。

    お嫁にいらした姉様とは?

    「お嫁にいらした姉様」とは、お嫁に行った姉さまの意味。

    「お嫁に来た」の意味ではないようだ。

    「いらした」は、「行く」、「来る」の尊敬語「いらせらる(られる)」か、その現代語「いらっしゃる」の短縮形と推測される(正しい用法なのかは不明)。

    一説には、婚約まもなく結核で18歳の若さで亡くなったサトウハチローの姉のことを暗示しているとの解説もあるようだ。

    ひし餅の形の意味は?

    ひな壇に飾る菱餅(ひし餅)の形の意味については諸説あるが、当サイトの見解としては、邪気を払うためのトゲの意味合いがあると考える(ヒシの実のトゲ)。

    節分の際に、トゲのあるヒイラギの枝とイワシの頭を飾るのと同じ考え方。

                        (世界の民謡・童謡より)

     

    posted by: 1513neoya | とはずがたり | 03:03 | comments(0) | - |